カテゴリ

カテゴリ:ホワイトホース

ホワイトホース 12年 エクストラファイン 1990年代 43%

カテゴリ:
WHITE HORSE
EXTRA FINE
Aged 12 years
1990's
750ml 43%

グラス:グレンケアン
場所:Jam lounge
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソース、みたらし、紹興酒系の古酒感、焦げたニュアンス。しっかりとスモーキーで奥にはヨードを思わせる島的な個性もある。

味:とろりとした口当たり。まろやかでスモーキー、次第にピリッとした刺激、土っぽいピーティーさとキャラメリゼ、みたらし、微かな酸味、味の濃さに対してボディはやや軽め。
余韻は焦げたようなほろ苦さ、スモーキーでドライ、長く続く。

古酒系のニュアンスがボトル差で好みを分けるかもしれないが、しっかりスモーキーでピーティーな、らしさも感じるブレンデッド。加水すると一気に水っぽくなるので、ストレートか濃いめのハイボールでオススメしたい。


2年ほど前になってしまいますが、記事コメントでこのラベルの頃のホワイトホース・エクストラファインが美味いと伺っていて、今度飲むかと思っていたもの。大変申し訳ないことに、すっかり先延ばしになっていました。
(いや、買えば良いんですがまずはBAR飲みと思っていてすっかり忘れていたというか。。。)

ホワイトホース・エクストラファイン12年は、1980年代に日本市場向けにリリースされていた3タイプのホワイトホース(デラックス12年、エクストラファイン、マイルド)の後継品。3タイプのブレンデッドは、ホワイトホースのキーモルトであるラガヴーリン、グレンエルギン、クライゲラヒをそれぞれメインとし、だいたい1990年代初頭までリリースされていたところ。
日本市場はバブル崩壊後でウイスキー冬の時代に向かう最中。ラインナップに見直しが入ったのか、この3種を一つに統合したホワイトホースの上位グレード的位置付けで整理された経緯があります。

裏ラベルにはそれぞれの原酒のキャラクターが触れられていますが、旧エクストラファインと同じような位置付けと思わせて、最も強く感じられるのはラガヴーリン。
ホワイトホースでラガヴーリンの効いた上位グレードと言えばローガンですが、正直このエクストラファイン12年は80年代後期ごろのローガンと比較してあまり差がないようにも感じます。どういう差別化だったんだろう。。。

何れにせよ特級時代の銘柄ではないので、あまり高騰はしておらずお買い得なブレンデッドだと思います。

ローガン 12年 1980年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_4438
LOGAN
Aged 12 years
Deluxe Scotch Whisky
1980's
1000ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅(持ち寄り会@J氏)
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソースやみたらしのようなとろりとした甘いアロマに古酒感。甘みには焦げ感があり、カルメ焼き、キャラメリゼのようでもある。また、ヨードを思わせる若干の薬品香、しっかりとしたスモーキーさも備わっている。

味:香り同様にとろりとした甘みはカラメルソースやみたらし、どっしりとしたピート香も感じられ、リッチなフレーバーが口内に広がる。中間から余韻にかけてはやや単調で少し軽さも感じるが、全体的に濃い味わいが続く。
余韻はモルティーでスモーキー、ほろ苦くビター。

スモーキーで甘口なブレンデッドの代表格といえる銘柄の一つ。キーモルトとなるラガヴーリンらしいピートフレーバーがありつつ、カラメル系の甘さが飲みやすさとバランスにも繋がっている。ストレート以外にハイボールがオススメ。


ホワイトホースの上位グレードとなるローガン。ホワイトホース社が所有する蒸留所の中でも、ラガヴーリンの配合が多いとされるブレンデッドで、テイスティングのとおり飲んで納得のスモーキーな味わいがあります。

オールドブレンデッド市場を見ていると、アイラモルトやタリスカーなどスモーキーな原酒を中核とする銘柄が人気となるケースが多く、特に古いものほど注目を集めるわけですが、下手に高騰して状態もリスキーなホワイトホース・ティンキャップとか手を出すなら、普段飲みは手に入りやすい80年代流通のローガンで良いんじゃない?なんて思ってしまうこともしばしば。もちろん古いホワイトホースの状態の良いヤツとかキングジョージとかメチャウマなんで、そのロマンを追うことは否定しませんが。。。
ジョニーウォーカーのオールドとか好みな方には、オススメしたい銘柄でもありますね。

他方、ウイスキーは時代によって味が変わるものです。ローガンもまた同様で、時代時代によってドライな時期もあれば今回のボトルのように甘みが強い時期もあるように思います。
ローガンは細かいラベルチェンジが多く、海外向けも多く日本市場に入ってきていますので、見分けは基本的にはキャップの形状や色で見ます。
①1950年代、60年代はショートスクリュー。(白ラベルや馬の絵の書かれていない時代)
②1970年代前半はごついスクリューキャップ。(12年表記の有無が分岐)
③1970年代後半は金色のシンプルなスクリューキャップ。
④1980年代初頭からはあずき色のスクリューキャップ。←今回のボトル
⑤1980年代後半鉛シールの貼られたスクリューキャップ
※レアード表記については①の1950年代に一部見られるも、裏ラベルにかかれる程度。その後1960年代には見られないが②以降は平行する形で存在する。

日本のオールド市場で数が多いのは③~⑤です。今回のボトルは④、その前となる③の時代はややドライで甘みが薄めな仕上がり。この辺は好みの問題ですが、ハズレを引きにくい1970年代以降で選ぶなら②か④が甘みとスモーキーさがしっかりあり、ローガンとしてオススメの流通時期だなと感じます。
④は比較的入手しやすいボトルである一方、手に入るなら②ですかね、ボディの厚み、スモーキーさと甘み、今回の④より頭一つ抜けた仕上がりとなっています。もし興味があります方は、合わせてどうぞ!

ホワイトホース ゴールドエディション 1890 免税向け 43%

カテゴリ:
WHITE HORSE
GOLD EDITION 1890
(No Aged)
2013's
1000ml 43%

グラス:SK2
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後一ヶ月程度
評価:★★★★★(4-5)

香り:酸味やツンとしたアルコール感を伴う香り立ち。松脂、スパイスのアロマ、微かに焦げたカラメルソース。
香り立ちはあまり強くなく、また注いだ後の寿命も短い。

味:とろりとした口当たり、香り同様の酸味とオールブランシリアルを思わせるほろ苦さ。徐々に焦げた焚き木を思わせるスモーキーさがあるが、余韻にかけては単調気味。安いカラメルソースの甘さが微かなヨードと共に残る。

ややアイラ寄りな構成の若いブレンド。色合いから強い樽感をイメージするが、香味からはそれほど感じられない。強目にカラメル色素が使われているのだろうか。オススメの飲み方はハイボールで、食中酒などで気軽にバランス良く楽しめる。


2013年末、免税向け商品として発売されたホワイトホースの限定品。
"ゴールドエディション"なる派手な名称や、明らかに色濃い見た目と金地のラベル、発売時期は中国の2014年の干支である午年に合わせたという、清々しいまでの爆買い狙いなリリースです。
あちらの方々は金色とか、色の濃いヤツとか、好きですからね。

中身のコンセプトは、1890年のホワイトホース誕生当時の味わいを再現すること。現在のライトなブレンドではなく、モルト原酒の比率を増やし、中でもラガヴーリンを多く使っているそうです。
そう聞いたらオールドのホワイトホースと飲み比べてみたいのが、オールド好きの心情ですが、流石に1890年代のホワイトホースなんて手元はおろか、飲んだこともありません。
純粋にブレンドの構成だけでコメントさせて貰うと・・・熟成感は8〜10年程度で値段なりの若さがあるものの、意外にモルティーであることに加え、ラガヴーリンと思しき個性も要所で感じられるように思います。
通常品のブレンド比率をグレーン6:モルト4とすると、これは5:5くらいでしょうか。


ゴールドエディションは日本市場にも並行品が入ってきており、流通価格は2000円少々。比較的手頃な価格で購入出来ます。
他方、ホワイトホースで2000円だと12年が同価格であり、いっそ12年買えば良いんじゃね?とか身もふたもない事を考えてしまいましたが、ゴールドエディションの強みは免税仕様ゆえの1リッター大容量とモルティーな構成。
ハイボールでうまく香味が伸びて、甘みと酸味のバランスが良く、程よくスモーキー。うーん、こいつはハイボーラーだぜ。
大容量なのでジャブジャブ使えちゃうのも嬉しいですね。

我が家ではビール代わりの食中酒として活用中。BARでもハウスボトル的な扱いで使えてしまう、使い勝手のいいブレンデッドです。
普段ホワイトホースを飲まれてる方が、目先を変える意味で手を伸ばしても良いかもしれません。

ホワイトホース 1960年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_1504
WHITE HORSE 
Scotch Whisky 
1960-1970's Japan tax 
43% 760ml 

グラス:木村硝子テイスティング
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:焦がしたカラメルソースのように甘くビターな香り立ち。乾いた植物、醤油飴、ほのかにオレンジピール。スモーキーで微かにヨードも感じる。
少量加水すると古いウェアハウスを思わせる土っぽさ。焦げたカラメルにオールドピートが引き立つ。

味:とろりと濃厚な口当たり、香ばしくほろ苦い麦芽風味といきなり広がるピートフレーバー。べっこう飴とみたらし的な甘みとコク、干し藁。時折スモーキーでほのかなヨードが鼻腔に届く。
余韻はどっしりとしてピート由来の苦味を強く感じ、スモーキーで持続力があり長く続く。


ホワイトホースの通称4頭引きラベル、その最後期のモデル。
ティンキャップ時代(〜1960年代)と、ラベルが大きく変わったファインオールド(1970〜)の間、1960年代後期から1970年頃の、短期間に流通していたと思われるボトルです。
ラベルは、白馬亭から出発したという4頭引きの馬車にPR文が書かれたセラー表記時代の系譜を受け継ぐデザインでありながら、ラベルチェンジ後のスクリューキャップが採用されているのが最大の特徴。中身は60年代流通よろしくラガヴーリン比率の濃いピーティーな味わいで、良い時代のホワイトホース風味が全開です。

これほどハッキリとした個性が感じられるブレンデッドは中々ない。
同じ60年代でも状態がほぼギャンブルであるティンキャップに対し、このスクリューキャップは比較的状態の良いボトルが多く、それでいて流通価格はティンキャップの1/3ほどというお買い得さ。
このボトルも例に漏れず状態は抜群で、今まで開けた同時期白馬より頭一つ抜けたコンディションでした。

IMG_2658
ホワイトホース1970年代のラベル遍歴については以前の投稿でも紹介したものの、ちょうど良い写真がHDDの奥から見つかったので掲載します。
古い順に真ん中→右側→左という流れ。右側と左の違いはの馬ロゴの大きさで、右のボトルにはファインオールド表記とスコッチウイスキー表記の2パターンがあります。時期はスコッチウイスキー表記の方がわずかに古いと思いますが、日本での流通時期は重複していたようにも見受けられます。

ストレート以外の飲み方は、ハイボールが案外すっきり系で、意外と良いのがロック。温度差から開くねっとりとしたモルティーさとピート、良い仕事してます!
オールドブレンデッドの基本の一つとも言えるホワイトホース。機会があればぜひ飲み比べもしてみてください。
旧時代のラガヴーリンの存在感から、近年にかけて増えていく内陸系モルト、バランスよりの構成への変化が、オールドを追う楽しさの一つを感じさせてくれると思います。

ホワイトホース エクストラファイン 1980年代流通

カテゴリ:
WHITE HORSE
EXTRA FINE
Blended Scotch Whisky
1980’s
43% 750ml

グラス:グレンケアン
量:ハーフショット
場所:BAR飲み (Eclipse 1st)
時期:開封後半年程度
評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでモルティーな香り立ち。心地よい苦味、ホットケーキシロップ、徐々にスモーキーでグレーンの甘みとえぐみも感じられる。

味:香り同様モルティーな口当たり。乾いた麦芽の軽やかな香ばしさ、リンゴのコンポート、淡いピートスモークが中間から後半にかけて開いていく。徐々にグレーンを思わせる単調な甘さも感じる。
余韻はほろ苦くビター。燻した麦芽、若干の土っぽさがしっかりと残る。


ホワイトホースが、1980年代後半に発売した日本市場向けブレンド3種のうちの一つ。 残りの2本はデラックスとマイルド。それぞれラガヴーリン、グレンエルギン、クライゲラヒからブレンドの主軸となる原酒を使い分けていて、エクストラファインはグレンエルギンがメインのブレンドだと言われています。

今回はスマホ撮影なので発色が悪く分かりづらいですが、実物のボトルは深い藍色を地として大きく書かれた白馬のラベルが美しい、高級感のあるウイスキーです。
その見た目に加え、モルティーで柔らかいスモーキーさのある味わいから、オールドブレンデッド好きの中でも人気のある銘柄。流通量の多さからそれほど価格が高騰していないのも魅力と言えます。

このホワイトホース エクストラファインは1980年代後半の発売。特級時代の終焉から1990年代の本品終売までの間、頻繁にラベルチェンジが行われているのが特徴です。
最も古い発売当初のボトルは、ラベル下のウイスキー特級表記の隣に通関コード(アルファベット1文字に数字4ケタ)が表記されており、その後通関コードが省略され、1988年前後にはウイスキー特級表記のみとなります。これが今回のボトルです。
1989年には級別での酒税が廃止されたことを受け、ウイスキー特級表記がウイスキー表記となり、大きく書かれていた白馬が徐々に小さくなって、終売直前は何分の一だよという、まるきり別物のデザインになってしまうのです。

味の変化については全流通時期のものを飲み比べたわけではないので説明できませんが、特級表記と終売直前のモデルでは、他のブレンドと同じ傾向にあるというところでお察しください。
特級時代のものはオールドブレンドらしいしっとりとして、しかし存在感のあるピートフレーバー、麦芽や林檎を思わせるモルティーな香味が当時の原酒の良さを感じさせてくれます。エルギンがメインと言われるのもわかる味わいですね。

なお、ボトルの形状からか横置きも多かったようで、コルクキャップの影響を受けたボトルも多くみられる中、このボトルは状態バッチリ。非常に美味しく頂くことが出来ました。

このページのトップヘ

見出し画像
×