カテゴリ

カテゴリ:カティサーク

カティサーク 12年 1980年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_2124
CUTTY SARK 
(CUTTY 12)
Blended Scots Whisky
Aged 12 Years
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★(5)

香り:薄めたメープルシロップや鼈甲飴、穀物を思わせる甘いアロマ。乾いた牧草、ハッカ、ほのかにシップのような薬品香が混じる。少量加水するとさらに甘さが広がる。

味:甘みと軽やかにスパイシーな口当たり。穀物を口に含んだような香ばしさ、麦芽風味、そしてメープルシロップを思わせるしっかりとした甘みが広がる。余韻はほろ苦くスッキリとしている。


カティーサークの上位グレード、カティ12の12年。同ボトルは既に1970年代をこのブログで紹介済みであると共に、その他のBBR系列のブレンデッドも掲載しており、身の上話は今更という感じでは有りますが、自分の復習も兼ねてもう一度。

現在はボトラーズとして有名なBBR(BERRY BROS & RUDD)は、グレンロセスなどをキーモルトとして、カティサーク、ベリーズ、セントジェームスなどのブレンデッドを展開していました。
シングルモルトウイスキーのボトラーズリリース的なものも行っていましたが、主力はブレンデッド。その中でもカティサークは、禁酒法開けのアメリカ市場向けにブレンドされた位置づけの強いもので、癖の少ないライトな味わいが特徴です。

1970年代頃に12年が誕生し、カティサークがライト&スムーズでノンカラメルというBBRらしい手法を拘りにしていた反面、12年はリッチでメロウなタイプ。
名前をCUTTY12と表記していたのは、そうした方針の違いから別銘柄を意識していた・・・のでしょうか。
1980年代流通もその系譜を受け継いでおり、ややグレーンが強くなって単調気味な印象はありますが、オールドブレンデッドらしい古酒系の甘みのある味わいと、原酒由来のほろ苦さが引き続き楽しめます。

IMG_2121

1970年代流通とのラベルの違いはいたって簡単、帆船に赤い12の文字が書かれ、キャップが金色であるかどうか。オークションではサムネイル画像だけでも判定できる、違いの大きなボトルです。
また、こうして見比べてみると、1970年代には12年表記があるのに対し、1980年代はキャップシール部分に移っています。
このシールは開封すると取れてしまうので、なくなったら何年ものかわからない、今やったらスコッチ協会のラベル審査でハネられるであろうデザインだと感じます。
       
正規輸入元であるカティサークジャパンの働きで国内に流通した本数が多いこともあってか、70年代含め安価に設定されることが多いボトルです。オールドブレンデッド入門の1本として飲んでみて欲しいですね。

カティサーク 12年 1970年代流通 ウイスキー特級

カテゴリ:
CUTTY SARKS 
12 Years Old 
1970's 
86proof 4/5quart 
(43% 760ml) 
構成原酒:グレンロセスなど 

グラス:SK2、創吉テイスティング 
量:所有ボトル
場所:自宅
時期:開封後2週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ほろ苦く甘いカラメルやシェリーの香り立ち。奥にはモルティーな華やかさもあり、アプリコット、トフィー、焼き芋の穀類を思わせる甘みと焦げた苦味もある。 

味:まろやかな口当たり、ブラウンシュガーを思わせるオールドシェリーの甘み、カラメル、シロップ漬けのチェリー、熟した洋梨、濃いめに入れた麦茶。徐々にスパイシーで奥にはグレーンの軽やかな甘さも感じられる。
余韻はドライで微かにピーティー。僅かに感じられる焦げたような苦味が、全体を通してアクセントになっている。


カティサークブランドの上位モデル。ノーマルなカティサークがあっさりとライトなブレンドなのに対し、12年は色を見て頂けれ違いは一目瞭然、シェリーやカラメル系の風味が効いた甘くモルティな味わいに仕上がっています。
このボトルは2本目の抜栓で(本当は3本だったけど、1本は抜栓直後に某BARに里子に出て行ってしまった)、今回のボトルは1本目の時よりヒネ香が無い代わりに口当たりに辛みを感じました。
流通時期の微妙な違いか、それとも保存状態によるところか。まあ数ヶ月後にはさらにこなれてくると思いますが、この辺がオールドボトルの面白さであり、難しさです。
それ以外の要素については合格範囲で、この時期に家でまったり飲み進めるにはちょうどいい塩梅。ハイボールはイマイチですが、ロックは気分で選んでも良いかもしれません。

なお、同ボトルの見分け方は、1980年代はキャップが黒く赤字の12年表記が無いのが特徴。
1990年代流通は特級表記が無くなり「スコッチウイスキー」なるシールが張られるようになります。ウイスキー全体を見ても色が薄くなるため、仮にシールが無くても見た目で違いが分かると思います。
キャップの裏側は紙(牛乳瓶に使われているような)タイプで、金属タイプ等に比べてオフフレーバーの心配が少ないのも好印象。これで物量が多いためかそこそこ安く買えるってのも、オールドラヴァーには嬉しいですね。

カティサーク 1980年代流通品 ウイスキー特級

カテゴリ:

CUTTY SARK 
Blended Scots Whisky 
1970-1980’s 
43% 760ml 
構成原酒:タムデュー、ハイランドパーク、グレングラッサ、ブナハーブン、グレンロセスなど
評価:★★★★★(5) 

香り:サトウキビや乾いた牧草のような植物感のある甘い香り立ち。微かなヒネ香、パンケーキ、ドライアップル、ジャイアントコーンを思わせる香ばしさ。

味:オールドらしい粘性のある口当たりだが、使われた原酒の若さからか舌触りは硬さがある。ザラメ、薄めた蜂蜜、ドライアップル、コーンシリアル、クラッカー、樽感の少ないニュートラルなモルティーさに穀物風味。
余韻はあっさりしているが染み込むように残る。


1970年代後半、あるいは1980年頃に流通したと思われるカティサークのスタンダード品。
スコッチのスタンダード品として国内には相当な量が流通していたため当時からウイスキーを飲まれている方にはなじみ深い銘柄だと思います。
また、通量が多かったということは、市場に在庫が残っているということでもあり、比較的手に入りやすいところの筆頭です。

カティサークはBBRのブレンデッドでも、普及価格帯をターゲットとした造りがされています。先日紹介したベリーズベストやカティ12年が濃厚なブレンドであるのに対し、カティサークはライトであっさり。樽感は控えめで原酒由来の穏やかな甘味、麦芽風味、グレーンを思わせる穀物の風味も感じられます。
また、カティサークはカラメル添加を行わない、ナチュラルなブレンデッドとする同社の方針が、このライトな味わいに繋がっているようです。

しかしライトなだけではないのが原酒の良さか、その辺の零細ブレンデッドとは違う味の深みがあり、良い意味で1杯目のブレンデッドウイスキーです。
これから何杯か飲んでいくぞと言う中で、ストレートでよし、ハイボールで飲んでも良い。気軽に肩肘張らない味わいが堪能できると思います。

スコッチウイスキーは年代によって、今のスタンダード品が当時は高級グレード扱いという変化から、味が大きく変わることがあります。ジョニーウォーカーなんかがいい例ですね。
ではカティサークのスタンダードはというと、60年代のコルクキャップ時代を飲んでも同様にあっさりした味わい。新しい時代については粗さも増して言わずもがなで、日本で手に入る範囲のオールドはあまり差が無いなというボトルでもあります。

なお、カティサークが採用している"Scots whisky"表記は、ゲール語としてはこちらが正しいスコッチウイスキーの表記であるという同社のこだわりから。ラベルを彩る手書き風の文字は、1923年にカティサークが誕生した際のラベルデザインのものを、そのまま使っているのだそうです。

カティサーク25年 初期ロット(2003年リリース)

カテゴリ:
昨日の白州シェリーテイスティングの後、 折角の休日だしもう1本いこうと、兼ねてから記事にしようと思っていたボトルを持ってきました。
クーラーの効いた部屋の中に置いておいたので、ほどよい温度になっています。 これならすぐにテイスティングしても大丈夫。夏は好きな季節ですが、 ボトルによってはこの一手間がかかるのがなぁ・・・。
秋を先取りな感じでシェリー系が続きますが、今回のボトルはまだ何とか手に入るシェリー系モルトウイスキーです。

 
CUTTY SARK 
Scots Whisky
Aged 25 Years
700ml 45.7%
2003's
評価:★★★★★★(6-7)(!)

香り:甘さと酸味を伴うシェリー香、ヒネ感、黒砂糖、ベリー、ブラックチェリー、ウッディネス。奥には微かに青っぽい植物。
最初はトゲトゲしさがあるが徐々に柔らかい麦芽風味に変わってくる。また、レーズンなどのダークフルーツのアロマも開く。今のシェリー香とは違う70年代以前の特徴を備えている。

味:コクのある甘いシェリー感。香ばしい麦芽風味、カカオチョコレートの苦味と甘さに、プルーン、ベリーを思わせる果実味とほのかな甘酸っぱさ。表面的には文句のつけようが無いオールドシェリー感だが、中間以降の広がりは少なく、荒さも少々感じる。 フィニッシュはドライで甘くほろ苦いカラメルソース、アーモンドの香ばしさ。スパイス、タンニンも少々。長く続く。


2003年のウイスキーマガジン主催"Best of The Best"、全ウイスキー部門の中で最高得点をたたき出したのが、このカティサーク25年初期ロットです。
25年以上熟成させたBB&R社秘蔵のモルトがふんだんに使われた1本。ノーマルなカティサークがライトなブレンデットなのに対し、
この25年はグレーン無しのバッテッドモルトで、 比べものにならないほどの芳醇さを持ったウイスキーに仕上がって います。
当時は60年代蒸留のリリースも珍しくなく、2000年前後にはリミテッドリリースとして長期熟成のカスクストレングスがバンバン出ていたモルトファン垂涎の時代。その中で実力か、はたまた見えない力が働いたのか、バルヴェニー1970やマッカラングランレゼルバなどの並み居る強豪※を抑えての最高得点ですから、否応なしに期待してしまいます。

カティサークのキーモルトは、グレンリベット、グレンロセス、マッカラン、ハイランドパーク、タムデューなど。
最初に飲んだ印象は「疑似オールドマッカラン」でした。
本家に比べ高まるほどではないですが、似ているフレーバーを拾う事が出来ます
約46%とオフィシャルの中では飲み応えのある度数に加え、2003年のリリースから逆算すれば原酒は1970年代蒸留確定。当然シェリー樽の質も今とは異なります。60年代、70年代のマッカランが文字通り桁違いの価格になってしまった今、このボトルの存在価値は凄いぞとテンションが上がりました。
ただ飲み進めて行くと違うキャラクターも感じられるようになってキーモルトであるロセスやリベット等のモルトをマッカランでまとめたような・・・例えるなら何種類かの餡を強引に生地で包んで仕上げた饅頭のような、繋ぎのない印象もあります。
芳醇なシェリー感の間から主張していくる違う個性。BB&Rのリベットで何度か感じたことがあるトゲトゲしさもあったりで、モルトのみだからこその難しさでしょうか。
評価の際にもその点が足を引っ張り、加点幅が落ちています。まぁこの力技感は嫌いじゃ無いですけど。
飲み方はやはりストレート、あるいは少量加水で。あまり冷やしすぎると甘さやコクが飛んでしまうので、秋口が一番美味しく飲めそう。まさにこれからが本番のボトルです。

カティサーク25年は不定期に販売されており、最近販売されたのはタム・オ・シャンター。
その前は紺色のラベルの25年。これらがどのような出来栄えかは飲んだことが無いのでわかりません。紺色のほうは持っているのでいずれ飲んでみたいと思います。
初期ロットの入手経路はオークション中心になるでしょうが(それでもあまり出品されませんが)、中華がふっかけなければ10k~15kくらいが落札ラインです。



※Best of The Best 2003の評価点上位10銘柄は以下
1位 Cutty Sark 25yo 45.7% Blended (Flight 4)
2位 Glenfiddich Rare 40yo 43.6% Speyside (Flight 6)
3位 Balblair 33yo 45.4% Other Mainland Malts (Flight 3)
4位 Balvenie Vintage Cask 1970 44.6% Speyside (Flight 6)
4位 Highland Park 18yo 43% Islands (Flight 5)
6位 The Macallan Gran Reserva 40%  Speyside (Flight 6)
7位 Sazerac Rye 18yo 45% Rye (Flight 8)
7位 Talisker 25yo 59.9% Islands (Flight 5)
9位 Hibiki 21yo 43% Japanese (Flight 1)
9位 Pappy Van Winkle Family Reserve 20yo 45.2% Bourbon (Flight 7)

参照:http://www.whisk-e.co.jp/mag/botb2.html

このページのトップヘ

見出し画像
×