カテゴリ

カテゴリ:ベンリアック

ベンリアック 36年 1975-2012 東京バーショー限定ボトル

カテゴリ:

BENRIACH
Tokyo International Bar Show
Aged 36 Years
Distilled 1975
Bottled 2012
Cask type Hogshead #7228
55.5% 700ml

グラス:シュピゲラウ グランドテイスティング
量:30ml程度
場所:個人宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:淡いオーク香主体の香り立ち。最初は草っぽさとケミカルなニュアンス、徐々に桃缶シロップを思わせる甘み、さらに時間経過で所謂トロピカルフレーバーが開いてくる。

味:口当たりは高度数らしくハイトーンでオーキーな華やかさと甘み。りんごのコンポート、白桃を思わせるフルーティーさが開いてきて、ハーブ、樽材由来の苦味が後に続く。
余韻はスパイシー、香り同様若干のケミカルさ、乾燥した麦芽と華やかなフルーティーさが長く残る。

お久しぶりな東京バーショー向けベンリアック1975。
ウイスキー仲間主催のホームパーティーでのテイスティング。S兄さんの持ち込み。2012年のリリースではナンバーワン候補という声もあるボトルです。
当時の自分は「ベンリアックらしいフルーティーさのあるボトルだけど、浮ついた印象もある」という評価。改めて今飲んでみると、当時浮ついた要因として感じられた、ケミカル系のフレーバーが思いのほか強く感じられるものの、やはりらしいフルーティーさが主体的で、ベンリアック好きが好む白っぽい桃系のフルーツ感が印象的でした。

2012年を思い返せば76トマーティンが最後の輝きとばかりにいくつかリリースされ、それ以外にもベンリアック、グレンドロナックなど、今や遠く彼方に旅立ってしまった銘柄はまだ手の届く範囲にありました。
GMもロングモーンやストラスアイラの30年をリリースしてましたし、某所にはケルティックのロングモーンが在庫として残っていた。長期熟成モルトが比較的手軽に手に入る最後の時期だったようにも思います。
2016年の今、このボトルが2012年のナンバーワンであるか、それを比較する理由もないので断定はしませんが、昔懐かしいベンリアックの姿であることは間違いありません。

1970年代のベンリアックに共通する傾向として、グラスに置いてから香りが開くまで時間がかかるように思います。それこそ1時間とか置いておくとすごいことになる。
もしこのボトルをBARで飲むときは、開栓時期も確認された上で、直近の場合はグラスの中で別な1杯を飲む間くらい待たせておいても良いかもしれません。

ベンリアック 24年 1984-2009 リミテッドリリース #1048

カテゴリ:
BENRIACH
Aged 24 Years
Distilled 1984
Bottled 2009
Cask type Pedro Ximinez Sherry #1048
700ml 49.2%

グラス:SK2
量:所有ボトル(頂き物)
場所:自宅
時期:不明
評価:★★★★★★ (6)

香り:穏やかな甘さとピーティーで焦げたようなスモーキーさのある香り立ち。柑橘系のニュアンスも感じられるピーティーさで、スワリングしているとチョコレートの甘さとカカオの苦味、薬草、レーズンの果実味も感じられる。

味:ねっとりとした甘い口当たり。強いピーティーさ、微炭酸を思わせるスパイス。鼻に抜けるスモーキーさと油絵の具のようなニュアンス。
余韻はピーティーでアーシー。グレープフルーツ、粘性がありほろ苦く長い。
香味全体を通してピートはアンバランスなほど強く、個性的だがもう一つ全体を整える要素が欲しい。


ベンリアックから数多くリリースされているオフィシャルリミテッドエディション。今回はバースデービンテージでもある1984年蒸留、ペドロヒメネスシェリー樽熟成です。
ペドロヒメネスらしく甘口で濃厚なシェリー感ですが、生木っぽいえぐみなど変に嫌味な部分は無く、中々良い濃厚シェリー。そしてそのシェリーを突き破るほどの強いピーティーさが特徴。評価は★5か6で悩みましたが。。。ここはポジティブにいきます。
これだけリッチなシェリー感とピートスモークですから、葉巻とも相性は良さそうです。

ベンリアックのピートフレーバーは、先日記事にしたオーセンティクス21年同様に、ライチやグレープフルーツ系の爽やかな果実の香気を伴うように感じます。
1970年代後半、特に1980年代に入るとベンリアックは積極的にこうしたピーテッドモルトを仕込んでおり、今でこそピートフレーバーのブームがあってヘビーピートモルトの需要は増えていますが、当時は冬の時代真っ只中。なぜあえてピーテッドだったのか、仕込んだ理由が気になります。

今回のボトルは先日のイベントで残ったボトル、Kさんからの頂き物。 
本当に頂いてよかったのだろうか。。。とりあえず有難くテイスティングさせていただきます。

ベンリアック 36年 1976年蒸留 2013年ボトリング ウイスキーフェア #731

カテゴリ:
BENRIACH 
Aged 36 Years 
Distilled 1976 
Bottled 2013 
Bottle No, 1 of 195 
Cask type Sherry Hogshead #731 
Selected for The Whisky Fair 
700ml 49.3% 
 
グラス:グレンケアン
量:30ml程度+小瓶
場所:BAR(個人イベント)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:しっかりと濃さがあるが、嫌味の少ないシェリーとオーク香。甘栗、ドライアプリコット、桃缶。乾燥させた麦芽、ママレードジャムのような上品な苦味。多層的なフルーティーさがシェリーとマッチして高貴な印象。

味:スパイシーでウッディー、強めのオーク感とともに口の中に広がるフルーティーさ。黄桃の缶詰、レモンピールの砂糖漬け、徐々に濃い目の紅茶を思わせるタンニンとフルーツの皮のほろ苦さ。ほのかに土っぽさとケミカルなニュアンスもある。
余韻は樽由来の苦味とスパイスの名残り、トロピカルなフレーバーを感じた後であっさりと消えていく。

 
ドイツウイスキーフェア向けのベンリアック。日本への流通もあったウイスキーエージェンシーの1976が同じスペックですが、エージェンシーの方がシェリー感が濃く、今回のボトルの方がバランスが良い印象です。
1976年蒸留あたりまでのベンリアックは、バーボン樽だろうがシェリー樽だろうが、樽の風味の裏側から広がる華やかでフルーティーな香味が特徴的。桃やトロピカルフレーバーとも例えられるそのフルーツ感は、昨今樽感主体のモルトが多い中で、「あぁこういうのってホント少なくなったな」と懐かしい気持ちになります。
 
今回のボトルはトップでシェリー香を感じ、そこからフルーティー、ほろ苦い香味へと繋がっていく、旨いモルトに仕上がっています。特に味の中間では、黄桃の缶詰を思わせる甘さと品の良い香味が開いたと思うと、葡萄の皮のような苦味がそれを引き締めていきます。

味とは関係ないものの、こと今回のボトルで注目すべきはそのボトリングナンバー。
「これ、開けて良かったんですか」と思わず2度見した1番ボトル。今まで数多くのウイスキーを飲んできましたが、1番を飲んだのははじめてです。
通常この手のボトリングナンバー1はボトリング関係者が持つもので、なぜここに流れてきたのか、中身以上に気になってしまいました。
 
本ボトルはウイスキー仲間のS兄さんのイベントにて頂きました。奥さんと一緒にどうぞと頂いた小瓶分を先日テイスティングしたので、コメントを残させていただきます!


ベンリアック21年 オーセンティクス ピーテッドモルト

カテゴリ:

様々な飲み手のご好意に甘えっぱなし、サンプルテイスティングのコーナー(笑)。
貴重な手持ちボトルを分けていただく代わりに、くりりんがブラインドテイスティングで真剣に悩む。
時に珍回答でネタ(まれに伝説)を提供する。
ブラインドテイスティングって、解答する側も楽しいんですが、出す側もまた楽しいんですよね。

今回は引き続きHP氏から頂いたサンプル、残すところ後2種類です。
ここまでのブラインドはそこそこ当てているため、「くりりんなかなかやるやないけ」と思った人が居たら、それは宝くじに当たったようなモノで、たまたまです。今回はなかなかやらかしました(笑)

BENRIACH
Aged 21 years
AUTHENTICUS
Peated malt
46% 700ml
12016233_878445172225878_538668912_o

【ブラインドテイスティング回答】
蒸留時期:1980年代(おそらくは後期)
熟成年数:15年
度数:43~46%
樽:バーボンホグスヘッドかあるいはバッティング
地域:アイラ
蒸留所:ラフロイグ

評価:★★★★★★(6)

香り:焦げた木や土の香りを思わせる強いピートフレーバー。奥から麦芽、アーモンド、バニラの甘さや柑橘系のアロマ。アルコール感由来か、メンソールのスーッとする香りもある。

味:口当たりは少々粘性があり、ナッツを思わせる香ばしさ、噛み応えのある麦芽風味、徐々にスパイス。
口の中で転がすと、強いピーティーさの裏に熟成されたモルトの旨み、ライチや果実感が見え隠れし、ピート一辺倒なモルトにならない良い意味での複雑さを与えている。
フィニッシュはクラッカーの香ばしさと強いピーティーさ、煙が長くとどまるビターな余韻。バニラの甘い香りと焦げた木のスモーキーさが鼻に抜ける。

ベンリアックがリリースするピーテッドモルト。
現行品では25年がリリースされていますが、その旧ボトルにあたる21年です。
リリース時期から逆算すると、原酒は1980年代。オーセンティックの由来のとおり、古き時代、100年前のピートが大量に炊かれていた時代のウイスキーを再現したモノなのだとか。
熟成されたベンリアックらしいスムーズな酒質に強力なピーティーさが乗っかって、個人的には結構好みですが飲み手を選びそうな印象もあります。
調べてみると値段も手ごろだし1本ほしいなと思ったのですが、ネットショップ上には既に在庫はなく。
そりゃそうですよね~25年高すぎですし(汗)。これならハイボールで飲んでも美味しそうです。


さて、それでは今回のブラインドの回答を上から見ていきましょう。
蒸留時期。良いですね、バッチリです。
熟成年数。ちょっと外しましたが、致命的というほどではないですね。
度数。これはOKでしょう。
樽。明記はありませんが、蒸留時期的にもこんな感じじゃないでしょうか。
地域及び蒸留所。なんだこれはwwww

女々しくもいい訳させていただくと、バニラ系の風味にピートフレーバーと、結構ラフっぽい香味です。
しかし、そこにひっぱられてヨード等のアイラ要素の無さを無視してアイラに着地。改めて飲みなおしてみると、アイラモルトとしてはどこかパーツの足りない印象を受けます。
ラフロイグっぽい味わいのモルトはアンノックやエドラダワーのピーテッドにあるのですが、ここにもあったとは。。。完全にノーマークでした。

テイスティングは舌と鼻が撮影した写真を、脳が認識する作業だと思うのですが、撮影された写真のどこにピントが合っているかによって、脳の認識が変わってくる。結果今回のようにヘビーピートのスペイサイドをアイラを認識することもある。
今回はまさにその典型的な例。やらかしはしましたが、良い勉強になりました!


※お知らせ※
気が付けば更新待ちのサンプルが長蛇の列を作っております。中には1ヶ月待ちのボトルも・・・。
HP氏のサンプルも、連休に入ったり帰省と被ったりで、だいぶお時間頂いてしまいました。
皆様ありがとうございます。漫画家のファンレターじゃありませんが、1本1本ちゃんと飲んでおりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ベンリアック 20年 (1994-2015) サロン・ド・シマジ ボトリング

カテゴリ:

先日信濃屋さんのニューリリースを記事にしましたが、1本記事化を忘れていたボトルを思い出しました。
これもまた発売前に試飲して、中々面白いなと思っていた1本。クセの無い香味は好感が持てます。
実は飲んだ当初は「シェリー系なのに生木っぽさがなくて悪くない」的なコメントをつぶやいていました。しかし樽がそもそもシェリーじゃなかった・・・なんてオチまでついたボトルでした。

BENRIACH
Limited release
Aged 20 years
Distilled 1994
Bottled 2015
Cask type: Port hogshead #1702
700ml 54.9%
For Salon de SHIMAJI
Pen × Shinanoya

暫定評価:★★★★★★(6)

香り:かりんとうやプルーン、紅茶、乾いた木の香りを伴う甘いアロマ。
えぐみは少ないがアタックは強く、少々単調気味。時間を置くとバニラ、
加水すると煮たリンゴのような香味も出てくる。

味:香り同様に甘くパワフルな口当たり、レーズンやドライアプリコット、色の濃い蜂蜜。
中間はウッディーだが原酒由来の個性は乏しい。徐々にタンニンが顔を出してくる。
フィニッシュは鼻に抜ける甘い木の香りを伴い、ドライでビターな余韻が長く続く。


ウイスキー業界で注目度が上がっている、プレイボーイ初代編集長の島地氏がプロデュースしたプライベートボトルの1本。
良く言えば素直な酒質、悪く言えば中間の変化に乏しい。1980年代以降の典型的なベンリアックの酒質。そこにポートホグスヘッドでの熟成で、シェリー樽熟成に近い香味が加わっています。また、近年のシェリー樽にありがちな生木のようなクセはなく、良くまとまっている。そんな1本に仕上がっています。

ポートワインとシェリーは同じ酒精強化ワインですが、産地の違い以外に、大きな違いとしては葡萄品種と熟成方法があります。
ざっくり書きますと、シェリーが白葡萄、熟成方法はソレラシステムを採用して長期間樽を使うのに対し、ポートは白葡萄も黒葡萄も使う、熟成方法は単一樽での熟成・・・でした。
過去形なのは、シェリー樽はソレラからの払い出しが使われていたため、ここが大きな違いだったため。ところがご存じのように最近はソレラからの払い出しではなくウイスキー用に作られた樽に、疑似シェリー溶液を満たしてシーズニングの行程が一般的です。
とすれば近い味の酒精強化ワインでポートワインであっても、今のウイスキー用シェリー樽と行程が大差無いというか、むしろより高品質な樽が見込める可能性もあります。
シェリー樽確保動きは何十年も前からあった話で、今こうしてリリースが出ているということはメーカー側もばっちり動いた結果だと思いますが、樽のノウハウ、研究が進み、さらに洗練されたリリースが増えてくれれば面白いなと思います。


プライベートボトルは、飲み手にとって一つの夢といっても過言ではありません。
自分で選んだ樽がボトリングされ、名前の入ったラベルが貼られる。
かつて好意により背面ラベルに名前を入れて頂いた事はありましたが、イチから行程に関わったことはありません。
某社にお願いしてボトリング可能銘柄のリストを取り寄せた事はありましたが、その内訳は大変厳しいもの。
それがこうしてファークラスにインペリアルにマルスにと、素晴らしいリリースがぽんぽん出てくる。やっぱりその人の力がモロに出ますね。素直に憧れます。
島地氏は今年の夏、スコットランドに渡り更なるシリーズ用の原酒を探ってくるということですから、このシリーズの今後も非常に楽しみです。

このページのトップヘ

見出し画像
×