カテゴリ

カテゴリ:ベンネヴィス

ベンネヴィス 10年 46% イギリス向けオフィシャル

カテゴリ:
BEN NEVIS
MACDONALD'S
Aged 10 years
Released in 2017
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:個人宅持ち寄り会
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:乳酸系の酸味を伴うケミカルなフルーティーさ。オレンジやキウイ、ハッカ、風邪薬シロップ。乾いた麦芽や土っぽいピーティーさも微かに感じられる。

味:コクのある口当たり。香ばしい麦芽風味と奥から広がるケミカルさはシロップの甘み、オレンジキャンディ、パイン飴、人工的なニュアンスを感じるフルーティーさ。少々荒さもある。
余韻は微かにピーティーで焦げたような苦味を伴う、ややベタつきのある長いフィニッシュ。

ボディはミディアム程度で香味にもらしさがある、飲みごたえのあるモルト。多少若さはあるが、バッティングで全体のの一要素としてまとまっている。少量加水するといくつかの要素がまとまり、マイルドな飲み口からケミカルなフルーティーさがさらに主体に感じられる。


お、なんか雰囲気のあるラベル、ひょっとしてベンネヴィスの限定リリース?
。。。って思うじゃん。
実は普通のオフィシャルスタンダード。イギリス、ヨーロッパなどでは現在日本で流通している43%仕様の10年ではなく、昨年ごろからこちらのバージョンに切り替わっています。

ボトルは以前余市や宮城峡、あるいは竹鶴などのニッカ製品に採用された、通常のトールボトルより少し背の低いずんぐりとしたタイプのもの。1990年代にニッカウヰスキーからリリースされたベンネヴィスの長期熟成リリースには、このデザインのボトルや似たラベルが使われていて、当時を知っている飲み手にすれば、レトロラベルのようで懐かしくも感じると思います。

(シングルモルト・ベンネヴィス10年。現時点の日本流通品だが、近い将来今回のボトルに切り替わるのだろうか。)

その中身は、43%仕様のオフィシャルボトルでは、シロップのような甘みとケミカルなフルーティーさを主体とした構成であるところ。
46%仕様はバーボン樽以外にシェリー樽などバランス寄りにバッティングされているのか、上述のフルーティーさだけではなく、麦芽風味や余韻にかけてのピーティーさ、多少若さに通じる乳酸感など、いくつものフレーバーが混ざり合っている。多彩というか、複雑でボディに適度な厚みもある印象を受けました。

この多彩さが、43%仕様にあるフルーティーさの浮ついた印象を抑え、全体のバランス向上にも貢献しているようです。今のリリースもそれはそれで悪くなかったですが、新しいロットの飲みごたえもなかなか。ラベルチェンジすると味が落ちるという、業界のお約束に逆行する作りとも言えます。
価格的にもそれほど高価でないことから、日本入りが待ち遠しい1本となりました。来年くらいに入りませんかねぇ。。。(チラッ

ベンネヴィス 10年 43% ニッカウイスキー正規品

カテゴリ:
IMG_4581
BENNEVIS
Highland Single Malt Whisky
Aged 10 Years
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★(5)

香り:癖のある乳酸系の酸味を伴う香り立ち。ワクシーな麦芽香、あわせてケミカルでレモングラスやライチグミのような華やかなフルーティーさ。つんとしたアルコール感が徐々に鼻につく。

味:生焼けのホットケーキのような粉っぽさを感じる口当たり。麦芽風味とレモンキャンディー、ケミカルな風邪薬シロップ。ボディは柔らかくミディアム程度だが蓄積してくる。
徐々に紙っぽさが余韻にかけて開き、軽くドライでスパイシー、柑橘の綿のようなほろ苦さ、微かピートが続く。

特徴的なニュアンスのあるモルトだが、その個性たるフルーティーさは特筆すべき要素がある。特にボトラーズリリースに見られる構成がオフィシャル10年で楽しめるのはポイント。ロックすると氷に負けて薄くなってしまう。加水もそこまで開く印象は無く、ストレートで。


先日仲間内で美味しくなったと話題になった、ベンネヴィスの至って普通なオフィシャルボトル。
集まりで使うブラインドテイスティング用にと購入し、自分でも味見してみました。確かに記憶にあるそれと比較して、良いキャラクターが感じやすい構成だと感じます。
ブラインドでは、普段飲みのウイスキーとして好印象な声も聞こえる結果でした。

ベンネヴィスのボトラーズには、ケミカル傾向で特徴的なフルーティーさが備わっているボトルが多く、それが魅力の一つとして一定の人気があるところ。
ではこのオフィシャルはというと、以前(といっても5年くらい前に)飲んだ記憶ではもっともっさりして、そうしたフルーティーさよりは、若くて特徴の乏しい麦芽風味、ハイランドモルトという印象でした。
それが最近のボトルでは、若さからくる乳酸っぽさや加水ゆえもっさりした感じは抜けきれていないものの、確かにボトラーズのベンネヴィスに通じる華やかでケミカルなフルーティーさがあります。単に自分のテイスティング能力が向上しただけかもしれませんが、こういう変化は喜ばしいですね。
海外向けにはオフィシャル10年の46%仕様などリリースされてるようですし、15年や21年などもう少しラインナップを拡充して欲しくもあります。

(ベンネヴィス蒸留所外観。背後にはベンネヴィス山が広がる。1986年に蒸留を休止したが1989年にニッカウイスキーが買収。稼働を再開した。 Photo by K67)

ベンネヴィスは基本的には"ブレンド用の原酒供給を主とした蒸留所"です。
ニッカウイスキー傘下となるその前後含め、様々なブレンデッドに原酒を提供してきました。
その現在の提供先には、当然ニッカウイスキーも含まれているようで、真偽のほどは定かではないものの、Malt whisky year book にはブレンド用のニュースピリッツを日本に輸出しているという情報も書かれています。
美味しいウイスキーが作れるなら、国の枠を気にする必要はないと思いますが。。。この点についてはもはや理屈ではなく、生理的な何か。せめて議論と枠組みの整理が進んで欲しいです。

ベンネヴィス 17年 1996年蒸留 2014年ボトリング ネクター

カテゴリ:

BEN NEVIS 
The Nectar of the Daily Drams 
Aged 17 Years 
Distilled 1996 
Bottled 2014 
Cask type Hogshead 
700ml 49.3% 
暫定評価:★★★★★★(6) 
 
香り:青みがかった植物感を感じる、オイリーでハイトーンな香り立ち。草っぽさ、ハーブ、ドライパイナップル、若干のケミカルさのあるフルーティーさ。

味:ケーキシロップのような甘さとケミカルなフルーティーさ、お菓子のパイナップルキャンディ、青パパイヤ、植物のえぐみと紙っぽさを伴う。ボディはミディアムからライト、後半の変化もある。
余韻はスパイシーで微かなピーティーさ。紙っぽさとアイリッシュトロピカル、華やかで長く続く。


先日、ウイスキー仲間主催のイベントでのテイスティング。
フルーティー系の構成で、ドイツのボトラーらしいというか、ベンネヴィスらしいというか、いろんな意味でスペック通りの味わい、これが好みと言う方にとっては期待を裏切らない味わいだと思います。
 
ここ数年各ボトラーからリリースがあり、一気に日の目を見た感のあるベンネヴィス。
そのスタイルはこのボトルにも表れており、ライトで植物感や紙っぽさも感じる、アイリッシュにも共通するようなフルーティーフレーバー。ボトルによっては露骨なケミカル感を感じるものもありますね。
自分はこの手のフレーバーをそこまで好んでいないので、率先して飲むことはないのですが、それでもここの所飲む機会を頂くことが多く、そのたびに「あぁ、ベンネヴィスだな。」と思うわけです。
 
ベンネヴィスを所有するニッカからは加水10年モノしかリリースされていませんが、こちらは若さが強いものの、最近リリースされているボトラーズのベンネヴィスと同じベクトルにある酒質を感じます。

ベンネヴィス 46年 1966年蒸留 2013年ボトリング オールドモルトカスク

カテゴリ:


OLD MALT CASK 
BEN NEVIS 
Aged 46 years 
Distilled 1966 
Bottled 2013 
Charged from a Refill hogshead 
700ml 43% 
暫定評価:★★★★★(5)

香り:青みがかったフルーティーさと和紙のようなクセを伴う香り立ち。ドライパイナップル、乾いた草、徐々にドライなピーティーさ。マイルドで熟成期間を感じる落ち着きがある。

味:口当たりは滑らかで個性的なフレーバー。干しわらと乾いた木、ガムシロップ。草っぽさを思わせるフレーバーは中間から後半にかけて広がってくる。甘さはやや単調。
フィニッシュはオーキーで華やか、若干スパイシー。ハイランド系のピートを伴う。

ダグラスレインのオールドモルトカスク(OMC)シリーズ、そのラストボトルとなったのがこのベンネヴィスです。
これより前から1年に1本くらいのペースで、大掃除したら忘れてた樽が出てきたんじゃねーのくらいに無駄に長熟なボトルは出ていましたが、丁度ベンネヴィスのリリースが増えだしたころとはいえ、度数落ちのこれが出てきたのには、本当に長熟原酒が無いんだなと感じたのを覚えています。

味わいはいい意味でも悪い意味でもベンネヴィスらしさがあり、40年を超える長期熟成とはいえ苦手意識を持つ人はとことんダメなボトルだと思います。
かつてニッカからリリースされた1960年代のベンネヴィスも飲みましたが、やはり同じくクセのある味わい。(美味いヤツは激ウマらしいですが。)

ちなみにベンネヴィスは1978年に一度操業を休止しており、その後休止と稼働を繰り返しながら1989年にニッカに買収される。このボトルの原酒はその休止前のモノとなります。
最近の原酒はフルーティーだとする評価もありますが、本質的なところは変わっていないと思います。つい最近オフィシャルの10年も飲む機会がありましたが、やはり何とも個性的。
この蒸留所ってのは今も昔も独特の草っぽさがある、個性的な蒸留所なんだなと感じる1本でした。

ベンネヴィス18年 (1996-2015) ウィスキーエージェンシー & THE NECTAR

カテゴリ:
昨日に引き続き、 今日もスコッチモルトの2015年リリース品です。
最近国内流通の多いベンネヴィス、 前回記事にしたアランビック向けはあまり心に響きませんでしたが 、今回は割と好みなボトルでした。アランビックも改めて飲み直したいですね。
このボトルはウイスキー仲間のYさんから頂き(強奪し)ました。 いつもありがとうございます!!

THE WHISKY AGENCY  & THE NECTAR
BEN NEVIS
Aged 18 years
Distilled 1996
Bottled 2015
Matured in a Refill hogshead
700ml 52.7%

評価:★★★★★★(6)

香り:青さを伴うケミカルなフルーティーさ。サトウキビ、パイナップル、ハーブの爽やかなアロマ。
味以上に鼻腔に刺激を感じるが、度数相応でもある。少量加水すると香りのなじみがよくなり、ケミカル系のフレーバーや刺激が和らぐ。また、蜂蜜レモン、麦芽を思わせるアロマも開く。

味:青みがあるパパイヤや、ケミカルでパイナップルのようなフルーティーさと麦芽風味。
口当たりはとろりとした粘性があり、テクスチャーは比較的丸みを帯びている。後半は微かなスパイスも伴う。
フルーティーさはピートに代わり、ミネラル、灰、乾燥した牧草を思わせるほろ苦さ。
フィニッシュはスモーキーでピーティー、序盤のケミカルフルーティーさの名残を伴う長い余韻。
加水すると青みが軽減され、代わりにケミカルなフルーティーさが前に出てくる。


ベンネヴィス蒸留所はここ数年90年代蒸留のリリースが多い蒸留所の一つ。
安定した旨さで人気があるため、インポーター経由で国内への輸入も多いですね。
不安定な稼働状況が続いた1980年代を経て1989年にニッカウヰスキーが取得。90年代のリリースが増えてきたのは、ニッカ傘下に入った後の生産が安定しており原酒買い付けに応じているからでしょう。
他方でニッカウイスキー(アサヒビール)所有蒸留所の割に、シングルモルトの定番商品は10年のみという少なさ。
2000年頃には21年もあったようですが、確かあればブレンデットだったような・・・。
オフィシャル定番品をリリースするにはある程度の原酒の量と幅が必要ですが、余市や宮城峡のラインナップが絞られた今こそ、15年や18年を限定品ではなく通常販売品として出しても良いんじゃ・・・とも思います。

ベンネヴィスのキャラクター・・・は語れるほど飲んではいません。すいません。
今まで飲んだ中でイメージとしてあるのは、60年代や70年代、そして90年代蒸留に共通するのは紙っぽさ、草っぽさ、そしてフルーティー。90年代はケミカル系のニュアンスを伴う、ともすれば作為的とも思えるほどのフルーツ感があるボトルも。このフルーティーさはハマってしまう人もいると思います。
またボトルによってピートの有無がはっきりしており、これはあるなと思うボトルもあれば、あまり気にならないボトルもあります。
今回のボトルはピーティーな部類で、中間以降に出てくるピートが良い仕事をして、分離してしまいそうなほどのフルティーさをしっかりと押さえつけています。

アイラにありがちな俺俺俺と主張してくるピートではなく、ハイランド系のじんわりと染みこむようなピートが好物な自分は、この手のピーティーなモルトは歓迎です。


このページのトップヘ

見出し画像
×