カテゴリ

カテゴリ:バルヴェニー

バルヴェニー クラシック 1980年代流通 43% オフィシャルボトル

カテゴリ:
IMG_0506
BALVENIE CLASSIC
Probably The Finest Highland Malt Whisky
(No Aged)
1980's
750ml 43%

グラス:ハイランドパークテイスティンググラス
量:30ml程度
場所:自宅持ち寄り会
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:濃く甘い香り、黒蜜、シェリー、焦げたようなカラメルの香ばしさ。最初はベタつきのあるアロマだが、徐々にアルコール感が立ってきて、ほのかにドライクランベリーを思わせる甘酸っぱさも。

味:リッチで濃い甘みのある口当たり、黒蜜、レーズン、ポートワイン。中間から余韻にかけてほろ苦い焦げたカラメル。
ボディはやや軽く、染み込むようにウッディーで甘いオールドシェリー系のニュアンスが残る。


自宅開催の持ち寄り会にウイスキー仲間のHさんが持ち込まれたバルヴェニーのオールドボトル。
未開封品で持ち込まれ、開封を任せて頂いたは良いですが、この手の甘口ウイスキーの特徴として、コルクが糖分で張り付いていることが多く、案の定無理に抜くと折れてしまう状態でした。
こんなときはくりりん流ボトル開封術。アツアツおしぼりをコルク部分に巻き付けて・・・しばし放置の後、湿気と温度で溶けた糖分を潤滑剤にして、コルクを活かしたまま開封することが出来ました。
いやーオールドボトルの緊張しますね。温まったネック部分の温度が下がったら、テイスティングといきましょう。

このバルヴェニーは飲んだことが無く、どんな味わいか気になっていました。
オールド系のシェリー感がたっぷりで、口開け時は特にたっぷりというか、甘みの強いポートワイン系のシェリーでコーティングした樽。つまりトリーテッドバットで酒質の素直な原酒を熟成させたような、とろみと甘みの濃い味わい。
徐々にアルコールも立ってきて、リッチで飲み応えのある1本 に仕上がっていると思います。

熟成感としては1980年代当時の加水であるコトを考えると、香味の系統から15年前後くらいでしょうか。1980年代後期流通としても蒸留は1970年代前半ですが、この時点ではバルヴェニーらしいシェリー感というより、オールドボトルらしいシェリー感という感じでした。
今回は口開けですが、グラスの中の変化はポジティブな要素が多く感じられました。明らかに夏向きのウイスキーではないということもありますし、次は初冬あたりで飲んでみたいです。 

ちなみに、この時期のバルヴェニーは、ほぼ同時期に発売されていた10年モノと同様に、すらりと伸びたネックのコニャックのようなボトルデザインが特徴的です。
10年のデザインも目を惹きますが、クラシックのボトルデザインだとさらに強調されて感じられます。
スコッチオデッセイによると日本国内には三楽オーシャンが入れていたそうですが、このボトルではなくグレンフィディックのほうが売れていたというのですから、ちょっと不思議な感じがします。

バルヴェニー TUN1401 Batch No,5 オフィシャルボトル

カテゴリ:
BALVENIE 
Tun 1401
Batch No,5 
700ml 50.1% 

グラス:SK2
量:所有ボトル
場所:自宅
時期:開封後2年少々
評価:★★★★★★★★(8)

香り:乾燥させた麦芽、ブラウンシュガー、ベリージャムや葡萄を思わせるまろやかでフルーティーな熟成香。シェリー系の要素が強く、スワリングしているとコニャックのランシオ的なニュアンスも感じられる。多層的で複雑、バランスも整っている。グラスの残り香は瑞々しい葡萄からオーク香、フルーティーなアロマ。

味:リッチでコクのある口当たり。レーズン、濃く入れた紅茶、オレンジママレード、色の濃い蜂蜜、落ち着きのあるオーク香。香り同様に多層的で優雅な甘さから、徐々に品の良いウッディネス、タンニンへと繋がる。
余韻は長く、ややドライで華やかな熟成香が喉の奥から戻って鼻に抜けていく。


このシリーズの生い立ちについては今さら書かなくても良いような気がするのですが、一応さわりだけ。
Tun1401シリーズは、バルヴェニーの保有する過熟すぎて使えないような原酒だったり、飲みごろの原酒だったり、若い原酒だったりを、マスターブレンダーであるデビットスチュワート氏がバッティングしてリリースした、カスクストレングスのシングルモルトです。
バッチ1は2010年頃に蒸留所限定で336本のみ発売。その後バッティングする樽を10樽程度に増やしてバッチ当たりの本数を確保し、徐々に販売範囲を拡大。いくつかは日本国内でも販売されました。
TUNはこのバッティングを行う際に使用する大型の樽のことで、1401はそのナンバー。1401シリーズはバッチ9までリリースされましたが、使いすぎて使用不能になったのか、最近はTUN1509というシリーズに変わっています。


 (TUN1401とデビット氏。以下のサイトから引用しております。)
http://whiskymywife.pl/balvenie-tun-1401/

このシリーズの特徴は、上で述べたように幅広いレンジの原酒がバッティングされた、熟成年数表記のないシングルモルトであること。
例えば今回のバッチ5は、シェリーバット4樽、バーボンホグスヘッド3樽、バーボンバレル2樽の構成で、原酒は1966年蒸留から、1991年蒸留のものまで使用されているとのことです。
バッティングによって生み出される多層的な香味に、長期熟成原酒が使われているが故の熟成感、若い原酒は香味の勢いを出すのに一役買っています。
バッチ5はシェリー系の原酒の影響が強く出ていて、高いレベルでまとまった、ふくよかでフルーティーな味わい。バッティングであるためリリースも多く、個人的には、近年増えているNAリリースの理想形の一つだと考えています。

もちろんただ混ぜれば旨くなるかというとそうではなく、それはブレンダーの技術があってこそ。
実際に蒸留所を訪問したウイスキー仲間の話では、TUNに使われていた1960年代蒸留の原酒は、とても単体で飲めないようなぶっ壊れ系のモルトウイスキーだったそうです。それがバッティング後の香味は評価の通りであり、素晴らしいウイスキーに仕上がっているのですから、匠の技を感じますね〜。

余談ですが、このシリーズには自分と妻の間で一つネタになる話があります・・・。が、それはまた該当するバッチを記事にするときに、書かせてもらおうと思います。

バルヴェニー・シングルバレル 12年 ファーストフィル

カテゴリ:

つい最近、かと思ったらモノとしては2013年にアメリカ向けを想定して新発売していた、シングルバレルの新シリーズ。バーボンバレルに12年、そこから加水調整しての樽出しで、ロット差は多少あるもののボトリングはだいたい1ロット300本前後とのこと。
日本には2014年末くらいに平行で入ってきはじめたように思います。
気になっていたボトルで、ちょうど先日の持ち寄り会で飲むことが出来ました。
(GSさんいつもありがとうございます。)

THE BALVENIE
SINGLE BARREL
Cask type FIRST FILL
Aged 12 years
700ml 47.8%

暫定評価:★★★★★(5)

香り:ふかした栗やサツマイモを思わせるでんぷん質な甘さ、林檎や少しの草っぽさ、オーク材由来のフルーツ感のみならず、渋みや木材感と合わさって、モンブランのよう。全体的にはツンとしたアルコール感がある。

味:ザラメを思わせるドライな甘さ、オーク香、バニラ、麦芽風味、ツンツンした刺激の強さを感じる酒質で中間含め勢い良く広がるイメージ。
フィニッシュはドライでオーキー。乾いた木材やドライパイナップルの爽やかなフレーバー。若干のえぐみも伴う。

まさにバーボン樽熟成の代表格的な味わい。すなわち、近年のモルトウイスキーを代表するタイプのひとつと言ってもいい構成。
少量加水するとクリーミーな風味も出てくる。ストレートではアルコール感が強いため、飲み方で調整したい。ハイボールは気持ち薄めが良い印象。爽やかな味わいで悪くない。

そういえば以前飲ませて頂いた、蒸留所限定カスクサンプルもこんな感じでした。ただし度数が高い分カスクサンプルの方が荒らい印象はあり、こちらのほうがうまくまとめてるなと思います。
個人的にはこういう華やかな乾いたオーク系のフレーバーより、メイプルシロップを思わせる、少しの琥珀色を帯びたバーボンバレル熟成のタイプの方が好きなのですが、そちらはあまりリリースされませんね。

もともとバルヴェニーは15年で同様のリリースを行っていましたが、15年を終売とし、そのノウハウで新しく展開した形となったのが、このシングルバレル12年です。
今のウイスキー業界の流れだと、熟成年数が若くなったり、あるいはノンエイジになる変化はお約束的展開。
それでいて値段も据え置きか若干値上がりかというところでしたが 、バルヴェニー12年に関しては、 据え置きあるいは値下げとも言えるラインで、 良心的な設定となっています。

他の蒸留所を見ても、オフィシャル、ボトラーズ含めてリリースされやすい味わいで、1杯あるいは1本買って飲んでも今後の経験として損は無いと思います。

バルヴェニー蒸留所限定ハンドボトリング Cask#11270 シェリ-カスク

カテゴリ:
借りたボトルは基本的にはすぐにコメントを挙げるように心がけているのですが、このボトルはだいぶ遅くなってしまいました。Kさん、申し訳ないです。
 
理由はジャパニーズの大波が来てしまったことと、どシェリーだったので涼しくなるまで待ちたかったということもあります。
先日まで降った大雨は一気に秋の気配を連れてきてしまいました。
そろそろ夜の空気もイイ感じになってきたので、このボトルのテイスティングをUPです。


BALVENIE
Warehouse No,24
Duty Paid Sample
13 years old
Bottled 2014 Sept
Cask No, 11270 1st fill Sherry Cask
200ml 59.6%
c73a1dcd
 
評価:★★★★★★(6)

香り:ねっとりと濃厚なシェリー香。プルーン、黒砂糖、アルコールのヒリヒリ感、微かにえぐみを伴うウッディネス。温度が上がってくるとえぐみ、焦げた香りが強くなってくる。

味:濃厚でパワフル、甘酸っぱい口当たり、レーズン、プルーン、アプリコットなどを煮詰めたダークフルーツソース。中盤から乾いた木の香り、ピリピリとした若い刺激が強くなる。
シェリー感は良いが酒質として若干アンバランスさはある。余韻は長く、ウッディーでしっかりとしたシェリー香。


先日投稿した、バルヴェニーの蒸留所限定ツアー参加後に、ハンドボトリングが許されるサンプル。そのシェリーバットタイプ。味はいわゆるどっかんシェリー系。
バーボンバレルのほうは若さが目立つ印象でしたが、こちらのボトルもまた若さはあるものの、濃いシェリー感が上から覆い被さっており、一見するとフレッシュなシェリー系と言えなくも無い出来です。
しかし飲み進めて行くと、フレーバーを覆っていたシェリーの膜を、若いトゲトゲしさが貫いて味蕾に届いてきます。
 
「これが若さか・・・」

っていうか、バルヴェニーの酒質がこうなんでしょうね。
10年そこそこじゃ丸くならない、ある程度の長期熟成や、ボトリング時にバッティング加水してこそ生きるタイプ。

シェリーの傾向は山崎のシェリーカスクや一時期のカヴァランと共通する濃さと味わいがあり、シェリーそのものの嫌みも少なく、濃厚民族も満足。
バーボンバレルのほうのサンプルは「これが特別なサンプル?」という感じでしたが、シェリーはまだ納得出来るレベルでした。

※途中で寝落ちしてしまったため、編集途中の記事が上がっていました。一部記載を修正しています。(9/12 12:00)

バルヴェニー蒸留所限定ハンドボトリング Cask#193 バーボンバレル

カテゴリ:
ただいま夏休みで妻方の実家に来ています。もちろんお泊りです。
相手方の家でブログ作業もどうかと思いますし、不思議なことに電波状況まで悪いときている。
普段はこうした状況を見越して記事を書き溜めておくのですが、今回は運悪くコメントくらいしか書き溜めていなかった。
なので更新状況とレスポンスが悪いのは、お察しいただければと思います。申し訳ございません。
(今は散歩がてら電波状況の良い場所を探しての更新です(笑)) さて、私の夏休みの話はこれくらいにして、今日の記事はウイスキー仲間から借りた特殊な2本のうちの1つ。
バルヴェニー蒸留所で購入できる、ハンドボトリングのカスクサンプルです。

BALVENIE
Warehouse No,24
Duty Paid Sample
14 years old
Bottled 2014 Sept
Cask No, 193 Bourbon barrel 1st fill
200ml 60.8% 

467b6626
評価:★★★★★(5)

香り:ツンとしたアルコール感とオーク香がメインの若さを感じる香り立ち。お菓子の粉ラムネ、微かにセメダインと焦げたパンケーキ。徐々に木材の香りが強くなる。加水するとアルコール感が多少収まり、林檎のアロマ。

味:ニューポッティーさとオーキーさ、粉っぽい舌触り。荒さの残るテクスチャー。
蜂蜜、麦芽、微かにグレープフルーツ。度数ゆえにパワフル。フィニッシュはトーンの高いアルコール感で、鼻抜けはっきりとバーボンフレーバー。酸味を伴う麦芽風味と樽材の木香を伴いながらヒリヒリとした刺激が残る。


このボトルはウイスキー仲間のKさんからレンタルしていただきました。
素性としては、バルヴェニー蒸留所のスペシャルツアーに参加すると、熟成庫で樽から直詰め購入できるという、まさに特別なボトル。
日本では酒税法の関係か、あるいは衛生面からの配慮か、蒸留所見学をしても樽から直詰めで原酒を売ってもらえることは基本的に無いのですが、スコットランドでは割と普通にハンドボトリング用のサンプルが用意されています。原酒が足りないという日本の蒸留所じゃ難しいかもしれませんが、今後展開を始めるクラフト系の方々のサービスにないかなとひそかに期待しています。 

今回のテイスティングにあたってKさんからは、「率直にぶった切ってください」という言葉とともにボトルをお借りしました。自分は誰から飲ませてもらっても、割と率直に書いてるつもりなのですが、それじゃヌルイということなのでしょう(笑)。
そこまで言われたら、いつもより余計に回しておかないと納得いただけませんね。 

1st fill バーボンバレルというだけあって、味でも香りでも、バーボン樽の影響を感じます。
オーク香メインの乾いた木材や蜂蜜、りんご系の香味に、鼻に抜いた香りなんてライトなバーボンそのもののフレーバーがふわりと香る。樽材に染み込んでいたバーボンが溶け出たからでしょう。バーボン樽熟成すべてがそうわるわけではないのが面白いです。

酒質そのものは14年熟成としては若さが強く、ニューポッティーさも普通に感じます。先に述べたバーボン樽由来のフレーバーが若い原酒に覆いかぶさっているようなイメージです。これは熟成環境によるところが大きいのでしょう。 よく言えばフレッシュ、率直に言えば刺激の強い飲み口。樽感という点では一定水準に達しているため、過熟になる前に払い出す判断は納得できます。
しかし残念なことにこのボトルの位置づけ、つまりスペシャルツアーに参加してその後ボトリングできる蒸留所の顔とも言える特別なサンプルと考えると、これでいいのかバルヴェニー?と感じてしまう物足りなさもあります。 それこそオーク系でこの手の味なら、アランでいいわけですよ。
オフィシャル以外ならこの手のタイプ、ボトラーズからバンバンリリースされてます。
同じバルヴェニーか12年シングルバレルがリリースされており、それの割り水前という位置づけかもしれませんが、もうひとつ工夫がほしい。

たとえば、カスクマネジメントでリフィルバーボンホグスに詰め替えて追加熟成を狙うとか、無理やり違う味でフィニッシュかけるんじゃなくて、良い個性を伸ばすやり方とかあるんじゃないかと思います。 ちなみにKさんからレンタルいただいたサンプルはもうひとつ、シェリーカスクのものもあります。
シェリーはまたシェリーで面白い味でした。そちらはまた後日記事にしようと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×