カテゴリ

カテゴリ:バルヴェニー

バルヴェニー ポートウッド 21年 40% 旧ラベル

カテゴリ:
BALVENIE
Aged 21 Years
PortWood 
Extra Matured in Point Casks
700ml 40%

グラス:国際規格テイスティング
量:30ml程度
場所:持ち寄り会@マッスルKさん
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:リッチな甘いアロマ、バニラ、グリーンレーズンを思わせる酸味控えめでしっとりと甘いシェリー香、ふくよかな甘みを予感させる。徐々に乾いた牧草のような草ぽいニュアンスも混じってくる。

味:まろやかな口当たりから、バニラや麦芽、シロップのかかったホットケーキの甘み、微かにカシューナッツ。合わせてリンゴのカラメル煮のようなオールドシェリーのニュアンス。余韻にかけてはやや粉っぽさ、ドライな渋みも感じられるが、柔らかく染み込むように消えていく。

品の良いオールドシェリー感と、バニラや麦芽を思わせる甘みが備わった1本。度数ゆえに飲みごたえはそれほどでもないが、ゆるく家飲みする癒し系モルトにはぴったり。ハイボールはNG、加水もそれほど。チェイサーと共にそのままストレートで。


バルヴェニーポートウッドは、シェリー樽で熟成させた原酒を中心にバッティングしたシングルモルトを、ビンテージポートワイン樽でフィニッシュした1本。WEB情報では、元の樽で熟成されていたポートワインは30年モノ、フィニッシュ期間は1年間程度とのことです。
樽の性質か、あるいは期間の関係か、ポートワインというよりはベースとなる原酒のニュアンスがメインとなり、フィニッシュとして連想する、のっぺりと上からのしかかるような濃い味わいはあまり感じられません。

お恥ずかしいながら、このボトルについては初めてのテイスティングとなります。
というのも「ポートワイン樽で21年かぁ、イロモノっぽいっちゅーか高まらなさそうやなあ」と完全な勘違いによる飲まず嫌い。一口飲んで、らしさのあるふくよかなモルティーさ、品の良いシェリー樽熟成の甘みと香りを感じ、「あれ!?結構良いシェリー感じゃん!」と素で驚いてしまいました。
その後素性を調べて納得。無知は罪、とはよく言ったものですね(汗)。
マッスルさん、良い機会をありがとうございました。

(バルヴェニー蒸留所外観。グレンフィディックと同じ敷地にあり、仕込み水や麦芽も共通でありながら、原酒の性質は全く異なる。同社のラインナップ、ブレンドの幅に繋がっている。Photo by K67)

上で少し触れているバルヴェニーの酒質、らしさは、バニラや麦芽のふっくらとした厚み、柔らかい甘さにあると感じています。特に加水調整されたシングルモルトで感じやすいです。
一方、オフィシャルの12年や15年、あるいは一部リリースされているボトラーズのシングルカスクのハイプルーフは、逆にアタックが強く、少し草っぽさが強調されるような構成。このアタックの強さが加水するとコク、柔らかさに逆転するのでしょう。どちらかといえば加水か、長熟を含むバッティング向きの原酒だと思います。

その点、このバルヴェニー・ポートウッド21年は加水で整ったまろやかな飲み口と、上述のらしい味わいがしみじみと楽しめる。
実は終売したオフィシャルラインナップだと思っていたのですが、調べてみると近年までラベルチェンジして普通に販売が継続されていたんですね。
新しいものがどのような味わいになっているか、機会があれば試してみたいと思います。


バルヴェニー クラシック 1980年代流通 43% オフィシャルボトル

カテゴリ:
IMG_0506
BALVENIE CLASSIC
Probably The Finest Highland Malt Whisky
(No Aged)
1980's
750ml 43%

グラス:ハイランドパークテイスティンググラス
量:30ml程度
場所:自宅持ち寄り会
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:濃く甘い香り、黒蜜、シェリー、焦げたようなカラメルの香ばしさ。最初はベタつきのあるアロマだが、徐々にアルコール感が立ってきて、ほのかにドライクランベリーを思わせる甘酸っぱさも。

味:リッチで濃い甘みのある口当たり、黒蜜、レーズン、ポートワイン。中間から余韻にかけてほろ苦い焦げたカラメル。
ボディはやや軽く、染み込むようにウッディーで甘いオールドシェリー系のニュアンスが残る。


自宅開催の持ち寄り会にウイスキー仲間のHさんが持ち込まれたバルヴェニーのオールドボトル。
未開封品で持ち込まれ、開封を任せて頂いたは良いですが、この手の甘口ウイスキーの特徴として、コルクが糖分で張り付いていることが多く、案の定無理に抜くと折れてしまう状態でした。
こんなときはくりりん流ボトル開封術。アツアツおしぼりをコルク部分に巻き付けて・・・しばし放置の後、湿気と温度で溶けた糖分を潤滑剤にして、コルクを活かしたまま開封することが出来ました。
いやーオールドボトルの緊張しますね。温まったネック部分の温度が下がったら、テイスティングといきましょう。

このバルヴェニーは飲んだことが無く、どんな味わいか気になっていました。
オールド系のシェリー感がたっぷりで、口開け時は特にたっぷりというか、甘みの強いポートワイン系のシェリーでコーティングした樽。つまりトリーテッドバットで酒質の素直な原酒を熟成させたような、とろみと甘みの濃い味わい。
徐々にアルコールも立ってきて、リッチで飲み応えのある1本 に仕上がっていると思います。

熟成感としては1980年代当時の加水であるコトを考えると、香味の系統から15年前後くらいでしょうか。1980年代後期流通としても蒸留は1970年代前半ですが、この時点ではバルヴェニーらしいシェリー感というより、オールドボトルらしいシェリー感という感じでした。
今回は口開けですが、グラスの中の変化はポジティブな要素が多く感じられました。明らかに夏向きのウイスキーではないということもありますし、次は初冬あたりで飲んでみたいです。 

ちなみに、この時期のバルヴェニーは、ほぼ同時期に発売されていた10年モノと同様に、すらりと伸びたネックのコニャックのようなボトルデザインが特徴的です。
10年のデザインも目を惹きますが、クラシックのボトルデザインだとさらに強調されて感じられます。
スコッチオデッセイによると日本国内には三楽オーシャンが入れていたそうですが、このボトルではなくグレンフィディックのほうが売れていたというのですから、ちょっと不思議な感じがします。

バルヴェニー TUN1401 Batch No,5 オフィシャルボトル

カテゴリ:
BALVENIE 
Tun 1401
Batch No,5 
700ml 50.1% 

グラス:SK2
量:所有ボトル
場所:自宅
時期:開封後2年少々
評価:★★★★★★★★(8)

香り:乾燥させた麦芽、ブラウンシュガー、ベリージャムや葡萄を思わせるまろやかでフルーティーな熟成香。シェリー系の要素が強く、スワリングしているとコニャックのランシオ的なニュアンスも感じられる。多層的で複雑、バランスも整っている。グラスの残り香は瑞々しい葡萄からオーク香、フルーティーなアロマ。

味:リッチでコクのある口当たり。レーズン、濃く入れた紅茶、オレンジママレード、色の濃い蜂蜜、落ち着きのあるオーク香。香り同様に多層的で優雅な甘さから、徐々に品の良いウッディネス、タンニンへと繋がる。
余韻は長く、ややドライで華やかな熟成香が喉の奥から戻って鼻に抜けていく。


このシリーズの生い立ちについては今さら書かなくても良いような気がするのですが、一応さわりだけ。
Tun1401シリーズは、バルヴェニーの保有する過熟すぎて使えないような原酒だったり、飲みごろの原酒だったり、若い原酒だったりを、マスターブレンダーであるデビットスチュワート氏がバッティングしてリリースした、カスクストレングスのシングルモルトです。
バッチ1は2010年頃に蒸留所限定で336本のみ発売。その後バッティングする樽を10樽程度に増やしてバッチ当たりの本数を確保し、徐々に販売範囲を拡大。いくつかは日本国内でも販売されました。
TUNはこのバッティングを行う際に使用する大型の樽のことで、1401はそのナンバー。1401シリーズはバッチ9までリリースされましたが、使いすぎて使用不能になったのか、最近はTUN1509というシリーズに変わっています。


 (TUN1401とデビット氏。以下のサイトから引用しております。)
http://whiskymywife.pl/balvenie-tun-1401/

このシリーズの特徴は、上で述べたように幅広いレンジの原酒がバッティングされた、熟成年数表記のないシングルモルトであること。
例えば今回のバッチ5は、シェリーバット4樽、バーボンホグスヘッド3樽、バーボンバレル2樽の構成で、原酒は1966年蒸留から、1991年蒸留のものまで使用されているとのことです。
バッティングによって生み出される多層的な香味に、長期熟成原酒が使われているが故の熟成感、若い原酒は香味の勢いを出すのに一役買っています。
バッチ5はシェリー系の原酒の影響が強く出ていて、高いレベルでまとまった、ふくよかでフルーティーな味わい。バッティングであるためリリースも多く、個人的には、近年増えているNAリリースの理想形の一つだと考えています。

もちろんただ混ぜれば旨くなるかというとそうではなく、それはブレンダーの技術があってこそ。
実際に蒸留所を訪問したウイスキー仲間の話では、TUNに使われていた1960年代蒸留の原酒は、とても単体で飲めないようなぶっ壊れ系のモルトウイスキーだったそうです。それがバッティング後の香味は評価の通りであり、素晴らしいウイスキーに仕上がっているのですから、匠の技を感じますね〜。

余談ですが、このシリーズには自分と妻の間で一つネタになる話があります・・・。が、それはまた該当するバッチを記事にするときに、書かせてもらおうと思います。

バルヴェニー・シングルバレル 12年 ファーストフィル

カテゴリ:

つい最近、かと思ったらモノとしては2013年にアメリカ向けを想定して新発売していた、シングルバレルの新シリーズ。バーボンバレルに12年、そこから加水調整しての樽出しで、ロット差は多少あるもののボトリングはだいたい1ロット300本前後とのこと。
日本には2014年末くらいに平行で入ってきはじめたように思います。
気になっていたボトルで、ちょうど先日の持ち寄り会で飲むことが出来ました。
(GSさんいつもありがとうございます。)

THE BALVENIE
SINGLE BARREL
Cask type FIRST FILL
Aged 12 years
700ml 47.8%

暫定評価:★★★★★(5)

香り:ふかした栗やサツマイモを思わせるでんぷん質な甘さ、林檎や少しの草っぽさ、オーク材由来のフルーツ感のみならず、渋みや木材感と合わさって、モンブランのよう。全体的にはツンとしたアルコール感がある。

味:ザラメを思わせるドライな甘さ、オーク香、バニラ、麦芽風味、ツンツンした刺激の強さを感じる酒質で中間含め勢い良く広がるイメージ。
フィニッシュはドライでオーキー。乾いた木材やドライパイナップルの爽やかなフレーバー。若干のえぐみも伴う。

まさにバーボン樽熟成の代表格的な味わい。すなわち、近年のモルトウイスキーを代表するタイプのひとつと言ってもいい構成。
少量加水するとクリーミーな風味も出てくる。ストレートではアルコール感が強いため、飲み方で調整したい。ハイボールは気持ち薄めが良い印象。爽やかな味わいで悪くない。

そういえば以前飲ませて頂いた、蒸留所限定カスクサンプルもこんな感じでした。ただし度数が高い分カスクサンプルの方が荒らい印象はあり、こちらのほうがうまくまとめてるなと思います。
個人的にはこういう華やかな乾いたオーク系のフレーバーより、メイプルシロップを思わせる、少しの琥珀色を帯びたバーボンバレル熟成のタイプの方が好きなのですが、そちらはあまりリリースされませんね。

もともとバルヴェニーは15年で同様のリリースを行っていましたが、15年を終売とし、そのノウハウで新しく展開した形となったのが、このシングルバレル12年です。
今のウイスキー業界の流れだと、熟成年数が若くなったり、あるいはノンエイジになる変化はお約束的展開。
それでいて値段も据え置きか若干値上がりかというところでしたが 、バルヴェニー12年に関しては、 据え置きあるいは値下げとも言えるラインで、 良心的な設定となっています。

他の蒸留所を見ても、オフィシャル、ボトラーズ含めてリリースされやすい味わいで、1杯あるいは1本買って飲んでも今後の経験として損は無いと思います。

バルヴェニー蒸留所限定ハンドボトリング Cask#11270 シェリ-カスク

カテゴリ:
借りたボトルは基本的にはすぐにコメントを挙げるように心がけているのですが、このボトルはだいぶ遅くなってしまいました。Kさん、申し訳ないです。
 
理由はジャパニーズの大波が来てしまったことと、どシェリーだったので涼しくなるまで待ちたかったということもあります。
先日まで降った大雨は一気に秋の気配を連れてきてしまいました。
そろそろ夜の空気もイイ感じになってきたので、このボトルのテイスティングをUPです。


BALVENIE
Warehouse No,24
Duty Paid Sample
13 years old
Bottled 2014 Sept
Cask No, 11270 1st fill Sherry Cask
200ml 59.6%
c73a1dcd
 
評価:★★★★★★(6)

香り:ねっとりと濃厚なシェリー香。プルーン、黒砂糖、アルコールのヒリヒリ感、微かにえぐみを伴うウッディネス。温度が上がってくるとえぐみ、焦げた香りが強くなってくる。

味:濃厚でパワフル、甘酸っぱい口当たり、レーズン、プルーン、アプリコットなどを煮詰めたダークフルーツソース。中盤から乾いた木の香り、ピリピリとした若い刺激が強くなる。
シェリー感は良いが酒質として若干アンバランスさはある。余韻は長く、ウッディーでしっかりとしたシェリー香。


先日投稿した、バルヴェニーの蒸留所限定ツアー参加後に、ハンドボトリングが許されるサンプル。そのシェリーバットタイプ。味はいわゆるどっかんシェリー系。
バーボンバレルのほうは若さが目立つ印象でしたが、こちらのボトルもまた若さはあるものの、濃いシェリー感が上から覆い被さっており、一見するとフレッシュなシェリー系と言えなくも無い出来です。
しかし飲み進めて行くと、フレーバーを覆っていたシェリーの膜を、若いトゲトゲしさが貫いて味蕾に届いてきます。
 
「これが若さか・・・」

っていうか、バルヴェニーの酒質がこうなんでしょうね。
10年そこそこじゃ丸くならない、ある程度の長期熟成や、ボトリング時にバッティング加水してこそ生きるタイプ。

シェリーの傾向は山崎のシェリーカスクや一時期のカヴァランと共通する濃さと味わいがあり、シェリーそのものの嫌みも少なく、濃厚民族も満足。
バーボンバレルのほうのサンプルは「これが特別なサンプル?」という感じでしたが、シェリーはまだ納得出来るレベルでした。

※途中で寝落ちしてしまったため、編集途中の記事が上がっていました。一部記載を修正しています。(9/12 12:00)

このページのトップヘ

見出し画像
×