カテゴリ

カテゴリ:知多

エッセンスオブサントリー 知多ワインカスクフィニッシュ 16年 2001-2018 49%

カテゴリ:

ESSENCE OF SUNTORY
CHITA GRAIN WHISKY
Wine cask finish
Aged 16 years
Distilled 2001
Bottled 2018
750ml 49%

グラス:サントリーテイスティング
時期:開封直後
場所:BAR飲み
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:蜜のような濃厚な甘み、メープルシロップや木苺のジャム、ほのかに薬っぽさ。濃厚だが、奥には穀物の甘みと軽やかさも感じられる。

味:人工ベリーシロップのような粘性のある質感、レーズン、少し薬草系のニュアンスを伴う甘みの強い濃厚な口当たり。序盤は粘性からベタつくような感じもするが、徐々にウッディなタンニンが口内の水分を奪う。
余韻は強くドライ、濃い紅茶のようなタンニン、甘みが収斂しウッディーでビターなフィニッシュが長く続く。

シェリー樽で長期熟成したグレーンのような甘く濃厚な香味が主体的だが、ほのかに薬っぽさ、粘性、強めのウッディーさなどワイン樽熟成のウイスキーに出やすい要素も感じられる。
加水すると一気にボディが軽くなり、口当たりも崩れ気味に感じられる一方で、タンニンはそのまま残る。ストレートで。

エッセンスオブサントリーシリーズ、3本目。今作最後の1本は、知多蒸留所のミディアムタイプのグレーン原酒を12年間ホワイトオークのリフィルホグスヘッド樽で熟成させた後、赤ワイン樽で4年間フィニッシュした濃厚な味わいの1本です。
ラベルに書かれた「夢」という文字は、ナイトキャップともとれるような甘く濃厚な味わいからか、あるいはサントリーのウイスキーづくりの真髄の一つと言える、知多蒸留所でのグレーン原酒の作り分けが実現する夢のような味わい。。。というところでしょうか。

ご存知の方も多いと思いますので、概要だけ触れさせて頂きますが、知多蒸留所では、グレーン原酒の"作り分け"が行なわれています。
この取り組みが始まったのは1994年からで、本格的に製品に活用され始めたのは2012年ごろから順次という話。連続式蒸留機の蒸留塔のタイプ(数)をコントロールすることで、ライトタイプ(クリーンタイプ)、ミディアムタイプ、ヘビータイプの原酒を作り、さらの樽もシェリー樽やワイン樽、バーボン樽など、使い古しの樽が使われることが多いグレーンウイスキーをモルトウイスキーと同様に熟成させる事で、味わいの多様性を生み出す事に成功しています。
今回のワイン樽フィニッシュはその代表的な原酒とも言え、シングルグレーンウイスキー知多を始め、響などの上位グレードのブレンデッドウイスキーを作る上で、味わいの奥行きや幅を持たせるために使われているようです。

さて、今回ベースに使われているのは、ラベルに書かれているように、ミディアムタイプのもの。そこに濃厚な樽感が加わっているわけですが、いかに樽が強くても味わいはやはりグレーンです。
ただ、フィニッシュであることで2つの樽感が混じるためか、多少複雑さが感じられます。
以前イチローズモルトから川崎蒸留所のシェリー樽熟成のシングルカスクグレーンウイスキーがリリースされたことがありましたが、あのタイプにちょっと似ているかなという印象も持ちました。

もちろん使われている樽の中で、香味の構成に大きく影響しているのは、酒精強化のそれではなく、赤ワインの空き樽です。
昨年、同社OBにセッティング頂いた山崎蒸留所のちょっと特別な見学会に参加した際伺った話では、赤ワイン樽は原酒への影響が良くも悪くも強く扱いが難しい。樽そのものの選定はサントリーが所有するシャトーラグランジュにもスタッフを派遣するなどし、かなり注意して行なっているということでした。

その結果でしょうか、近年サントリーのリリースには、ワイン系の原酒を使っているものが増えていますが、苺などのベリー系の香味が見られる好ましい味わいのものも増えていると感じます。また、スコッチで赤ワイン系は、たまにヤッチャッタ感のあるリリースがありますが、サントリーはある一定水準を満たしている感じ。
勿論単一でのリリースは難しいのでしょうけれど、別な原酒のフィニッシュや、ブレンドにおける構成原酒の一つとしては選択肢になりえる。
そう言えば新しくリリースされる、響ブレンダーズチョイスにも、ワイン樽原酒が使われるようですね。香味の傾向から、近年価格が高騰しているシェリー樽に変わる原酒にも位置づけられているのだと思います。

※残り2種類のエッセンスオブサントリーのテイスティングノートはこちら

サントリー シングルグレーン知多 2015年9月1日リリース

カテゴリ:
サイレントスピリッツ、グレーンウイスキー。
9月1日、ニッカウイスキー狂想曲が町中の酒屋に流れる中、対抗馬として先陣に置かれてしまったのが、今回取り上げるシングルグレーン知多です。
限定品にラインナップ刷新で生まれた期待のルーキーという、ニッカチームのぱっと見強力な布陣に対し、サントリーは僅か知多1種類。ただでさえグレーンという新しい試みであるところに、なぜ発売日合わせたしw、と突っ込みたくなるほどチャレンジングなリリースです。

先日のニューリリーステイスティングの際、スターターとしてチョイス。
サントリーはこのグレーンを使ったハイボールで"風香るハイボール"で売り出す計画とのことでしたので、今回はハイボールとストレートで、それぞれ1杯ずつ飲んでみました。
 
THE CHITA
Single Grain Whisky
SUNTORY WHISKY
700ml 43%


 
暫定評価:★★★★★(5)
 
香り:クリーンな刺激に乾いた木の香りが混じる、全体的に香りは立ちづらいがひっそりと時間をかけて立ち上がってくる。
わたあめのような甘い香り、コーンスターチ、微かにライムの爽やかさ。時間と共にバニラクリームの甘さ。
 
味:香り以上にコクがありスムーズな口当たり。薄めた蜂蜜、ほのかに混じるのはチャーしたオーク樽の焦げ感、ミント、干し藁、ドライパイナップル。
溶剤っぽいクセのある甘さと乾いた木のアロマが鼻に抜ける。
序盤にぱっとフレーバーが広がるが、後半は平坦。余韻は短くすっきりとした甘さ。
 
グレーンらしくない複雑さを備え、それでもグレーンらしく甘口でライトな香味。
ひそひそ声で色々話されているような感覚で、注意していないと聞き逃してしまいそうです。
しっかりした香味を期待すると肩透かしかもしれません。

しかし今リリースされているスコッチグレーンと比べると、明らかに知多のほうがレベルの高い出来です。先日飲んだベッカムのウイスキー・ヘイグクラブなんかより断然良いです。
香味の濃さではニッカのカフェグレーンに分がありますが、1本飲みきることを考えたら、知多のほうが早くなくなりそう。理由は上述のグレーンらしくない香味の幅。やっぱり単調だと飽きるんですよね。
 

今回発売された知多は、愛知県の知多工場で作られるシングルグレーンウイスキー。
シングルグレーンですが成分表示にモルトとあるのは、製造時に糖化酵素として大麦を使うためで、ブレンデットってことじゃないので注意。
クリーン、ミディアム、ヘビーという3タイプのグレーン原酒を作り分け。
樽もバーボン、スパニッシュオーク(シェリー?)、ワイン等の古樽を使い分けて熟成。香味から察するに古樽という表現は、使い込まれて相当影響の弱くなった樽も含まれてる言い回しなんでしょう。
熟成期間は5~15年。こうした幅広い条件が、グレーンらしからぬ複雑さを構成しているようです。

がしかし、あくまでもグレーンという枠の中での話。不出来なシングルモルト、あるいはブレンデットとは飲みやすさという点で強みがあり、香味の幅も比較できるでしょうが、しっかりと熟成された原酒が織り成す陶酔感のある香味の広がりは備わっていません。
例えるなら、焼酎の甲類と乙類の違いと言えるかもしれません。

 
ハイボールにすると良い意味で薄いバーボン風味。
上品なジムビームソーダという表現が頭に浮かびました。
薄いバーボンソーダは木のえぐみなどバランスの悪い点も目立つのですが、知多は均一に薄くなっていく印象があり、無心にごくごく飲める。後はレモンを搾っても良いという話。食事との相性がよさそうというか、どちらかといえば食事を邪魔しない感じです。

 
ここまで書いて、知多とカチ合うであろう同じニーズのボトルを考えると・・・晩酌用途で君臨するのは同門の絶対王者、サントリーウイスキー角瓶です。
他にもニッカのクリアブレンドやバーボン各種もあるわけですが、価格で考えると角の約3倍、クリアブレンドの約4倍という知多は、召喚コスト面で圧倒的に不利。
また、「ちょっといいウイスキー」として周囲には響ジャパニーズハーモニーから、シングルモルト・ノンエイジ四天王(山崎、白州、余市、宮城峡)までいる。
この戦いがどういう結果になるか、統計発表が楽しみです。まあサントリーが飲食側にプッシュするでしょうから、ニュースで特集記事が書かれる程度には売れるでしょうけど。

シングルグレーンのリリースは、新しい市場の獲得というと聞こえは良いのですが、結局はモルト原酒不足をカバーする苦肉の策という側面もあります。とすれば、取り込むのは他社ユーザーだけでなく自社のニーズ均一化でも良い。
ライトな味わいの中に様々な思惑が見える知多。飲み屋にも広く展開されるでしょうし、飲み手の皆様は、きっと今後どこかで飲む事になるんじゃないかなと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×