カテゴリ

カテゴリ:マッキンレーズ

グレンクローヴァ 5年 モルトウイスキー 43% 1980年代流通 マッキンレーズ

カテゴリ:
GLEN CLOVA
RARE MALT WHISKY
Aged 5 years
1970-1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後2週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:乾いた麦芽香と土っぽさを伴うスモーキーさ、干草、ナッツ、軽い香ばしさと古酒感に通じる少しヒネたようなニュアンス。いぶりがっこ、熟成した林檎酢のようなほのかな酸味も漂う。

味:乾いた香ばしさから徐々におしろいを思わせる麦芽風味、まるでモルティングを終えた麦芽をかじっているよう。合わせてスパイシーでホワイトペッパーのような刺激、土っぽいピートフレーバー、柑橘のワタを思わせるほろ苦さも感じる。
余韻はスモーキーでスウィートな麦芽風味、微かに林檎を思わせるフルーティーさが残る。

若いウイスキーらしく、樽香よりもモルティな味わいが主体のウイスキー。まろやかというような飲み口ではないが、古き良き時代を思わせる麦芽風味と、オールドらしく存在感のあるピーティーさが、クラシックなウイスキーとして楽しむことが出来る。


マッキンレー社がリリースするバッテッドモルトにして、同時期にリリースされていたマッキンレーズ5年の姉妹品に当たる銘柄。初期の頃のそれはグレンモールとグレンアルビンのネス湖コンビをキーモルトとしていたと思われますが、今回の流通時期のものは1960年代に操業したジュラ、クライゲラヒの原酒も熟成を経て使用可能となっており、これら4蒸留所の1970年代蒸留原酒が使われていると考えられます。

飲んでみると、ボトリング当時はもっと強い主張があったであろう若い原酒の強さは瓶熟でこなれ、ブレンデッドとは異なるモルトウイスキーならではのはっきりとしたフレーバーの主張。特にジュラとグレンモールを思わせる、干草や麦芽を思わせるニュアンスと土っぽいピートフレーバーが印象的です。
ブレンドがこれら4蒸留所で構成されているとするなら、比率としてはジュラとグレンモールが6~7、アルビンとクライゲラヒが3~4といったところでしょうか。

個人的にこの辺りの組み合わせ、特にグレンアルビンやグレンモールはコアな愛好家の琴線に触れそうなレシピだと思うのですが、国内で比較的流通していたブレンデッドウイスキーのマッキンレーズに比べ、グレンクローヴァは輸入された実績は見当たらず、無名と言っても過言ではありません。
キーモルトのみならず、味わい的にもこの手のモルティーでピーティーな味わいは文句なく好まれると思うのですが・・・モノが無いのが惜しいですね。

(姉妹品であるブレンデッドウイスキー、マッキンレーズ5年。同社が量産体制を整えた1960年代後半にリリースされた。グレンクローヴァにグレーンを混ぜればという話でもないが、ピーティーさ等幾つか共通点がある。)

なお、グレンクローヴァはスコットランドの東ハイランドにある"クローヴァ渓谷"が由来と考えられます。しかし当時マッキンレー社の生産拠点はインヴァネス方面にあり、クローヴァ渓谷との関係は良くわかりませんでした。近年ではこの渓谷の名を冠した同名のブレンデッドウイスキーもリリースされていますが、当該ブランドとの関係はないものと思われます。

マッキンレーズ リザーブ デラックス 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_6200
MACKINLAY'S
RESERVE DE LUXE
Blended Sctoch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★(5)

香り:ツンとした刺激とほのかに酸味を伴う麦芽香、乾いた牧草、ミント、淡いスモーキーさもある。あまり香り立ちは強くないが、時間経過で麩菓子のような甘み。

味:スムーズな口当たりと程よいコク、ザラメ、クラッカー、軽い穀物感。中間から後半はピリッとした刺激を伴い、サトウキビのような甘みと植物感からほろ苦いピート、土っぽさを感じる味わいへと変化し長く続く。

これという特徴の少ないハイランドモルトベースのブレンデッド。グレーン感も比較的感じられ、現行寄りのスタイルに近づいている。ストレートでは中庸な仕上がりだが、ハイボールにすると余計な要素が削られ、香ばしい麦芽風味が主体的になってなかなか楽しめる。

IMG_6201

名門マッキンレー社のブレンデッドウイスキー。
1970年代以降はスタンダードクラスで5年表記のオールドスコッチウイスキー、上位グレードで12年表記のレガシーがラインナップにあり、このリザーブはちょうどそれらの中間に位置するグレードとしてリリースされたようです。

マッキンレー社における1980年代の状況といえば、60年代から70年代にかけて取り組んだ拡張路線の終わりの時期。そして冬の時代の影響を大きく受ける時期でもあります。
もとより所有していたグレンアルビン、グレンモールに加え、ジュラ再稼働、グレンアラヒー創業、マッキンレーズブレンデッドウイスキーブランドの増産の流れをはっきりと感じる流れですが、その後は1980年代に入って前述の2蒸留所を閉鎖、原酒の供給を切り替えると共に、1985年にはインヴァーゴードングループの傘下に入っています。

今回のボトルの流通時期は、ちょうど1980年代前半から中頃。上記の時期に該当します。
テイスティングで感じられる原酒のキャラクターは、ジュラ、グレンモール、そしてあまり個性の強くないモルトの風味はアラヒーあたりか。そこにグレーン感もそこそこあり、これがインヴァーゴードンのものとすれば、時期的に矛盾はなく。
冬の時代の中で、新しい可能性を見出そうとしたリリースだったのかもしれません。

マッキンレーズ レガシー 12年 1970年代流通 43%

カテゴリ:
MACKINLAY'S
"Legacy"
12 years old
Blended scotch whisky
1970's
760ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅(サンプル@若手のNさん)
時期:開封後半年程度
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:みたらしっぽい古酒感を伴う麦芽香、ほのかにドライオレンジ、色の濃い蜂蜜、徐々に紅茶のような香り。埃っぽさも少し感じられる。

味:モルティーで粘性のある口当たり、素朴な麦芽風味、みたらし、ぬれ煎餅、オレンジママレードのほろ苦さがじわじわと支配的に。奥には土っぽいフレーバーも感じる。
余韻はほろ苦く、灰のようなピートを感じるフィニッシュ。

やや粘性が強く、モルティーな風味と熟成感がしっかりあるブレンデッドウイスキー。中間はグレーン由来と思しき甘みが顔を出すが、これを引き締めるように余韻でピートが顔を出してくる。ただそれが少し弱く、好みを言えばモルト由来の風味がもう少し開いてほしい。


南極探検隊のウイスキーとして知られる、マッキンレー社のブレンデッドラインナップで上位グレードにあたる1本。今回のボトルがリリースされた1970年代前半当時は、マッキンレーズ・オールドスコッチウイスキー5年とレガシー12年がラインナップとなります。
このレガシーは5年同様1960年代と思われるところまではリリースを確認することが出来ており、1963年にアイルオブジュラを再稼動させ、増産に舵を切ったところで、ラインナップ整理が行われたのかもしれません。 

当時の構成原酒は、各関連書籍によるとグレンモール、グレンアルビン、そして再稼動したアイルオブジュラ。
マッキンレーを飲むたびに思うんですが、この組み合わせはコアなウイスキーラバーがグッときてしまう、反則的な組み合わせだと思います。 

ただ、ジュラは1963年に約半世紀ぶりに創業を再開したため原酒が残っていたとは考えにくく、熟成が最低限進んだ1960年代後半にはマッキンレーズ5年のブレンドに回されていたのではないかと。
そして12年以上熟成のジュラを使えるようになるまで、レガシーの構成原酒は、Legacy"伝統"と言う言葉そのまま、1892年にマッキンレーズ社が創業させたグレンモールと、1920年に買収したグレンアルビン。同社のルーツとなっている2蒸留所が中心だったのではないかと考えられます。

IMG_2281
(1970年代、ほぼ同時期流通の今は無きグレンモール10年。同様のボトルシェイプにMackinlay社表記。素朴な麦芽風味や穏やかな内陸系のピートフレーバーで、共通するニュアンスが感じられる。)

なお、今回のボトルは少しヒネ系のオフフレーバーが強めでしたが、その奥には熟成したモルティーな風味も感じられ、持ってるものはなかなか良いと感じられました。今年の秋くらいには抜けて丁度良くなっているかも。
そのため評価は少々辛口気味ですが、状態が通常以上であれば★6固定といったところで、少し幅を見ています。

マッキンレーズ・オールドスコッチウイスキー 1960年代流通 JAPANTAX付き ”ウイスキー特級”

カテゴリ:
100年前に南極を旅したウイスキー。
マッキンレーズ(マッキンレー)を紹介する上で、避けては通れない有名なエピソードです。最近そのボトルが南極のベースキャンプ跡地から発掘され、再現ボトルも作られたことでより一層有名なものになりました。
ただ南極を旅したウイスキーはバッテッドモルトで、今も販売されているマッキンレー5年は1960年代に初めて発売されたブレンデッド。使われている原酒は違いますが、むしろ自分にとってはこっちのほうが心惹かれる組み合わせです。

MACKINLAY'S
Old Scotch Whisky
Over 5 years old
1960-1970's
Japan Tax
43% 760ml
構成原酒:アイルオブジュラ、グレンアルビン、グレンモールなど
評価:★★★★★★(6)

香り:ビターオレンジや香ばしい麦芽のアロマ、微かなスモーキーさが漂う。 
徐々にバタークッキーのような甘いアロマが感じられる。

味:スムーズでコクのある麦芽風味主体の口当たり、オレンジママレード、クラッカー、軽く焦がしたカラメルソース。ミディアムボディーで余韻にかけてほのかなピートフレーバー。麦芽の香ばしくもスウィートなフレーバーとあわせて染みこむように長く続く。 

まさにハイランドモルトベースという麦芽風味やピートフレーバーを備えている、重すぎず軽すぎず、レベルの高いブレンデッドウイスキー。
ロックは特に何かが生まれる組み合わせではなく、ハイボールにするとカラメル系の適度なコクと麦芽風味主体。程よいヒネ香で丁度良い重さは、キッチリ冷やしてガス圧強めの炭酸で合わせればハイボール用としても申し分ない。

構成原酒はどれもモルトファンなら「おっ」と感じる、コアファン垂涎どころと時代のものが使われています。
5年という一見して中途半端な熟成年数表記は、当時のブレンドには割とノーマルな仕様でしたが、飲んでみると、おおよそ5年とは思えないような熟成感があり、瓶内変化だけではない、おそらく10年以上はゆうに熟成させたであろう原酒が使われているコトが推測されます。

マッキンレー社は1892年にグレンモール蒸留所を操業、さらに1920年にグレンアルビン蒸留所を買収し傘下とした後、増える需要に対応するため長期閉鎖状態にあったアイルオブジュラを再稼働させたのは1963年のこと。加えて、同社の普及価格帯商品としてマッキンレー5年が発売されたのは、時期ははっきりしないながら1960年代後半あたりです。
こうした時期関係や、諸々の状況から構成原酒を推測すると、1960年代後半から1970年代初頭流通の同ボトルには、再稼働したばかりの5年もののアイルオブジュラと、10年以上熟成されたグレンモールやグレンアルビンが使われたのではないかと考えています。
また、マッキンレー社は原酒確保を目的として、グレンアラヒー蒸留所を1967年に操業、"5年"のバトンは1972年頃にグレンアラヒーに受け継がれたのではないかとも・・・。

ちなみに、グレンモール及びグレンアルビン蒸留所は、1983年に閉鎖。グレンアラヒー蒸留所は1987年に操業停止の後、ペルノリカールが買収。古き良き時代は魔の1980年代に終わりを告げました。
マッキンレー社は1985年にインバーゴードン傘下となり、同ボトルの原酒はジュラ、タリバーディン、タムナヴーリン主体に変わっています。


補足:この時期のマッキンレー5年(プラスクリューキャップ採用)は、キャップ裏面が金属張りです。
比較的安価で手に入るオールドブレンドではありますが、リスクは通常より高いボトルになります。

このページのトップヘ

見出し画像
×