カテゴリ

カテゴリ:ベンリアック

ベンリアック 12年 シェリーウッド ついに終売へ

カテゴリ:
シングルモルトウイスキーの入門者向けとして、あるいは愛好者のデイリーユースとして親しまれてきた「ベンリアック12年シェリーウッド」が、メーカー生産終了に伴い、国内在庫限りで終売となるという知らせが先日届きました。

BENRIACH
Aged 12 Years
Matured in Sherry Wood
46% 700ml

【テイスティングノート】
ややドライでウッディーなニュアンスがあるが、スワリングしているとホットケーキシロップのような甘い香りに微かにレーズンを思わせる酸味が混じってくる。口に含むとキャラメルやカステラを思わせる甘み、ドライプルーン。ボディはやや軽めだが、度数があるので安定している。余韻は序盤の甘みに適度にウッディーな渋みを伴いゆっくりと消えていく。


ベンリアック蒸留所を買収したビリー・ウォーカー氏によるブランド一新の流れの中、シェリー樽100%の同銘柄が発売されたのは2009年のこと。
当時オフィシャルの同価格帯でシェリー系と言えばマッカラン、そしてグレンファークラスの12年。味が落ちたと評されて久しい両銘柄の"ポスト"として、時に比較されながら、らしい甘みとウッディーな香味で「コスパの良いシェリー系ウイスキー」の地位を確立していきました。

その後、2014年頃のラベルチェンジで、シェリー樽由来の甘みがドライでスパイシーな傾向に変化こそしましたが、それでも「初めに飲むならこの1本」と、オススメボトルの一つに挙げる愛好家も多かったと認識しています。
そんな人気ブランドが終売となる背景には、昨年の売却で経営母体が変わったことによる方針変更、あるいはシェリー樽の高騰・不足が顕著ということなのでしょうか。。。
まさに惜しまれつつ引退する名選手となってしまうわけですが、事実は受け止めるしかありません。この記事では今後愛好家が求める"ポスト・ベンリアック12年シェリーウッド"の候補となるボトルをいくつか書き出して、結びとします。 

まず同系列のグレンドロナック12年。ペドロヒメネス樽を使っている関係か、甘みが強く少し椎茸っぽいニュアンスが混じるようにも感じますが、紹介するまでも無く鉄板です。
後はシェリー樽100%ではないものの良い仕事をしているダルモア12年、飲みごたえは少し緩いですがシェリー樽の香味が豊富なアベラワー12年、タムデュー10年がその次点に続く。
また、ベンリアックのポストというには多少癖がありますが、クリーミーさが魅力のエドラダワー10年も悪くない。ブレンデッドではネイキッドグラウス12年もオススメです。

もし上記のボトルの経験が無いという方は、ベンリアックの在庫を買い求める以外に新しい発見のきっかけとして、色々試して見る良い機会ではないかと思います。


ベンリアック 40年 1975-2016 ピーテッド 53% #7028

カテゴリ:
IMG_1407
BENRIACH
Limited 1975 Release
Peated
Aged 40 Years
Distilled 1975/12 
Bottled 2016/06 
Cask type Sherry Butt #7028 
700ml 53%

グラス:テイスティンググラス(名称不明)
量:30ml以上
場所:BAR飲み(個人持参ボトル)
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★★(7ー8)

ベンリアックのピーテッドモルトのシェリーカスク。今年5月に突如起こったブラウンフォーマン社によるグループ買収劇の後、時期的には新しい体制のベンリアックからリリースされた1975ビンテージです。
近年の60-70年代蒸留ベンリアックの高騰からすれば、470ポンドという価格は良心的にも思えてしまう値付け。気になっていたボトルでもありました。

この頃のベンリアックは桃やトロピカルフルーツにも例えられるフルーティーさが特徴で、それが当時のシェリー樽との組み合わせとあっては、期待せざるを得ません。
ただ、いかにシェリーバットと言っても40年の熟成でカスクストレングス511本のボトリングはエンジェルズシェアが130リットルしか発生していないことになり(ドロナックの700本よりはマシですが)、これは原酒の継ぎ足しというか、カスクマネジメント、所謂ビリーの遺産なのかなあとも。

そんなボトルを、持ち主S兄さんのご好意で口開けだけでなく、開封後1週間強経過した時点の2度、テイスティングの機会を頂きました。
その変化の大きさは驚きの一言。最初は内陸系のピーティーさが強く、無骨とも言えるようなビターな樽感もあって、フルーティーさは奥の方に潜んでしまっている状況で、初見はブラインドで出されたのですが、ジャパニーズかと思ってしまったほどです。
それがグラスの中で徐々に開いていき、30分〜1時間くらいでフルーティーさが明確に拾えるくらいになってきました。

そして1週間後の再会、もう待つまでもなく注ぎ立てからまるで濃く入れたピーチティーを思わせるフレーバーが全開で、口開けに主張していたピートがもはや隠し味レベル。
シェリー感はやや作為的な感じはあるものの、煮込んだダークフルーツ、イチジクやリンゴのカラメル煮を思わせるフルーティーかつ濃厚な甘さは、近年のそれとは全く違う系統で、口の中でとろりととろけるような美味しさ。
そこに1975ビンテージのベンリアックらしい桃や少しケミカルなフルーティーさが広がり、最後はほどよくタンニンが渋みと苦味で口の中をキュッと引き締めています。

IMG_1410
さて、不快に思う方も居るかもしれませんが・・・今回はこのボトルで狂気の挑戦、ブレンデッドモルト作りをしました。
以前スパニッシュオークバリバリの特濃ロングモーンを記事にした際、これはブレンデッドのベースにすると輝くとは確かに書きましたが、それらの持ち主だったS兄さんが「だったらクイーンアン作ろうゼ」と、ベンリアック1975、そして信濃屋さんがリリースした1976を持って宣言。(クイーンアンはベンリアックとロングモーンをキーモルトとしたブレンデッドウイスキー。)

やってみると長熟原酒だけでは案外まとまらず、バランスをとるには個性の強い若い原酒も必要だということなど、勉強になることも多々ありました。
っていうかベンリアックの個性が強すぎて、入れすぎると最後はただのベンリアック味になるし、一番まとまりが良かったのはオード28年を加えた時だったという。

この経験、何処で生きるかはわかりませんが、ブレンドは作ってみて初めてわかることもあるので、貴重な経験に感謝です。
このレシピはクイーンアンピュアモルト改め、クリリンアンとしたいと思います(笑)

ベンリアック 16年 1997-2014 バーボンバレル #85105 ブラインド

カテゴリ:
 
BENRIACH
Aged 16 Years
Distilled 1997
Bottled 2014
Cask type Bourabon Barrel #85105
53.3% 700ml

【ブラインドテイスティング(TWDルール)】
蒸留地域:スペイサイド
熟成年数:20年程度
度数:55%程度
樽:バーボンホグスヘッド

グラス:創吉テイスティング
量:30ml程度
場所:BAR飲み(TWD)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:オーキーでツンとした香り立ちにバニラやおしろいの甘さ、麦芽香。ドライアップルや蜂蜜のような甘い香りも出てくる。加水するとドライパイナップルや洋梨を思わせるフルーティーさ。グラスの残り香はライチを思わせる品の良い甘さでもある。

味:香り同様にオーキーで蜂蜜を思わせる甘さ、少し粉っぽい口当たりでもある。中間はドライアップル、麦芽、、余韻は桃缶のシロップのような甘み、ほのかにミント、ハイトーンでスパイシーな余韻。
加水するとクリーミーな口当たりにビスケットのような甘さが強く感じられる。


素直な熟成感のバーボン樽熟成ウイスキー。というのがこのモルトのファーストインプレッション。
まず酒質に変な癖が無くライト。バーボン樽由来の華やかなオーキーさに素直に溶け込んでいる感じで、度数と合わさってツンとした香り立ちでもあります。あまり女性に例えることはしないのですが、あえて言うなら少しきつめな顔立ちの美人さん。
なんか近寄りがたいなーと思いながら飲んでみると、思いのほか味わいは柔らかく、麦芽由来の素朴さもあり、少量加水するとさらに距離を縮めることが出来るのです。
これは突き抜けてはいませんが、良いバランスのモルトだと思います。

今回はブラインドですので、樽以外にも地域や熟成年数も探っていかねばなりません。
この際いやらしいのが、スペイサイドやハイランドで癖の少ない蒸留所は、どこでもこういうタイプのウイスキーを作れそうだという事。特段強い個性がないため、自分クラスの能力では、消去法での絞り込みしかできないのが歯がゆいところです。
蒸留所を絞るとなると、この手のボディが軽く、華やかな酒質は近年のベンリアックが筆頭候補。ボトラーズも含めると相当数ヒットします。

樽感だけなら20年くらいのホグスで、ツンとした印象から度数は少し高めかなと思ってしまったのですが、ボトルを見た後ではバーボンバレルで熟成期間少し短めという可能性もあったなと。結局予想はそこまで外れてなかったのですが、樽と熟成年数の読み違えは今後の課題として、組み合わせと特徴を捉えるいい勉強になりました。
bnrob_non3

ベンリアックのこの手のリリースは比較的多く出ている事もあってか、このボトルもまだ信濃屋等で購入することが出来るようです。(ビンテージ違いで1996もあるみたいですね。)
その他のボトルでは、ちょうどベンリアックからノンエイジのカスクストレングス バッチ1がリリースされたところですし、比較してみるのも良いかなと思います。カスクストレングスのほうは複数タイプの原酒のバッティングですから、作り手が仕上げた香味や、バーボン樽以外の要素をどこに見つけるかという飲み比べも面白そう。。
どちらも近い値段で、そこまで高額ではないですし、BAR等で薦めやすいボトルだと思います。
 飲み方はストレートから、途中で加水して変化を楽しんでみてください。

ベンリアック 36年 1975-2012 東京バーショー限定ボトル

カテゴリ:

BENRIACH
Tokyo International Bar Show
Aged 36 Years
Distilled 1975
Bottled 2012
Cask type Hogshead #7228
55.5% 700ml

グラス:シュピゲラウ グランドテイスティング
量:30ml程度
場所:個人宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:淡いオーク香主体の香り立ち。最初は草っぽさとケミカルなニュアンス、徐々に桃缶シロップを思わせる甘み、さらに時間経過で所謂トロピカルフレーバーが開いてくる。

味:口当たりは高度数らしくハイトーンでオーキーな華やかさと甘み。りんごのコンポート、白桃を思わせるフルーティーさが開いてきて、ハーブ、樽材由来の苦味が後に続く。
余韻はスパイシー、香り同様若干のケミカルさ、乾燥した麦芽と華やかなフルーティーさが長く残る。

お久しぶりな東京バーショー向けベンリアック1975。
ウイスキー仲間主催のホームパーティーでのテイスティング。S兄さんの持ち込み。2012年のリリースではナンバーワン候補という声もあるボトルです。
当時の自分は「ベンリアックらしいフルーティーさのあるボトルだけど、浮ついた印象もある」という評価。改めて今飲んでみると、当時浮ついた要因として感じられた、ケミカル系のフレーバーが思いのほか強く感じられるものの、やはりらしいフルーティーさが主体的で、ベンリアック好きが好む白っぽい桃系のフルーツ感が印象的でした。

2012年を思い返せば76トマーティンが最後の輝きとばかりにいくつかリリースされ、それ以外にもベンリアック、グレンドロナックなど、今や遠く彼方に旅立ってしまった銘柄はまだ手の届く範囲にありました。
GMもロングモーンやストラスアイラの30年をリリースしてましたし、某所にはケルティックのロングモーンが在庫として残っていた。長期熟成モルトが比較的手軽に手に入る最後の時期だったようにも思います。
2016年の今、このボトルが2012年のナンバーワンであるか、それを比較する理由もないので断定はしませんが、昔懐かしいベンリアックの姿であることは間違いありません。

1970年代のベンリアックに共通する傾向として、グラスに置いてから香りが開くまで時間がかかるように思います。それこそ1時間とか置いておくとすごいことになる。
もしこのボトルをBARで飲むときは、開栓時期も確認された上で、直近の場合はグラスの中で別な1杯を飲む間くらい待たせておいても良いかもしれません。

ベンリアック 24年 1984-2009 リミテッドリリース #1048

カテゴリ:
BENRIACH
Aged 24 Years
Distilled 1984
Bottled 2009
Cask type Pedro Ximinez Sherry #1048
700ml 49.2%

グラス:SK2
量:所有ボトル(頂き物)
場所:自宅
時期:不明
評価:★★★★★★ (6)

香り:穏やかな甘さとピーティーで焦げたようなスモーキーさのある香り立ち。柑橘系のニュアンスも感じられるピーティーさで、スワリングしているとチョコレートの甘さとカカオの苦味、薬草、レーズンの果実味も感じられる。

味:ねっとりとした甘い口当たり。強いピーティーさ、微炭酸を思わせるスパイス。鼻に抜けるスモーキーさと油絵の具のようなニュアンス。
余韻はピーティーでアーシー。グレープフルーツ、粘性がありほろ苦く長い。
香味全体を通してピートはアンバランスなほど強く、個性的だがもう一つ全体を整える要素が欲しい。


ベンリアックから数多くリリースされているオフィシャルリミテッドエディション。今回はバースデービンテージでもある1984年蒸留、ペドロヒメネスシェリー樽熟成です。
ペドロヒメネスらしく甘口で濃厚なシェリー感ですが、生木っぽいえぐみなど変に嫌味な部分は無く、中々良い濃厚シェリー。そしてそのシェリーを突き破るほどの強いピーティーさが特徴。評価は★5か6で悩みましたが。。。ここはポジティブにいきます。
これだけリッチなシェリー感とピートスモークですから、葉巻とも相性は良さそうです。

ベンリアックのピートフレーバーは、先日記事にしたオーセンティクス21年同様に、ライチやグレープフルーツ系の爽やかな果実の香気を伴うように感じます。
1970年代後半、特に1980年代に入るとベンリアックは積極的にこうしたピーテッドモルトを仕込んでおり、今でこそピートフレーバーのブームがあってヘビーピートモルトの需要は増えていますが、当時は冬の時代真っ只中。なぜあえてピーテッドだったのか、仕込んだ理由が気になります。

今回のボトルは先日のイベントで残ったボトル、Kさんからの頂き物。 
本当に頂いてよかったのだろうか。。。とりあえず有難くテイスティングさせていただきます。

このページのトップヘ

見出し画像
×