カテゴリ

カテゴリ:オールドパー

オールドパー デラックス 1970年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_3497
OLD PARR
De Luxe Scotch Whisky
1970's
760ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでカステラの茶色い部分を思わせる甘くほろ苦い香り立ち。あるいはパンの耳、穀物系の香りでもある。奥には若干古酒系のヒネ香もあるが、オールドらしさを感じる要素として楽しめるレベル。

味:とろりとした厚みのある口当たり。黒糖麩菓子、オールブラン、ほのかに草っぽい穀物風味とスモーキーフレーバー。余韻にかけてはピーティーで、カラメルソースを思わせるほろ苦い甘みが張り付くように残る。

香味に感じる色の濃い甘みは強い部類にあるが、同時に麦芽のほろ苦く素朴な味わいでバランスが取れている。加水すると鼈甲飴や林檎ジャムのような甘みも開いてくる。   
ボディのしっかりしたブレンデッドであるため、ストレート以外にロックがおすすめ。氷が溶けていく中でも味わいをキープし、まったりとしたひと時を楽しめる。

昭和の洋酒ギフトの筆頭候補。政治家、財界人などに様々な経緯から愛されたオールドパー。どこか不思議な存在感があると感じるのは自分が日本人だからでしょうか。
ジョニーウォーカー、バランタイン、シーバスリーガル、ホワイトホース、そしてオールドパー。オールドにハマった頃、この5銘柄はどこかに売ってないかとずいぶん探して回ったものです。
そしてずいぶんお金を溝に・・・いや、高い授業料を払ったものです。

というのも、オールドパーのオールドボトルはキャップに難がある、というのはこれまでも散々記事にしてきた通りで、地雷率の高い銘柄の一つ。それこそ、年代によっては8割とは行かずとも、7割くらいは外れるんじゃないかという被弾率ゆえ、ある種の鬼門として近年は敬遠し続けてきました。
そんな中、Facebookのグループ上で何名かが果敢に地雷率の高い銘柄に挑んで開栓をされて、華々しく散っていく・・・といった流れがあったので、ならば自分も続かないわけにはと、大丈夫そうな雰囲気を感じたボトルを開栓したところ、キャップ汚染度は10段階のうちの1か2程度。味への影響はほぼ無く、本当に大丈夫な個体を引き当ててしまったわけです。(みんな、すまん・・・。)

前置きがずいぶん長くなりましたが、せっかくアタリをひいたのですから、テイスティングしていきましょう。
今回のボトルは先述の通り1970年代流通のデラックス表記。1980年前後でマイナーチェンジがあるのですが、キャップシールの印字が斜めなのか横なのかで、流通時期を判断します。1970年代流通の中でもラベルに微妙な違いがあり、1960年代はティンキャップなので一目瞭然です。
その味わいはキーモルトがクラガンモアとグレンダラン、特にグレンダランと言われると納得の、しっかりしたボディにほろ苦いオールブランやカラメルソースを思わせるモルティーさ、どっしりとしたスモーキーフレーバーもあります。

オールドのグレンダラン12年は先日記事にしていますが、こうした構成は結構好み。毎回このレベルのボトルに当たるなら、もっとオールド市場で評価される銘柄なのだと思いますが・・・。なかなか状態のいいボトルに当たらないのが難しいところです。

オールドパー デラックス 1980年代流通 ウイスキー特級

カテゴリ:

GRAND OLD PARR
Deluxe Scotch Whisky
1980’s
750ml 43%

グラス:ヴィノテクスピリッツ
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(ARASAIDE)
時期:開封後1か月程度
構成原酒:グレンダラン、クラガンモア、など
評価:★★★★★(5)

香り;カラメルやみたらしを思わせる甘い香り立ちと若干の金属臭。奥にはオールブランのような麦芽香、ツンとしたエッジもある。 加水でスモーキーなニュアンスも。

味:古酒系のこなれた口当たり、ザラメ、黒糖ロール、麦芽と穀物の甘みの中で、ほのかにレーズンを思わせる酸味もある。徐々にスパイスの刺激、アーシーなピートフレーバーが感じられる。
余韻はスパイシーでクッキーを思わせる甘みが残る。

日本における洋酒ブームの象徴かつ、バブル期のギフトの代表格とも言える銘柄。
当時から飲まれている方ですと、ジョニーウォーカー等と同様に深い思い入れもあるのではないでしょうか。
私は当時の記憶などあるはずもないですが、その独特の高級感があるデザインに惹かれ、大学時代は研究室に届くギフト品のオールドパーを飲み散らかし、初任給で恩師に送ったギフトもオールドパーのスーベニアだったという、また違った思い入れがある銘柄です。

現行品は意外とスモーキーな味わいですが、オールドボトルもまた古酒系のこなれた甘味の奥から土っぽいピートフレーバーが感じられる。よく言えば飲みやすく、厳しいことを言えば際立った個性が乏しい、良くも悪くもブレンデッドであるなという味わいです。
飲まれたことが無いならば、BAR等で状態の良いものを一度飲んでみるといい経験になるかも知れません。

ラベルの遍歴は何気に細かい変更がぽつぽつあるのですが、大きくは1980年代後期から12年表記有り、1980年代初頭以前はデラックス表記。
1980年代は今回のボトルのようにキャップ部分のシール材が斜めにオールドパーと入っていますが、1970年代以前は横にオールドパーと書かれており、1960年代以前はティンキャップ仕様です。
同銘柄は現地よりもアジア圏の成功が大きく、1980年代に入るとそれまでの正規代理店である兼松江商の取り扱いから、新たに設立された日本オールドパー株式会社が取り扱うようになります。
国内正規品はその表記の有無もポイントになりますが、現在の中古市場では海外免税品や並行品等も多く流通しているため、全てのボトルには適用されないため注意です。

オールドパーのオールドボトルにおける最大の注意点は状態の悪さにあります。
ティンキャップもスクリューキャップも全時期共通とも言える金属張りキャップ仕様で、保管状況か味の傾向もあるのか、金属臭のついたボトルが多く見られます。
自分もそれに何度泣かされたことか。。。
今回のボトルは香りに若干そうしたフレーバーがありますが、味の方は問題なく許せる範囲というところ。
市場価格は決して高いものではありませんが、購入される場合は覚悟を決めてご注文ください(笑)。

オールドパー 18年 クラシック ブレンデッドモルトウイスキー

カテゴリ:

OLD PARR
CLASSIC
Aged 18 Years
Blended malt scotch whisky
46% 750ml
構成原酒:グレンダラン、クラガンモア
評価:★★★★★(5)

香り:柔らかいスモーキーさを感じる香り立ち、微かに植物感のえぐみが混じる香ばしい甘さは焼き栗、干草、ほのかにメイプルシロップ。ブレンデッドモルトらしく複雑で、時間と共におしろい、オーク香など違う表情も見えてくる。

味:少し荒さとえぐみを感じる口当たりで、モルトスナックやシリアルのような香ばしい麦芽風味、乾いた藁、ドライフルーツ、中間から後半はハイランド系のピートが存在感を増してくる。
余韻はピーティーでスモーキー、ほろ苦さが染みこむように長く続く。

高級ブレンデッドウイスキーとして一時代を築いたオールドパーのグレーン抜き、バッテッドモルトウイスキー。
このオールドパークラシックはこうしたシリーズでは珍しく度数が46%あることもあって、中々飲み応えのある仕上がりになっています。
ハイボールはあっさりゴクゴク系。特段得られるものはないですが、ロックは多少にごりが出るものの、香味のコシが折れることはなく、氷に負けずにスコッチらしいピートフレーバーを楽しませてくれます。

普段こうしたウイスキーはオールド中心なんで、現行品のミドルクラスをたまに飲むと、オールド独特のクセが無いことで逆に落ち着くというか、色々発見があって面白いです。オールドパーの構成原酒はクラガンモアとグレンダランと言われていますが、グレンダラン由来かしっかりとスモーキーで、クラガンモアらしい麦芽風味も感じられます。
以前、勝手な印象でオールドパーはマッタリした味わいだと思っていたところ、12年にしろ18年にしろしっかりスモーキーだったのには驚かされました。

余談ですが、オールドパーは152歳まで生きたという長寿のトーマスパーにあやかって「いつまでも変わらない品質を約束する」というPRで販売されたものです。イギリスでのブームの後にアジア市場で大ヒット、吉田茂や田中角栄など政界の名だたる重鎮が愛飲したことでも知られています。
そうしてオールドパーをたしなむことは、政界関係者ではある種のステータスとなっていったわけですが、この背景にはもうひとつある噂があります。
オールドパーのギフト用の箱には、あるものがキッチリ1千枚入るのだそうです。
最近は第一線から外れてしまった感のある某O氏も、かつてギフトシーズンには事務所の棚の上にオールドパーの箱がずらりと並んでいたのだとか。
嘘かホントか、まぁたまにはこういうブログ記事も良いですよね(笑)。

オールドパー シルバー 2015年リリース

カテゴリ:

オールドパー・シルバーは、ボトリングの際に不純物などの除去を目的として行うチルフィルターを、より強力に行う事でスッキリ飲みやすい味に仕上げたという「若者向き」とされるブレンデット。
九州限定発売でしたが、売れ行きが良かったのか、それともその逆で在庫が余ったのか、今年に入ってから全国展開されました。
飲み慣れた自分からすれば物足りない味わいなのですが、現行品のコクも何も薄くなってしまったブレンデットにおいては、ある程度の犠牲を伴いながら綺麗さっぱり整地してしまうという考え方もありかもしれません。

シングルモルトでは特に「ノンチルフィルター」を謳う商品が多く、それらはフィルターをかけた場合に比べて「香味成分が多く残る」ということを売りにしている訳で、それを良しとする流れもあるのが事実。
そこにあえて逆行する、チルフィルターの使い方を考えさせられるボトルでした。

Old Parr
Silver
750ml 40%
暫定評価:★★★★(4)
 
香り:アルコール感ベースで驚くほど香らない。じっくりとアロマを拾っていくと、麦芽、乾いた木のえぐみ、オレンジピール、薄いカラメル。かなりのっぺりと平坦な香り立ち。
 
味:口当たりはスムーズだが、中盤の膨らみに乏しく舌にべたつく感触がある。
みたらしのタレ、乾いた麦芽、ジャイアントコーン、微かな酸味を伴うスペイサイド系のモルティーさ。加水するとより顕著に感じられる。
余韻はカラメルを思わせる甘さとアルコール感、あっさりとしている。

 これが強力チルフィルターの効果か、 と思えるくらいのっぺりとした香味成分の少なさが目立つ。 ストレートで飲む事は想定していないのだろう。ある意味で潔い。
しかし価格で比較出来るものではないが、 1000円前後のウイスキーでもないのに、 常温でこれだけ香らないウイスキーも珍しい。
メーカーオススメとされる、冷凍してのハイボールまでは試さなかった。というよりBAR飲みだっため、そこまでの準備が無かったし、じゃあ自分で買ってまでやるかというと、スイマセンそこまで情熱かけれません。  
よって今回の評価は正当な評価とは言えないかもしれませんが、この香味で冷凍してハイボールにすれば、確かにより一層雑味を感じなくなり、飲みやすい味に仕上がるんじゃないでしょうか。 
 

通常ウイスキーで行われるチルフィルターの温度設定は0度付近であるところ、このオールドパーシルバーはマイナス6度でフィルタリングを行っています。
その由来は、メーカー説明文から抜粋すると、
 "スコットランドを襲った大寒波の冬の夜に、蒸留所の外に置き忘れたオールドパーの樽。極寒の中で冷やされることによって、スムーズでまろやかな味わいが生まれることを偶然にも発見しました。この運命的な発見を再現するため、-6℃のチルフィルターでその味を現代に甦らせました。"
とのことで、またセレンディピティですかと言うツッコミはさておき、偶然のチルフィルターを再現したというのが今回のボトル。

現行品のオールドパーは意外とスモーキーな仕上がりで、味はまあ昔に比べれば随分ライトになりましたが、びっくりしたことを覚えています。
しかし今回はそうした原酒も避けて来たのか、本当にあっさりしたスペイサイドモルト、例えばクラガンモアを中心としたような香味で整地されています。

このページのトップヘ

見出し画像
×