カテゴリ

カテゴリ:厚岸

厚岸蒸留所 ニューボーン 2019 ミズナラカスク 55% Foundations 3

カテゴリ:
IMG_20190308_102749
THE AKKESHI 
NEW BORN 2019 
HOKKAIDO MIZUNARA CASK 
Foundations 3 
Single Malt Spirit 
Non Peated 
200ml 55

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:自宅
評価:ー

香り:若さに通じる金柑などの柑橘や乳酸系の酸、乾いた木香と軽い香ばしさを伴う香り立ち。
スワリングするとバニラや蒸かしたサツマイモのような甘いアロマ。微かにニッキやハーブ、レモングラスなどのスパイス香、あるいは新しい和室を思わせるような要素が混じる。

味:荒さはあるが、熟成を考えればスムーズな飲み口。
香り同様軽い乳酸や柑橘の酸味。徐々にスパイシーでありながらクリーミーな舌当たり。薄めた蜂蜜、ほうじ茶や干し草、おがくずを思わせるビターなウッディネスが、ヒリヒリとした刺激と合わせて口内に残る。

使われた樽のサイズの関係か、樽由来の要素はそこまで過剰ではなく、酒質由来の若いニュアンスが主体で、ゆっくりと熟成が進んでいることを感じる。ボディは適度にあり、少量加水するとバッティングの影響か少し水っぽさが出るように感じられる一方、香味の酸や荒らさが落ち着き、微かにオーキーな要素があるようにも。
今まさに芽吹こうとする原酒のスタートライン。ストレート、または今の段階で楽しむならハイボールで。

IMG_20190308_234330

北海道、厚岸蒸留所シングルモルト、3年熟成への道。
今回のテイスティングは、その熟成過程でリリースされることが発表されている、4作のニューボーン(ウイスキースピリッツ)のサードリリースであり、北海道産ミズナラ樽で8ヶ月から23ヶ月熟成した原酒10樽をバッティングしたものです。

これまでの2作は蒸留所の酒質やハウススタイルの基準、原点を知ってもらうことを目的としたような、ノンピートとピーテッドモルトのバーボンカスク熟成品でした。
一方今回のリリースは少々位置付けが異なっており、使われた原酒の熟成期間が最長で2年弱に伸びたことによる熟成感の違いというよりは、今後北海道産のシングルモルトとして展開を予定している同地域産のミズナラ樽を用いた原酒の・・・言わば”樽香の原点”を知るリリースと言えるのではないでしょうか。

ウイスキーの最低熟成年数を3年。これを植物の成長に準えて芽吹きとすれば、今回のリリースはまだ土の中で種から根が少し伸びたぐらいの状態でしょう。その段階のものを知って、これからの成長と未来に想いを馳せながら楽しむ。
「ミズナラ樽は、伽羅や白檀などのオリエンタルフレーバーをもたらすと言われています。果たしてボトルの中の原酒は、双葉より芳しく香り立つことが出来ますでしょうか。」
というラベルに書かれた文面が、まさにこのリリースの位置付けを表しているように感じます。

IMG_20190308_011740

よって今回のレビューは、酒質部分よりも樽要素に重点を置いて考察していきます。
ミズナラ樽の香味と言えば、多くの消費者に求められるのが上記の文章にある伽羅や白檀のような。。。サントリーがリリースしている山崎のそれであるわけですが、現時点で厚岸に植えられた"種"から、その香りは感じられません。

ですが、これまで短期熟成から長期熟成、あるいはウッドチップまで、色々ミズナラに関する原酒を飲んできて感じるのは、ミズナラ樽で短期間の場合はスパイシーな香味のほうが強く出る傾向にあり、長期熟成の中で香木のようなアロマ、オーク樽らしい華やかさ、フルーティーな香味が、いわゆるオリエンタルな要素として徐々に濃くなってくる印象があります。
(そうした特性故、樽の使用状態や熟成環境のバランスが重要と考えられるだけでなく。あるいはバーボンバレルである程度熟成した原酒を新樽のミズナラ樽でフィニッシュすると、サントリー系の香味を擬似的に再現できたという事例もあります。)

したがって現時点の原酒でも、これはこれでミズナラ樽らしい特性が感じられる、可能性を秘めた種であると言えます。
今後この原酒が育った先にオリエンタルなフレーバーがあるかはまだわかりませんが、方向性としては、微かに日本家屋(和室)のような要素やクリーミーさが香味に混じるため、樽の要素が徐々に濃くなっていくなかで可能性は充分あると思います。
もちろん、そのためには3年だけでなく、5年、10年という時間が必要だとは思いますが・・・日本の環境でどこまで熟成を続けられるか。その点、今回のリリースによって生まれたリフィルのミズナラ樽10樽の存在も、長期熟成を目指したウイスキー作りの助けになると思います。

さて、気がつけば厚岸蒸留所創業の2016年から3年目となる2019年です。
ニューボーンのリリースも残すところあと1作。これはグレーン等の原酒を調達し、バーボン、シェリー、ミズナラ樽の各種厚岸原酒をブレンドしたブレンデッドウイスキーでリリースされるそうです。
そしてシングルモルト区分でリリースされる3年熟成の仕上がりは如何に。今年あるいは来年初頭の、楽しみなイベントの一つなのです。

IMG_20190309_190913
(厚岸蒸留所ニューボーン第1弾から第3弾。並べてみるとボトルやラベルの色合いだけでなく、箱のデザインも微妙に異なっており、ロゴがリリース毎に一つずつ増えていっている。今回のリリース、比較するなら第1弾と。)

厚岸蒸留所 ニューボーン2018 ピーテッド 58% FOUNDATIONS2

カテゴリ:
IMG_8380
AKKESHI NEW BORN 2018
"PEATED"
FOUNDATIONS 2
Single Malt Spirit
Bourbon Barrel
200ml 58%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:-

香り:フレッシュな香り立ち。シトラスやレモングラスを思わせる柑橘のアクセント、淡い潮気、酵母香と焼き上げたパイ生地のような香ばしい麦芽香。土っぽいピート香に穏やかなスモーキーさを伴う。

味:香り同様にフレッシュな口当たり、ヒリヒリとした刺激から薄めた蜂蜜の甘み、レモンバウム、香ばしい麦芽風味。中間以降はピートフレーバーが存在感を出してきてほろ苦くスモーキー、塩水のコク、荒い刺激と微かなえぐみを伴うフィニッシュ。

要所要所でバーボン樽由来の淡くオーキーな香味がアクセントになり、甘みや柑橘感など、若いなりに飲めるまとまりのある香味に仕上がっている。加水すると一瞬香り立ちが荒くなるも口当たりのコクと塩気が感じやすく、ハイボールにするとピートフレーバーが引き立つ。スモーキーでソルティー、さっぱりとした味わいを楽しめる。


北海道、厚岸蒸留所のニューボーン第二弾。創業年である2016年と2017年に仕込まれたピーテッド原酒をバッティングしたもので、熟成期間はバーボンオークで7ヶ月から16ヶ月となっています。
発売は8月27日でつい2日前ですが、イベントなどで先行試飲もありましたし、既に飲まれている方は多いかなとも思います。

創業者である堅展実業の樋田社長は、かつてアードベッグ17年に衝撃を受け、アイラモルトのようなウイスキーを日本でも作りたいと、ウイスキーづくりに厚岸の地を選んだ経緯があります。
また、現在は自身が作ったウイスキーを牡蠣にかけて食べるという夢も持たれており、厚岸蒸留所が目指すハウススタイルはこれ以上解説するまでもなく「ピーティーなアイラモルト」なのです。

一方、先日リリースされたニューボーンの第一弾がノンピートだったことは記憶に新しいところ。
これはピートフレーバーは良い意味でも悪い意味でも、酒質のネガティブな部分をマスクするため、まずはノンピートで蒸留所として作り出せる酒質を確立することが重要であるとの考えから。厚岸蒸留所では1年間のスケジュールの中で、まずノンピートを仕込み、得られる酒質の状態を確認・調整した後で、ピーテッドの仕込みに入る流れを採用しています。

つまり我々飲み手側も、ノンピート原酒で素の酒質に触れて、第二弾としていよいよハウススタイルに掲げるピーテッド原酒をテイスティングする準備が整ったというわけです。
どちらもバーボン樽で熟成された原酒が使われており、同じ環境でほぼ同じ熟成期間、ピートの有無による影響の違いを感じやすいリリース順とも言えます。

(厚岸蒸留所のポットスチル(上)は、コントロールしやすさを狙ってラガヴーリン蒸留所(下)と同型のスチルが導入されている。ただラインアームの角度はフォーサイス社曰く水平から少し角度を下げれば皆同じとのことで、ラガヴーリンほどの角度はつけられていない。)

先日更新したニューボーン第一弾の記事では、初年度の試験的なニューメイクの仕込みで熟成に耐えるボディを出すために苦労をしたというエピソードを紹介しました。
そうした試行錯誤を経て仕込まれた2016年のピーテッド原酒は、厚みのあるボディとは行かずとも、クリアで綺麗な酒質にしっかりとしたピートフレーバーが感じられ、イメージとしてはラガヴーリンとキルホーマンを足したような印象。
以前ニューメイク単体をテイスティングし、初年度から洗練された味わいにびっくりしたのを覚えています。

このニューボーンもそうした特性を引き継ぎ、若いながらも樽香をアクセントにして5〜6年熟成くらいのアイラモルトを思わせるような仕上がりを感じます。
ピート由来か熟成場所の関係か、微かな塩気を伴うのも益々アイラらしく、コクがあってハウススタイルとして求める原酒が育っているようです。
いくつか加水のパターンを試したところ、45%くらいまで加水すると、その真価を感じやすいですね。他方、原酒の若さか、樽の処理の関係か、余韻に蓄積するようなえぐみが微かに感じられ、その点が今後熟成が進むことでどうなってくるかは気になる要素でもあります。

現時点ではトライ&エラーで調整する点も多く、仕込む原酒はノンピートの比率が高いそうですが、最終的には1年の仕込みの中で8割以上をピーテッド原酒に切り替えていくだけでなく、麦、ピート、樽、全てが現地産の原酒を仕込む目標も。
今作のニューボーンは、まさに厚岸蒸留所が目指すハウススタイルの産声。可能性を秘めた味わいを、先の姿を思い浮かべながら是非楽しんで欲しいですね。

厚岸蒸留所 ニューボーン 2018 バーボンバレル 60% ファーストリリース

カテゴリ:
IMG_6303
AKKESHI
NEW BORN 2018
Single Malt Spirit
"Foundation No,1"
Non-Peated
Cask type Bourbon Barrel
200ml 60%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:-

香り:レモングラスやレモンピールを思わせる爽やかな香り立ち。少しの乳酸、ハッカ。奥から干草、乾いた籾殻のような軽い香ばしさを感じる。

味:クリアでフレッシュな味わいの中にコクと軽い香ばしさ、唾液と混じることで、ねっとりとした粘性のある甘みと酸味を感じる。
余韻はハイプルーフらしくヒリヒリとハイトーンな刺激もあるが、ほろ苦い殻付麦芽と淡いバーボンオークのウッディネス。しっかりと長く続く。

若く度数も高いため、ストレートでは多少の荒さが感じられるものの、酒質は洗練されていて綺麗な仕上がり。
味わいにはコクがあり、加水するとまろやかな口当たりが得られるが、水っぽくなりやすい印象も受けた。また、ハイボールは若いモルトらしい酸味と香ばしい麦芽風味が主体ですっきりとした味わい。
将来的には、大手蒸留所に匹敵するハイランドタイプのモルトへの成長が期待できる。

IMG_6307

IMG_6304

近年、日本に数多く誕生している蒸留所の中でも、その環境や製法へのこだわり、掲げる目標などから、最も注目を集めていると言っても過言ではないのが、北海道厚岸に堅展実業株式会社が創業した厚岸蒸留所です。

同蒸留所の創業は2016年。生み出されるニューポットは将来性を強く感じさせる味わいであり、周囲の反応は上々。自分も2016年仕込みのピーテッドと2017年仕込みのノンピートをテイスティングする機会がありましたが、創業2年目の国産クラフトとは思えない仕上がりにびっくりしました。
当然、そうした機会を得た方々の評価は伝聞で広まるわけで、その要望に応える形でリリースする運びとなったのが、今回のニューボーン2018です。

"厚岸蒸留所のこだわり、創業者である樋田氏らスタッフの熱い想いは、公式ページを参照下さい。http://akkeshi-distillery.com/"

ファーストリリース、Foundation 1の構成原酒は、バーボンバレルで5ヶ月から14ヶ月熟成したノンピート原酒。これは2016年の創業から2017年のノンピートモルトの仕込み時期の最後までに生産された原酒であり、バッティングの後、若干の加水調整を加えたもの。ラベルの表記はシングルモルトスピリッツで、ウイスキーと表記しないところに、同社のこだわりを感じます。
ニューボーンシリーズとしては、今回のノンピートに加え、ピーテッドモルトやシェリー樽などのリリースを計4種類行い、3年熟成のシングルモルトウイスキーに繋げていく計画のようです。

今回のリリース、そして昨年のニューポットから考えると、厚岸蒸留所の原酒の特徴は、洗練された綺麗なコクのあるスピリッツと感じています。
勿論若さからくる雑味、荒さは多少ありますが、熟成を経ていくことで磨き上げられていくと考えられ、熟成期間としてはバーボンバレルで5年から10年くらいが飲み頃かなと。酒質の系統から、樽次第でハイランドタイプの美味しいモルトに仕上がっていくことが期待出来そうです。
また、厚岸は寒暖の差が大きいなど内地に比べ特色の濃い土地とのことで、確かに今回のボトルも最長14ヶ月熟成の原酒でありながら、既に淡い樽感とグラスの縁に残る白くくすんだ樽材由来のエキスも見られ、スコットランドとも異なる熟成の片鱗が感じられます。


しかしこの味わい、特に熟成に耐えうるボディのある酒質を作るには、相当な苦労があったと聞きます。 
蒸留所関係者から伺った話では、例えば試験蒸留時点では酒質がクリアすぎて香味に厚みが出ず、導入している蒸留設備のメーカー(フォーサイス社)から技術者を招いて技術指導を受けるなど、トライ&エラーを繰り返し、徐々に厚みが出るようになっていったのだとか。
今回のニューボーン2018にも最初期の原酒の影響があるのか、加水するとストレートで感じられたコクに対して、少し水っぽさ、口当たりの薄さが出てくるようにも感じられます。

ただ、これはすべての蒸留所にありうる成長過程の一つ。今後はさらに、個性や特徴が強まった原酒が生産されていくのでしょうし、2017年仕込みのニューポットを飲む限りでは既に解決した課題とも感じます。それを裏付けるように、原酒の質は向上し続けているという話も伺っているところです。
様々な苦労を乗り越えて創業した、厚岸蒸留所の新しい歴史の幕開け。言わば目覚めの瞬間に向けた胎動。その原酒の発売を祝福するとともに、同蒸留所が掲げる「スコットランドの伝統的製法を受け継ぎ、かつ厚岸らしいウイスキー」の姿をイメージしながら、楽しみたいリリースです。


【以下、余談。】
厚岸蒸留所と言えばアイラモルトを意識したPRを行うなど、将来的にはピーテッドタイプのウイスキーをハウススタイルとすることを目標としています。(むしろ此方を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。)
現在、ピーテッドとともにノンピートが仕込まれている理由は、品質管理の意味合いとして、まずノンピートを仕込み、細部まで原酒の状態を確認できるようにするため。今後はピーテッドの比率を高めつつ、ノンピートも継続して一定量仕込まれていくようです。

なお、昨年テイスティングしたピーテッドモルト(ニューポット)は、ベースとなる酒質は上記のように綺麗な仕上がりである事に加え、若さからくる荒い要素がピートでマスクされたことで、ノンエイジにして既に仕上がっているような印象を受けました。
近いところとしては、キルホーマンとラガヴーリンを足して2で割ったようなイメージ。果たして熟成後の仕上がりはどうか。。。
このニューボーンシリーズで8月にリリース予定の第二作は、バーボンバレルのピーテッドとのこと。リリースが今から楽しみです。

北海道 厚岸蒸留所がホームページを開設

カテゴリ:
先日、蒸留計画または蒸留そのものが進んでいる4箇所のクラフトディスティラリーについて、その状況を記事にしました。
そのうち北海道・厚岸蒸留所の公式ホームページが昨日8月10日にオープン。
厚岸蒸留所は熟成試験も含めれば結構前から建設準備を進めていたものの、メーカー側にホームページ等が無く、状況がわかりにくい部分がありました。
開設されたWEBページは、建設中の蒸留所が詳しくまとめられています。
既にご覧になられた方も多いと思いますが、まだの皆様は通勤途中のお供にどうぞ(笑)。
厚岸蒸留所公式WEBページ
 
スタッフ4名、生産規模も少量、樽はバーボン、シェリー、ミズナラの3種類ですか。お、見学も対応してくれるんですね。流石に早々行ける場所じゃないですけれど・・・
これで2016年の蒸留開始に向けて現実味がぐっと沸いて来たなと感じます。

厚岸は熟成実験を行った上で建設場所を決めているだけでなく、現地の海産物と合わせるという明確なビジョンも持ち、アイラモルトをイメージしたピーテッドタイプに特化していくそうです。
建物すら出来てない段階でこういうのも何ですが、ピーテッドタイプに拘るのは大いにアリだと思います。
ノンピート系のモルトは若さを覆い隠す香味が無いので、若さがモロにきてしまうことも多いのですが、ピーテッドタイプなら若い方がピートもクセも強く感じるので、逆にプラスになることもあります。
現地の牡蠣など、海産物との相性も良いかもしれません。
 
ただ、小規模な蒸留所ほど良いも悪いもクセが出やすい傾向にあると感じます。
それこそがクラフトディスティラリーのウイスキーを飲む面白さっちゃそうなのかもしれませんが、厚岸の産声は果たしてどのような響きなのでしょうか。
 
厚岸蒸留所には知人が勤めるようですし、今後の動きが楽しみです。
新しい情報が手に入りましたら、記事にしていきたいと思います。

 

このページのトップヘ

見出し画像
×