カテゴリ

カテゴリ:ホワイトホース

ホワイトホース ファインオールド 1980年代流通 ”ウイスキー特級”

カテゴリ:

WHITE HORSE
Fine Old
Scotch Whisky
1980's
43% 750ml
構成原酒:ラガヴーリン、クライゲラヒ、グレンマレイ、など
評価:★★★★★(5ー6)

香り:穏やかなカラメルの甘さとヒネ香、スモーキーなピートフレーバーはシップのような薬品香を伴う。
合わせて麦芽、カステラの茶色い部分、乾いた草のえぐみ、オレンジピールの爽やかさも感じる。

味:みたらしの漬けタレを思わせる粘性のある甘さとかすかなヒネ感、仁丹を思わせるクセのあるピートフレーバーがじわじわと広がってくる。ピートの厚みはそれほどでもなく、蜂蜜や麦芽風味の華やかな味わいの上に乗っかっている印象。
余韻はビターで穏やかなスモーキーさ、スパイシーでべたつくように残る。


先日投稿したホワイトホースのオールドボトル、その年代違い。
こちらは同じ特級表記ながら750ml仕様、従価表記もないため1985年前後の流通ではないかと思います。 
1970年代のホワイトホースに比べ、似た傾向こそあるものの明らかにボディがライトになり、スモーキーフレーバーも同系統でありながら線が細くなっています。
トルクはあるけど馬力は無いっていうか、瞬間的にはふわっとくるんですが、その後長続きしないんですよね。
アメリカ市場を意識してラガヴーリンのスモーキータイプから、クライゲラヒのライトなハイランドタイプにシフトした、その結果のボトルなのでしょう。

ホワイトホースらしい味わいはありますし、バランスの良い味わいでハイボールはもとよりオールドの入門編としても良いと思います。流通量も多く、リサイクルショップや地方の酒屋など店頭にあったりします。  
ただ、自分としてはもっと太いスモーキーさがあってほしい。 個性を楽しむなら1970年代以前をオススメします。 

1980年代と1970年代の見分け方が良くわからないという人のためのボトルの簡単な見分け方は、白馬のロゴの大きさにあります。
以前投稿した1970年代のボトルとロゴの大きさを見比べてみてください。 1980年代は小さく、1970年代はロゴが大きいです。
これがわかっているとネットオークションで容量が写っていない画像でも、サムネを見るだけで年代判定が可能です。
容量が記載されないで出品されていると安く落ちやすいので、狙い目ですね。

ホワイトホース ファインオールド の4リットルペットボトル仕様がリリース

カテゴリ:


そういえば・・・キリンの終売、ニューリリース動向を調べていた中で、もう一つ手に入った情報が「ホワイトホースファインオールド」のボトルチェンジと、4リットルペットボトルのリリース。
一瞬「ふーん。」と流し見て、しばらくたった後、スコッチで4リットルペットって初めてのことなんじゃ?と。

ホワイトホースはこのブログでも何度か紹介している、ラガヴーリンとクライゲラヒ、グレンマレイをキーモルトとしたブレンデッドウイスキー。かつてはガラスでのガロンボトル(4.5リットル)がラインナップにあり、ジョニーなどの銘柄によっては現在も販売されていますが、ディスプレイ的な用途が強いものです。
業務用や晩酌ヘビーユーザー用途となる、価格を抑えた4リットル"ペットボトル"でスコッチウイスキーがリリースされるのは、記憶している限り初めての出来事です。
ホワイトホース4リットル

キリンはこれまで富士山麓とボストンクラブを4リットルペットボトルで展開していましたが、新富士山麓は700mlのみ。今後は"ホワイトホース"と"オークマスター樽薫る"のラインナップとなる模様。
ボストンクラブがオークマスターと同等グレードと考えると、富士山麓が抜けた穴はスコッチウイスキーで補う。
各メーカーのウイスキー消費量の大部分を占める居酒屋市場、しのぎを削るサントリー角瓶とブラックニッカに新製品とスコッチハイボールの2本柱で殴り込みをかけていく形ですね。

やはり年配のユーザーにとってスコッチウイスキーは思い入れの深いものです。ましてホワイトホースは今でこそ安スコッチですが、日本において非常に歴史も長く、かつては高級酒の一角だったもの。
個人的には「ここまで落ちてしまったか・・・。」と思う気持ちと、今後は居酒屋ラインナップに「ホワイトホース」の名前が増えてくるんだなと思うところの2つがあります。

ホワイトホースのハイボールで乾杯する日も近い?
同製品は2016年3月15日発売予定です。

ホワイトホース ファインオールド 1970年代初頭流通 ”ウイスキー特級” JAPANTAX

カテゴリ:

ホワイトホースはラガヴーリンをキーモルトの一つとするブレンデッド。
スモーキーなフレーバーが避けられたアメリカ市場とは異なり、日本市場にはジャーディン社主導のもと大量のストックが70-80年代にかけて入ってきたようです。
先日紹介したデラックスなど日本限定品のリリースを始め、今回のボトルのように1970年代前半からラベルに直接"特級表記"が印字されているのも、それだけ日本市場が大きかった事が伺えます。

WHITE HORSE
Fine Old Scotch Whisky
JAPAN TAX
1970's
43% 760ml

構成原酒:ラガヴーリン、グレンエルギン、クライゲラヒ
評価:★★★★★★(6) 

香り:焦げたカラメルソースのような甘くビターな香り立ち、オールブラン、オレンジピールチョコ、ヨードチンキ、スモーキーでピート由来の土や微かな草っぽさ。 奥には蜂蜜や煮たリンゴを思わせる熟成香も。

味:とろりとした濃厚な口当たり、カラメルの甘みと苦味、オールブラン、古酒特有の微かなヒネがママレードジャムのよう。底支えにどっしりしたピートフレーバー、後半にかけて存在感が増してくる。鼻抜けはスモーキーで焦げた薪の香り。
フィニッシュはピーティーで、ほのかなスパイス。苦味が沸き立つように戻る長い余韻。

カラメル、ピート、麦芽の3拍子で構成されていると言っても過言ではないボトル。濃厚でラガヴーリンを思わせるピーティーなフレーバーに、まったりとしたカラメルや蜂蜜系の当時のグレンエルギンの風味もある。一見すると単調であるが、個性的であるゆえそれが強みでもある。たとえるなら素材の味を生かしたど直球料理。 
ボディのある酒なので、ハイボールにすると程よいコクにスモーキーさがマッチして、オールドブレンデットのハイボールでは定番と言える。 


ホワイトホースのラベルは頻繁に変更されていないものの、1970年代だけは別。実に4種類のラベルが1970年代だけで流通しており、ホワイトホースの変革期であったように思われます。
ボトルの見分け方ですが、流通していたラベルの時期で分けると・・・ 

1970年代初頭あるいは1960年代後期頃
・4頭引きの馬車が書かれたラベルでスクリューキャップ
・白馬が1頭のみのラベルでFine Old表記が無い
1970年代初頭から1970年代後半
・Fine old表記あり(JAPAN TAXがあれば70年代初頭、なければ中期)
・白馬のマークが一回り小さくなる(70年代後期、750mlなら80年代流通)

こんなイメージ。
この時代はラガが効いててスモーキーな風味が際立っているのが特徴なのですが、特に上に行くほどそれが濃くなる印象。4頭引き時代でメタルスクリューキャップはレアですが、濃いですね。状態も下手にティンキャップ時代(60年代以前)に手を出すより断然良いものが多いです。
後はバランス型ですが決して悪いわけではなく、全体的な完成度が魅力。今回のボトルも良い感じです。

1980年代に入ると、ホワイトホースはライトタイプにシフトし、上述のように白馬のロゴが一回り小さくなって750ml容量に。スコッチオデッセイによると、アメリカ市場向けにキーモルトをクライゲラヒに変えて、味わいをライトにしたという話です。飲み比べると、ピートの重さなどだいぶ違いがあります。

なお、ジャーディン社取り扱いのホワイトホースは、日本の代理店として長い歴史がある関係で、特級表記と合わせて記載されるコードが80年代に入っても3ケタのままです。
コードが少ないから古いというワケではありませんので、判別の際にはご注意ください。

ホワイトホース12年デラックス 特級 1980年代流通

カテゴリ:
昨日はウイスキー仲間と武蔵新城でベトナム料理を堪能した後、川口のアラサイドをハシゴ。
アバウトな店構えとは正反対に料理はコスパも質も素晴らしい。ウイスキーブログでなければ食べ歩きブログよろしく記事が皿の写真で溢れていたところです。酒のほうは結局通算でビール3杯、ハイボール1杯、ストレート1杯しか飲んでないので、帰ってきてからフィニッシュの1杯を投入(笑)

先日、オークションで購入したところ、届いてみたら不良品だったので購入し直した白馬デラックス。
新しく届いたボトルを開けてみたのですが、あれ、これあんまり状態良くないんじゃね? 疑惑。
少なくとも開封済みで届いたボトルの注ぎ口から嗅いだ香りのほうが良かったような・・・。

オールドボトルに手を伸ばす以上は劣化等のリスクは織り込み済み
また、原理はよくわからないのですが、口開けは香りが"引きこもっている"ケースが多々あります。
主に甘みが感じられない事が多いですね、後は全体がぼやけてしまっていたり。
これらは時間を置くと改善されることが多く、1週間ほど放置して改めてテイスティングしてみたところ、ある程度改善が見られました。

WHITE HORSE
Aged 12 years
Deluxe
43% 750ml
1980's

評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソースを思わせるどっしりとした甘苦さと、土っぽさ、たき火のような強いスモーキーさ。奥には微かに麦芽系の柔らかい香味も見え隠れするが、複雑さはあまりなく直球一本槍。

味:とろりとした口当たりで濃厚、ピーティー、カラメルの甘み、微かにレーズン。
ボディーはあまり厚みはなく、本ボトルに関しては樹脂系の違和感が少々、余韻はスモーキーでビター。

ラガヴーリンをキーモルトとして開発、1980年代後半頃に販売されたホワイトホースの上級品。
それってローガンじゃんってツッコミは・・・まぁこの時期のローガンよりも味が濃い・・・かな。
強いスモーキーさ、はっきりとラガヴーリンを思わせる個性があり、どっしりした味に反してややボディに薄さは感じますが、手軽に当時のラガヴーリンを感じることが出来る点は評価に値する1本です。
ストレートで飲む分には上述のボディの軽さはあまり気になりませんが、ハイボールにすると中間以降の味が薄く感じるので濃いめに作るのがお勧めです。

ホワイトホースのキーモルトは、主にラガヴーリン、クライゲラヒ、グレンエルギンの3種類。
1960年代、1970年代初頭まではラガヴーリン主体(あるいは結果としてラガブーリンの影響が強い)の構成だったものの、その後ブランドが多様化したり、拡販路線によりライトタイプの市場を意識した結果、香味に変化が見られます。
1970年代、特に1970年代初頭以前に流通したラベル違いのボトルはスモーキーさが強く際だった個性を感じます。他方で、1980年代にはいり、馬ロゴが小さくなったあたりのボトルは、760ml仕様であってもだいぶライトタイプになっています。
まぁこの辺の話はホワイトホースのオールドをUPするときに、改めて書かせて頂くとして・・・。

1980年代中頃から後期頃、12年デラックスを含む、主要なモルトが異なる以下3種類のブレンドが販売されます。

・ホワイトホースマイルド (クライゲラヒ)
・ホワイトホースエクストラファイン (グレンエルギン)
・ホワイトホース12年デラックス (ラガヴーリン)

この3種類では格段にデラックスの出来が良いのですが、エクストラファインは外観が素晴らしく、藍色の下地に金の縁取り、そこに大きく書かれた白馬の絵が美しい。イヤでも目を引くボトルは、BARのみならずギフトでも重宝されたと聞きます。味も悪くなかったですし。
マイルドは・・・個人的にホワイトホースの系譜はピーティーなブレンドにありと考えて居るので、ここではノーコメント。
デラックスについては上述の通りの構成ですが、当時1980年代後半、だいたいのブレンドはライトタイプになっている中で、これだけリッチなピート感のあるブレンドを出してくるのは驚きです。

このボトルの流通期間はそこまで長くありませんでしたが、タマは多かったのか今でもそこそこ流通が見られます。
オールドラガヴーリンを飲みたいと思ったら、まずこのボトルを試してみるのは、オススメですよ。

このページのトップヘ

見出し画像
×