カテゴリ

カテゴリ:オークション転売のリスク

editeur掲載

カテゴリ:

WEBメディアであるediteurから取材の依頼があり、以下の記事の執筆に協力しました。
っていうか気がついたら掲載されていました(汗)。


新興国で人気拡大「ウイスキー投資」の魅力(editeur 10/9)
http://prestige.smt.docomo.ne.jp/article/11344

タイトルを見る限り、もろウイスキー投資推奨のそれですが、中身は
"ニュースなどで取り上げられているウイスキーの情勢"
"転売の注意喚起"
"ウイスキーの魅力や楽しみ方"
という形に仕上げてあります。
 
投資・転売は個人の自由だと思います。ただ関心が高まっている分野の中で、愛好家の視点としては、まずは飲むこと、学ぶことによる楽みも知ってほしいなと。
いくつか字数制限でカットされてしまった記載や、反映されなかった表現もありますが、以前書いた"ウイスキー転売のリスク"に関する記事と、同じベクトルのイメージです。

最初はタイトルの通り、かなり「投資推奨!」的なモノでした。
これじゃ自分は書けないので、ライターさんには「自分が受けれるのはこのレベルまで」と方針転換をお願いしました。投資の専門家でもウイスキーの専門家でもない、"いち愛好家"  の自分が、そうした内容は書けません。あくまで一般的な話にとどまります。
もちろん、 ヤフオクに関してはウイスキー関連の出品全般はほぼウォッチしていますし、たまに海外オクも覗いてます。情報収集もそれなりにしていますので、 ある程度状況は理解していますが…。
(懐事情、お小遣いの関係であまり高価なモノは買えませんけど。)

依頼があった際は受けるべきか悩みました。ただ、自分自身ブログで書いてる内容でもありましたので、そのレベルで良ければと。 それがそのまま掲載の運びとなったことは正直驚きました。
あと自分の紹介文が書かれるのは恥ずかしかったですね(笑)。


なお本件に関して、ギャラ、 報酬の類は一切いただいておりません。
自分は特別な知識はほとんどなく、勉強がてらブログを書いている身分に過ぎませんので。
それを承知されてご依頼頂きましたので、書ける範囲で書かせて頂きました。
エディトゥール様、ライターのMatsubara様、色々とご面倒おかけしました。

ウイスキーをヤフオク転売するなら利益だけでなくリスクも考えるべき ~後編~

カテゴリ:
昨日9月1日、ジャパニーズウイスキー大変革のまさにその時であり、多くの方が動かれたことと思います。
かく言う私も限定品を1本ずつ押さえることができました。

そして予想通りというかなんというか、ヤフオク上にはこの限定の余市と宮城峡がぎっしり出品されてますね。
動かれていた方の中には、こうした転売目的での方もいらっしゃったことでしょう。ただ前編で書いたようにオークション出品はノーリスクでは無いわけで、その辺ケアしてんのかなーという出品頻度の方も結構いらっしゃいます。まぁ別にその人が後々課税や罰金にまみれようと、それは個人の自由の結果。自由には責任が付いてまわる、納税は国民の義務ですからね。
20150729asahinikka
(9月1日発売、シングルモルト余市ヘビリーピーテッド、シングルモルト宮城峡シェリーカスク。)

さて、前編に引き続き、「ウイスキーをヤフオク転売するなら利益だけでなくリスクも考えるべき」と題して、最近注目されているネットビジネスであるウイスキーの転売に潜むリスクをまとめています。
前編ではそのリスクとして、ある一定利益以上を得た場合の課税と、酒税法違反に該当する恐れがあることを紹介しました。
後編では、そうしたリスクを放置した結果起こりうる、最悪のケースとも言える"追徴課税"と、これまでのまとめを記載します。

前編はこちらからどうぞ。

4.とても怖い追徴課税
一定額以上の利益が出た場合、それを申告するのは当年度中の確定申告です。
申告の際に発生する金額のおおよそについては前編の3.に記載の通りです。
簡単な話、ちゃんと申告しておけば怖い思いはしなくて済みますし、以下の話は無関係です。
(ちなみに確定申告すると、サラリーマンは勤め先に副収入やオークション出品がばれる可能性があります。)

問題は確定申告しなかった場合です。
会社にバレるのがいやとか、どうせ請求されないだろうと思ってるとか・・・また、オークション利益に税金が発生するとは思ってない方は、そもそもこうした意識がありません。
すると年度が切り替わってから数ヶ月後に、税務署からお手紙が来ます。(主に8~9月頃が多いようです。)
 
「あんた税金申告漏れしてませんか」と。
この手紙が来た時点で税務署側は漏れている金額も全て把握しているようですので、後は中身について税務署側と相談しましょう。

 
ところが9月を過ぎても手紙が来ず、そのまま年が変わってしまいました。
上述のように課税対象となる物品は税務署のさじ加減で決まることもあって、明らかに黒でない限り見逃されるケースも出て来ます。
例えば50万円利益を上げたとされるケースでも、明確に雑所得に分類される利益が20万、譲渡所得分なのか雑所得なのかあやふやなゾーンが10万、譲渡所得分が20万だったとします。
この10万がどちらに振れるかで大きく話は変わるわけですが、こんなのが何千件もあったらいちいち対応してられませんよね。
 
しかしそこで見逃されたと安心するのはまだ早い。
税金には追徴課税という仕組みがあり、課税を通常5年、悪質なもので7年間遡って行えます。
しかもただ課税されるだけではなく、遅れた分のペナルティーとして追加分まで請求されてしまいます。
 
追徴課税は4つの加算税(過少申告加算税、無申告加算税、不納付加算税、重加算税)と延滞税で構成されます。
過少申告加算税、無申告加算税、不納付加算税は収めていなかった税額に対して、だいたい10~15%の加算ですが、悪質な隠蔽であると認められた場合の重加算税は30%~40%の加算となり悲惨の一言。
また同時にプラスされる延滞税がまた凶悪で、最大約14.6%の税率となり、実質的にはプロミスもびっくりの利子付きで徴収されることになります。
追徴課税については以下がわかりやすいと思います。画像も以下から引用しました。
ご参考:最大1.4倍!?知らなかったでは済まない追徴課税と加算税
 
今回お呼びがかからなかったのは「まあ泳がせておくか」と、たまたま請求されなかっただけかもしれません。
なんせ税務署側には最短でも5年間の猶予があるのですから。グレーゾーンの案件は、時間経過で真っ黒になるまで待てば良い。
今年大丈夫だったからと調子に乗って転売し続けた結果、その後どこかで引っかかり、そこから遡って最長5年ないし7年間分の利益についても芋づる式に対象となって課税プラス追徴課税。さらに最悪のケースは継続販売と見なされて酒税法違反まで付いてきた…。
いやもう目も当てられません。試算するまでもなく、懐が真っ赤に染まるのが見えています。
ある日税務署からお手紙が届いたら、車が買えるだけの金額を請求されていたという都市伝説のようなあの話。実は出品者によっては、そうした無限ループにハマってしまっている方もいらっしゃるという話も聞いたことがあります。
 
 
5.まとめ(一般人のウイスキー投資行為について)
大変長々と書いてしまいましたが、冗長な書きぶりのところもありましたので、箇条書きでまとめます。
・ネットオークションでお酒を売る場合、税金と資格関係で2つのリスクがある。
・お酒は入手からの期間等で、雑所得分類となるものと、譲渡所得分類になるものがある。
・発売したばかりのお酒をオークションで転売した場合、その利益は通常雑所得扱い。
・昔から家にあったようなお酒をオークションに出品した場合、その利益は譲渡所得扱い。
・税金は所得税と住民税が、雑所得分類であれば利益が20万円を越えるとかかる。
・確定申告を行うと、勤め先にオークション出品で利益を上げている事がばれる可能性がある。
・酒類の出品を継続して行っていると、非課税範囲内の出品であっても販売行為と見なされて酒販免許が求められる可能性がある。
・酒販行為において酒税法違反となると、1年以下の懲役または50万以下の罰金が科せられる。
・確定申告において上述の利益にかかる税金を支払わない場合、後日追徴課税の対象となる。
・課税は通常5年、悪質なもので7年間遡って行える、1年間連絡が無かったからといって見逃されたわけではない。
・追徴課税額は程度によるが、最悪利益が飛ぶどころでは済まないレベルであると覚悟した方が良い。


6.最後に
サイドビジネスを行って資産運用することは、 ある意味で正当なことです。
ファンドのプランを活用するにはまとまったお金が必要ですし、身近にネットというツールがあるならそれを個人で活用すれば良い。これもまた考え方の一つです。
しかし本編で度々書いたように、なんの資格も持たない一般個人が、酒という一段階縛りの厳しい分野で運用していくことは、リスクも相応となる恐れがあります。

今のウイスキー市場はちょっとしたバブルであり、そこに国内ウイスキーメーカーの値上げ、終売、限定品の登場などが燃料投下に繋がった、祭り状態であると言えます。
中にはこのブログで情報を得られて、買い付けなどに走られた方もいらっしゃるでしょう。
この祭りがいつまで続くのか、それはわかりません。しかし一部の銘柄は既に勢いを失っており、何でもかんでも高値という状況ではありません。
その他の分野では最悪元が取れればOKという考え方もあるでしょうけど、酒ジャンルでは売れば売るほど、もう一つのリスクが積み重なっていきます。

私はウイスキーの転売、ひいてはウイスキーを対象とした投資行為については中立の考えです。
「酒は飲むため!」とか「作り手への冒涜!」という、ある種の精神論を他者に強制するつもりはありません。
転売により、遠隔地に居て手に入れられなかった方々が入手できたり、あるいは倉庫などで眠っていたボトルに再び日の目が当たる等の効果もあると思います。
ただし、安易な考えで目先の利益に走った結果、後々進退窮まるという事にならないよう、一度考えられたほうが良いのかなとは思います。


※前編にも記載しましたが、当方は税理等の専門的な知識は無く、ネット等で調べた結果から本記事を記載しております。
よって認識違い等もあると思いますし、なにより他者の行為に対して責任を持つものではありません。
自身のご判断、責任の下で対応ください。また、間違いなどありましたらご指摘いただけますと幸いです。

 

ウイスキーをヤフオク転売するなら利益だけでなくリスクも考えるべき ~前編~

カテゴリ:

先日ジャパニーズウイスキーに関するすさまじいニュースが飛び込んできました。
海外オークションで1960年蒸留の軽井沢が1本約1100万円の値段を付けたというもの。
これはオークションでの日本のウイスキーの落札価格としては史上最高額となるそうです。

KARU-CASK-1960
日本のウイスキーがオークションで1100万円余(8/29 NHK)
 
本件に限らず、ジャパニーズウイスキーの注目度は急上昇しており、海外からの引き合いが多くなった事で特定銘柄の市場価格が急騰しています。軽井沢、羽生、余市や山崎などの限定品は、オークションで10万を越える落札価格が付くことも珍しくありません。 
円安であることも手伝って、国内オークションでも海外勢はかなり強気です。海外勢はオークション代行のBuyeeなどを使ってますので、IDでだいたいわかります。これが入札してくると壮絶な殴り合いになることも珍しくなく…。
海外ではウイスキーファンドも立ち上げられており、こうした動きは今後益々活発になるものと思われます。
 
こうなるとワイン同様に投機目的、小遣い稼ぎ的な目的でウイスキーを購入する方々が増えてきます。ある程度知識がある人にとっては、確実に上がるとわかっている株のようなものですからね。
個人が購入したものをどうするかは個人の自由ですし、転売するのもまた自由です。
しかしこうした転売行為は、手軽さと裏腹にいくつかのリスクもはらんでいることは理解しておくべきです。
中でも手軽に利用できるネットオークションは、利益全てを持って行かれるどころか赤字転落レベルのリスクがあります。

丁度良い機会ですし、一般人の酒類投資(酒類転売)に関するリスクを自分なりに調べてみました。なかなかボリューミーで前編後編に分けて投稿しますが、興味があります方はお付き合いください。
なお、当方は法律や税理の専門家でもなく、関連学部を出た訳でも無いただの会社員です。
ネットで調べられる範囲のことを調べた程度ですので、細部にわたっては誤認もあるかと思います。本記事に記載の有無に限らず自己責任で対応ください。
また、間違いがあればご指摘いただけますと幸いです。
 
 
1.転売の手段(換金方法)
そもそもお酒を"投機"の手段と見る場合、ファンドを活用するにはある程度まとまったお金が必要になります。
一方で、個人で諸々行うなら手軽にスタートできますが、換金する方法を考えなければなりません。ファンド企業は換金先となる業者との繋がりがあるでしょうけれど、一般人がそうした繋がりを持っているケースは稀です。
 
換金する手段は大きく分けて以下の3ケースが考えられます。
・知人間や何らかの交流ツールを用いて他者と直接取引を行う。
・国内のネットオークションに出品する。
・質屋や業者に引き取って貰う。
(その他、フリーマーケットなどで販売する手段もありますが、高額ボトルが売れるケースは考えにくいため除外します。)
 
知人間や交流ツールを用いての取引は自ずと限界があります。よほどの人脈がない限りは多くを捌けません。また匿名性も皆無です。転売を気にしない人も居ますが、飲み手や酒販側としては受け付けない人も多数います。高値を付けて流通させようならハブられるというリスクが伴います。
質屋や酒類買取業者への販売は、公開されている引き取り価格リストを見ると、モノによりけりとはいえ買値を割り込むことが多く、利益はあまり見込めません。とすると匿名で出品でき、手数料の支払い程度で大きな利益が得られるネットオークションが転売ツールに選ばれるのは自然な流れです。
(匿名とはいえ、最近様々なところで情報収集がされて、出品者が特定されるケースも多いですが・・・。)

l_11243-1
(直近ではヤフオクで山崎50年が約400万円の落札価格をつけた。山崎50年の小売価格は100万円。)
 

2.国内ネットオークションのリスク
ヤフオクやメルカリに代表されるネットオークションのリスクは、上述3方法の中で最も大きなものがあります。
まず一つが「税金」。
そしてもう一つが「酒税法違反」です。
ネットオークションは資格不要で酒類の売買が出来て、税金がかからないんじゃ無いのなんて認識をもたれている方、残念ながらその認識には誤解があります。
 
会社勤め等で別途収入を得ている場合、オークションでの売り上げは、販売したモノにもよりますが利益として1年間(1月1日から12月31日)で20万円を超えると「雑所得」として課税対象となります。(他に収入が無い方は38万円がリミットになります。)
 
これらは「利益」ですので売り上げではありません。
例えば1万円で新発売となったボトルを購入即出品したところ、10万円で売れた場合利益は9万円です。
利益の計算では購入価格が証明出来るもの、一般には領収書が必要ですが、無い場合は税務署とご相談になるようです。免除されるなんてことはありません。
この20万円は一度で発生しても、利益の積み重ねでも、課税対象となります。

 
利益の計算は売り上げから元値を引くだけでなく、出品等にかかった経費をマイナスすることが出来ます。
が、多くの方はオークションを専業としているわけではないので、純粋にその行為にかかった経費の証明は困難です。
経費として認定できるものは、例えば電気代などの公共料金、パソコン購入費用、交通費等ですが、オークションのためだけにそれらを払っているなんていうことはまずありませんので、経費として計上出来るのはせいぜいオークションの利用料・手数料程度と考えたほうが無難でしょう。
また、あまりにも専用とするものが多い場合や高頻度に出品している場合、副業ではなく専業、個人事業の域ではないかと言われ、違う方向に話が進んでしまいます。
これは個人事業主であっても同様で、酒販行為を行っているとみなされる可能性があるわけです。
必要な資格(酒販免許)を取得していない場合は、酒税法違反となり処罰の対象となる恐れもあります。
 
どの程度出品していたら資格が必要となるかについては、税務署のさじ加減です。
国税庁のQ&Aでは、「継続して酒類を出品し販売を行う場合には酒類の販売業に該当」となっており、継続の判断は国側にあります。
酒税法違反となった場合、販売関連での違反は"1年以下の懲役または50万円以下の罰金"です。
 
ご参考:オークション所得も確定申告・税金が必要?
 
 
3.想定される税金の種類について
オークションで出品される酒類は大きく以下の2パターンに分けられますが、この2つでは計上する費目が異なります。
 
①発売されたものをすぐ出品する。
②昔購入したり貰ったモノで、家に保管してあったものを出品する。
 
どれくらいの期間で①が②になるかは明示されておらず、これもまた税務署のさじ加減のようです。
ただ、とある弁護士事務所で公開されている類似の事例には、5年程度の期間を見るようだとありました。
これが何に関係するかというと、①は転売目的で購入して転売したとみられて「雑所得」扱いになり。
②は生活における不要品を販売したということで「譲渡所得」扱いになります。
最終的に対象となる税金はどちらも所得税と住民税ですが、それぞれ条件が異なるためこれらを把握しておく必要があります。
 
●雑所得について
「2.国内ネットオークションのリスク」に記載した費目です。雑所得は利益がトータルで20万円を越えると容赦無く税金がかかります。
個人事業主であれば申告方法を「青色」にすることである程度の減額は出来るようですが、多くの方は「白色」です。特段減額の措置はありません。
(まぁ青色は青色で、手続き大変らしいですけどね・・・)
 
よって発売後即転売するようなケースはまず間違いなく雑所得扱いです。
「飲用目的で購入しましたが体調不良で飲めなくなったので出品します」とか書いて即日出品しているアカウントを見た記憶がありますが、税務署さんは捜査権がありますので黒と見たら我々のプライベートにガチで踏み込んできます。ウソはばれると考えた方が良いでしょう。
 
●譲渡所得について
譲渡所得の場合、一度に30万円を越える利益を得なければ課税されないという非課税枠があります。
これは累計ではなく一度にというところがポイントです。(10万が4回とかだとかかりません。)
不要品の売買に税金がかからないという理解が生まれているのは、恐らくこれによるところかなと思います。
 
 
以上、転売を行う際の利益計算は①と②のケースでそれぞれ分けて考える必要があります。
また課税される金額は、その人の収入によっても変わってきます。現在は復興特別所得税として所得税額×2.1%の追加徴収もあります。
 
所得税の計算を行う場合、国税庁のページの条件からざっくり計算すると、おおよその金額はわかります。
 
例えば、給与500万円を貰っている方が、50万円の利益をあげたとします。実際は控除とか色々あるのですが、通常給与とオークションのみの550万円で計算します。
550万円での税率は20%ですので、500万の時との差額、10万2100円が所得税として利益分にかかる税金となります。

続いて住民税です。住民税は一律10%なので50万円の利益にかかる住民税は5万円。
従って税金のアタリ付けとしては、合計15万2100円程度の税金が、50万円の利益に対してかかることが想定されます。
 
なお非課税の範囲であっても、酒類を販売し続けると酒販免許が必要と判断される恐れがあります。
この場合は上述のように1年以下の懲役または50万円の罰金です。
仮に50万円利益のケースで税金に罰金がついてきたら・・・利益がトビますね(笑)。


ここまでに書いた話は、会社勤めでもFXや投資等で利益を得ている方、あるいは別ジャンルでオークションを活用して稼いでいる方だと、特に税金の話なんかは普通に認識のある事かもしれません。

しかし冒頭にも書いたように、「ネットオークションは資格不要で酒類の売買が出来て、税金がかからないんじゃ無いの」という認識でやられている方も結構いらっしゃるようです。
あるいは税金がかかる事は分かっていても、どうせこんな少額請求されないよと思っているケースとか。
後編ではそんな方々に降りかかる、追徴課税についてまとめます。

~4.とても怖い追徴課税 に続く ~

このページのトップヘ

見出し画像
×