カテゴリ

カテゴリ:オーヘントッシャン

オーヘントッシャン 12年 40% オフィシャル ブラインド

カテゴリ:
オーヘントッシャン12年
AUCHENTOSHAN
Aged 12 years
The Triple Distilled
700ml 40%

【ブラインドテイスティング】
地域:ローランド(オーヘントッシャン)
熟成年数:15年程度
度数:40%
熟成樽:シェリー樽を含む複数樽バッティング
暫定評価:★★★★(4ー5)

香り:ライ麦パンやアーモンドを思わせるやや酸を感じる樽香。使い古した油、微かに湿布のような薬っぽさ。奥から乾燥した植物っぽさ、エスニックスパイスを思わせる独特の癖。

味:軽い口当たり。パン、黒砂糖、若干の古酒っぽさを伴う甘み。サトウキビのような植物感、錠剤の薬のようなニュアンス。奥行きはあまりなく、すぐに余韻にある樽由来の苦味へと繋がる。
余韻はビター、チクチクとスパイシーな刺激が蓄積する。

使い古した油のような癖に、やや強めの樽感。その上で軽さが目立つ不思議なウイスキー。ローランドモルトだろうか。樽香は近年寄りで、昨年信濃屋からリリースされたOMCオーヘントッシャン2000と同じベクトルのアロマがあった。 


(今回のブラインドは、後述するウイスキーショップ・ドーノックの協力で実施。色の濃いほうがオーヘントッシャン。薄い方のコメントはまた後日。)

ローランドモルト伝統の3回蒸留を今に伝える蒸留所、オーヘントッシャン。
3回蒸留を行ったモルトの特徴は、香味成分がその分少なくなることに起因しての奥行きの軽さ、ツンとした刺激を伴う口当たりでしょうか。
今回のブラインド含め、これまで飲んできた3回蒸留のモルトには類似の点があるように感じます。
悩ましい出題でしたが、テイスティングの中でその要素に気がつけたのが今回の大きな収穫だったと思います。

ローランドモルト(3回蒸留)のルーツは、アイリッシュウイスキーにあると言われています。
ローランド地方はウイスキーが消費される都市圏にほど近い立地から、かつてウイスキーの一大産地としてブームを呼び、アイルランドやスコットランド全域から移民があった中で、アイリッシュの3回蒸留もまたローランド地域に持ち込まれたのだとか。 ただ、考えてみるとオーヘントッシャン以外で3回蒸留をしていたローズバンクやセントマグデランらは既に閉鎖。ボトルがリリースされる機会も少なくなってきました。

近年ではダフトミルなどの新しい蒸留所で3回蒸留が行われているようですが、オフィシャルボトルが一般に出回らない限り、ローランドモルト=3回蒸留とは言い難い状況です。
ではローランドらしさはどこにあるのか。「軽い味わいにある」なんて言い切ってしまうのも、ただ軽いだけならスペイサイドやハイランドの一部蒸留所も近年は軽さが目立っており、少々強引であるような気がします。
とすると蒸留所を取り巻く気候が影響もしての樽由来の香味や発酵への影響を考えるのが妥当か・・・テイスティングを通じてあーだこーだと考えてしまいました。


さて話は変わりますが、自分はブラインドテイスティング推進派です。
テイスティングスキルの向上はもとより、関連情報に左右されない素のウイスキー評価に繋げるため、積極的にブラインドを取り入れています。
ブラインドテイスティングは一人では出来ません。この点については行き着けのBARはもとより、ウイスキー仲間から現在進行形で多くの出題を頂いているわけですが、さらに「純粋なブラインドテイスティング」を行うため、酒販店にサンプルの選定をお願いしてみることにしました。

ドーノックブラインド

この依頼を引き受けてくださったのは、50mlの小瓶販売に特化したウイスキー販売店「ドーノック」。
「たくさんの人にウイスキーを楽しんでもらいたい」「ウイスキーファンを増やしたい」という考えから、昨年末に福井県にショップを立ち上げたばかりで、ショップページは徐々に内容を充実させているところだそうですが、既に様々なコンテンツが公開されており、見応えのあるサイトとなっています。

株式会社ドーノック

サンプルは写真の通り50ml。解答は糊付けで厳封された封筒に入って届くため、開封するまで判りません。 ボトルも1本1本シールで封止されていて、非常に丁寧な仕事です。(業界法の関係から背面に中身に関するラベルが貼られていますが、到着時に第三者に剥がして貰っています。)
通常商品の購入以外に、例えば何かのイベントやテイスティングスクールなどで使うアイテムの相談をすることも出来そうです。

今回は自分が参加しているウイスキーの勉強会、The Whisky Diversの中で有志を募って実施。第一回目ということで試験的に実施して見たところ、「出題者が見えない」このブラインドはことのほか面白く、良い刺激となりました。 
改善点等踏まえ、今後もテイスティングサンプルをお願いしていく予定です。

オーヘントッシャン 17年 (1997-2015) BARマッシュタン & 信濃屋 ボトリング

カテゴリ:

今回のボトルは11/6で11周年を迎える目黒の名店、BARマッシュタンの記念ボトルです。OMCから信濃屋さんとジョイントでボトリングしています。
マスターの鈴木さんが、味もさることながらコスパも重視して選んだという1本。紆余曲折、様々なご苦労あったとのことですが、近年オーヘントッシャンらしいローランド感のあるフルーティーさにオークフレーバーのマッチした1杯です。

OLD MALT CASK
AUCHENTOSHAN
Aged 17 Years
Distilled 1997
Bottled 2015
700ml 57.3%
Selected & bottled exclusively for
The MASH TUN TOKYO 
& SHINAOYA

暫定評価:★★★★★★(6)

香り:アルコール感と微かなケミカル香を伴うオーク香。少し粉っぽさもある。奥から熟したフルーツ、バニラ、ハーブ、微かに和紙のニュアンス。

味:華やかでオイリーだが粉っぽい舌触りも感じる口当たり。ドライパイナップル、バニラ、麦芽。オーク系のフレーバーが先に広がる。
鼻抜けに乾いたオーク材の華やかな香りと微かに紙っぽさ。後半から余韻にかけてローランドらしい熟したフルーツ感(洋梨や林檎)、ドライでスパイシー。

最初は樽の風味、そこからローランドらしいフルーティーさと2段階の広がりがある。
近年流通の多い1980年代後半から1990年代前半のリトルミルを試して違和感がないなら、このボトルも美味しくいただけるのではないでしょうか。

オーヘントッシャンのみならず、リトルミル等のローランドモルト、その近年モノは独特なフルーティーさを感じるボトルが多くあります。
自分は熟しすぎたフルーツ感、風邪薬シロップなんて言ったりしますが、フルーティーさで連想するスペイサイドやハイランドの王道的なそれとはキャラクターが異なる。どちらかと言えばアイリッシュ系であり、蒸留方法が影響しているのかなと感じるところです。
では1970年代や1960年代の蒸留はどうだったかというと、試した中では今ほどそうしたフルーツ感は・・・なんですよね。年代で考えればバーボン樽が普及し始める時期と重なるため、この違いがキャラクターに変化をもたらしたのではないかと感じています。

昨今、有名蒸留所の原酒枯渇が激しく、それほど人気ではないローランドであっても1990年代原酒の確保が困難という話。相次ぐ値上げの中で、飲み手だけではなく酒販業界全体が苦労を重ねています。
その時その時のクオリティに対する相場的な概念があるといっても、結局は安くて美味しいほうが良いんです。(かつては安くなってブランドイメージが崩壊し、ウイスキーブームが完全終焉した日本という国ではあるんですが。)
多くのユーザーが限りある資金をやりくりしているのですから、値上げ先行の今の市場、その影響が酒販業界に無い訳がありません。
さしたる競争もなく1万円台で1960~1970年代を確保できた時代は終わってしまった。
海外でのブームに押され、日本市場の優先度はどんどん下がっている。
その中で、惰性ではなく独自の工夫で価値創造を重ねられている関係者の方々には本当に頭が下がる思いです。

マッシュタンでは今回のオーヘントッシャン以外に、リンクウッド、スプリングバンクをダンカンテイラー経由でボトリングしてリリース。(こちらも相当苦労されたとか。)
どちらも近年モノとしては酒質、樽感ともレベルの高い出来栄え。コネクションがあるからこそ出来るリリースですね。
BARマッシュタン様、11周年、おめでとうございます。

オーヘントッシャン31年 (1965-1997) Cask#2500 オフィシャルボトリング

カテゴリ:
今年はラフロイグにアードベッグにと、 ビッグネームが創業200周年の記念の年でした。
そして来年はラガヴーリンが200周年を迎えるわけで、 今から記念ボトルが楽しみです。

これらビックネームの影で、時同じく200周年を迎えていた" らしい"蒸留所がオーヘントッシャン。
いまいち萌えない子のローランド筆頭だけに特段ニュースにもなら ず。4月頃に現地ローカルニュースが、 これまでの歩みを振り返っていたくらいでした。
ところがラベルやビンテージ等は公開されてないながら、 200周年が出る予定はあるようです。
オーヘントッシャンはローランドらしいクセがあるものの、 近年はフルーティーなモルトもリリースしてきている蒸留所です。 記念ボトルの産声を待ちつつ、 今夜の1杯はオーヘントッシャンを頂きます。

AUCHENTOSHAN
INDIVIDUAL CASK BOTTLING
Aged 31 years
Distilled 1965
Bottled 1997
Cask type: Hogshead
Cask No, 2500
750ml 48.3%


評価:★★★★★★(6)

香り:明確にバーボンを思わせる木の蜜のような甘い香り、ウッディネス、ハーブ、フレーバーの質はどっしりというよりも鋭い感じで、徐々に熟したバナナのクリーミーなアロマ。甘く独特の植物質な香りを含む、ローランドらしい香りである。加水すると麦芽系の柔らかく甘い香りが立ってくる。

味:ウッディーな口当たり、焦げた樽、チェリーのシロップ漬け、ピリピリとエッジのたった口当たり。
中間はあまり広がりが無くメープルシロップのような甘さ、紙っぽさ、ハーブ、フィニッシュはビターでウッディー。トーンの高い余韻が長く残る。
加水すると香り同様にキャラメルやナッツを思わせる甘みと苦味。少し刺激はあるが、加水無しに比べて断然飲みやすくバランスの良い味わいである。


オーヘントッシャンがディスティラリー・オブ・ザ・イヤーを受賞した記念に1997年にリリースされたうちの1本。ローランドモルト最高峰という呼び声もあるボトルで、他にも同ビンテージで何種類か樽違いがリリースされています。
仕様としてはオフィシャルのカスクストレングスで1960年代蒸留に長期熟成、なんとも価格高騰しそうな経歴ですが市場評価はそうでもなく。その他伝説的とあがめられる1960年代のモルトの中において、やはりいまいち萌えない子の位置づけは不動のようです。

香味の話をしますと、このボトルはトップノートで明らかにバーボンの香りがあります。樽の表記はホグスヘッドでこれだけバーボン感が出るということは、長期熟成バーボン払い出し後の1st fill バーボンホグスヘッドが使われたと見てで間違いないでしょう。常温ではバーボンの香りにローランドっぽいクセが混じって、いかにも通好みな構成となっていますが、温度を10度くらいまで下げるとローランドっぽさが引っ込んでバーボン感がはっきり感じられます。
個人的にこのバーボン系の香りは好きなので、冷蔵庫の野菜室で一度冷やしてから飲むようにしています。

加水するとカラメルやナッツ、麦芽系のフレーバーが出て来て滑らか、よりシルキーな飲み心地に。
ちょっと中間が薄くなる印象もありますが、これも中々悪くないですね。
飲み方としては好みで大きく左右されますが、ローランド感が好きな人はどうぞ常温ストレートで。
そうでなければ軽く冷やして飲む、あるいはロックで飲んでも良いかもしれません。


ご参考:オーヘントッシャン200周年記念ボトル
Auchentoshan 200th Anniversary, 57.5% abv
http://www.whiskyscores.com/whisky/12932/auchentoshan-200th-anniversary.html

ここから先は書籍等の受け売りになりますが、ローランドの伝統的な3回蒸留を行う蒸留所、オーヘントッシャン。その操業時期は1820年頃で詳しいコトはわかっていないそうです。
え、つまり1815年操業なのかどうかわからないのかよって思わず突っ込みたくなるのですが、メーカーサイトにもそう書いてある以上なんだか言ったモン勝ちな気がしてきました。
空襲でウイスキーが漏れて川に流れて動物が酔っ払ったというエピソードは、ウソかホントかウイスキー関連おもしろエピソードの一つ。
モリソンボウモア社に同蒸留所が買収されたのは1984年のこと。その後1994年にボウモア、グレンギリーと合わせてサントリーの所有となっています。

このページのトップヘ

見出し画像
×