カテゴリ

カテゴリ:マルス

シングルモルト 駒ケ岳 小彼岸桜 ネイチャーオブ信州 52%

カテゴリ:

KOMAGATAKE
KOHIGAN SAKURA
Nature of Shinshu No,2
(No Aged)
700ml 52%

グラス:不明
量:計30ml程度
場所:個人宅
時期:開封後2ヶ月程度

【ブラインドテイスティング】
地域:日本
蒸留所:秩父
熟成年数:6年程度
樽:活性樽ベース
度数:57%
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:ドライでアタックの強い、ミントやスパイスのアロマを伴うオークの華やかさ、ほのかに焦げたニュアンスもある。加水でドライパイナップルやアップルビスケットを思わせるフルーティーさ。

味:ウッディでスパイシー。ピリピリと若さを感じる荒さから、ねっとりと甘くシロップ漬けのチェリー、キャラメル、焦がしたバーボンオークに古樽のえぐみが広がる。
余韻は淡くピーティーで序盤同様に樽香を伴うハイトーンなフィニッシュ。

若さを樽由来の香味が補っているウイスキー。日本的な樽感だ。香味共に奥行きはそれほどないが、バランスは整っている。加水は崩れやすいのか量が難しい、少量までならバランスが良くなる。


先週末、ウイスキー仲間宅で開催された持ち寄りブラインドテイスティング大会で、主催者Jさん出題の1本です。
小彼岸桜は昨年末にリリースされた、マルスウイスキーのブランド、"ネイチャーオブ信州"の第2弾。自然の恵みに感謝する意味を込めて、再稼働後2013年に蒸留された3年熟成程度の原酒をベースに、その自然が育んだ信州蒸留所休止前の20年ものの原酒をバッティングした意欲作です。

このウイスキーは、昨年のウイスキーフェスで試飲して以来のテイスティング。
ノージングでジャパニーズであることはほぼ絞れていたものの、甘く強い樽香に、スパイシーでピーティーなフレーバーを主として拾い、一瞬余市蒸留所か?と連想。(活性樽と書いたあたりに名残がw)
しかしそれにしてはボディがあまり厚くなく、短熟気味なフレーバーも感じられ、マルスか、イチローかと悩んで樽由来のえぐみにそれっぽさを拾ってイチローの道へ、というのが流れです。
まあ冷静になると、淡くピーティーで短熟だけでは整えられないバランスなど、イチローのシングルモルトは除外される条件がいくつもあり、そこを拾いきれなかった経験の浅さが出てしまった結果でもありました(汗)。

前述の通り、"小彼岸桜"は、前作の"竜胆"に続き長熟原酒と短熟原酒のバッティングです。
前作の方がピーティーでしたが、この第二弾はピートフレーバーを抑え目にしつつ、その分樽を強くしてきた印象。長熟はリチャードバーボン主体、若い方はポート系の樽も使ってそう。そして両者に共通するのが、若さがありながら全体のバランスが整っていることにあります。

大手メーカーとクラフトメーカーの製品にある違いの一つに、ストックしている原酒の種類があるわけですが、特に熟成年数は製品の出来にモロに効いてきます。
近年ニューポットの段階から狙った酒質を作るノウハウが確立しつつありますが、それでも長熟と短熟の仕上がりの差を埋めるには至っていません。
つまり「長期熟成」のストックを使えるというのは、クラフトメーカーの中では大きなアドバンテージであるわけです。

個人的には竜胆の方が好みでしたが、今作は前作に比べ、ブレンドテーマがわかりやすい構成とも感じました。そのストックを使って次作は何がリリースされるのか、今後も魅力あるリリースを期待しています。

シングルモルト 駒ケ岳 30年 1986-2016 マルスウイスキー 61%

カテゴリ:
IMG_3129
KOMAGATAKE
Mars Whisky
Aged 30 Years
Distilled 1986
Bottled 2016
Cask type American White Oak
700ml 61%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:計30ml程度
場所:BAR飲み+自宅
時期:開封後2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(6ー7)

香り:華やかで濃縮したようなウッディネス、ややドライな香り立ち。強い木香はまるで檜風呂、あるいはバンガローの中にいるよう。胡桃やカシューナッツなどのナッティーさ、ハーブ、徐々にアプリコット、ドライパイナップルの甘酸っぱさに加え、微かに燻したような薫香も混じる。

味:とろりとした口当たりから強くウッディー、松ヤニや無骨な木のフレーバーにドライパイナップルや林檎の果実感、ほのかに蜂蜜、徐々に土っぽさを伴う。ボディはしっかりとしており、樽香は強いが綱渡りのようなバランスを保っている。
余韻はドライで乾いたウッディネス。ピート香が木香の奥からじわじわと立ち上ってきて長く続く。

とにかく木の香味である。加水するとえぐみが多少出るものの、味わいはパイナップルやピートなどのストレートで感じた要素がそのまま伸びてくる。樽由来のフレーバーを濃縮したような香味は確実に好みを分けるが、ジャパニーズウイスキーらしさを突き詰めた形の一つであると感じる。 


昨年、本坊酒造ことマルスウイスキーが発売した、シングルモルト駒ケ岳の最長熟成品となる1本。
1986年に蒸留され、アメリカンホワイトオーク樽で熟成されてきた原酒4樽をバッティングした、同蒸留所の歴史が詰まったリリースです。
というのも、信州蒸留所は1985年に竣工、操業を開始しており、今回リリースされた原酒はほぼ創業当時から貯蔵され続けてきた原酒が使われているという事になります。
その間、1992年には信州蒸留所が操業を休止し、2011年に再び蒸留を再開、そしてウイスキーブームの到来・・・紆余曲折を経ているわけですが、そのあたりはまた別な機会にまとめるとして、肝心の香味のほうに触れていくとします。

IMG_2956
(2011年2月、蒸留を再開した当時の信州蒸留所の蒸留器。現在は新しい蒸留器に交換されており、この蒸留器は屋外に展示されている。どこか余市のそれに近い形状で、今回テイスティングした駒ケ岳は、この蒸留器の初期の原酒に当たる。)

テイスティング中にも書いたとおり、基本的には熟成に使われたアメリカンホワイトオーク樽由来のフレーバーが非常に濃く、樽材を舐めているような印象すら受けます。
スコッチモルトではあまり見られないこの熟成感は、使われた樽もさることながら、やはり熟成環境の気温、湿度の違いだろうなと感じるところ。余市、宮城峡、羽生、いくつかの国内蒸留所にも同様の傾向が見られ、この熟成感がジャパニーズウイスキーらしさの一つと言えます。

その濃いフレーバーをなんとか受け止め、ギリギリ形にしている駒ケ岳の酒質は、癖は少ないが厚みのあるタイプ。度数が高いこともプラスに作用し、この30年はギリギリのところでバランスを保っています。
また、複数樽バッティングであることが複雑さ、味わいの奥行きに貢献しているように感じます。
樽香の強さゆえ、多くの量を一度に飲もうとすると鼻も口もすぐに飲み疲れてしまいますが、少量を口に含んでゆっくり転がすと奥から果実味が開き、ピートフレーバーと合わさって味わい深い構成。 1分1年、信州の森の中に佇む蒸留所の姿を思い浮かべ、30分くらいかけてゆっくり飲んで良い、そんなウイスキーだと思います。


かつて本坊酒造は、竹鶴政孝の実習ノートを元に、鹿児島、山梨の蒸留所でピーティーでヘビータイプのウイスキーを製造。この信州でウイスキー事業を行うにあたっては、日本人向けのライトな味覚に合わせたスタイルのウイスキーを作るつもりだったそうですが、出来上がっていたのはこれまでリリースされた様々なボトルの通り、中長期熟成向けの原酒だったようです。 

蒸留に関するノウハウも確立していなかった時代だけに、手探りで行うことも多かったのでしょう。
確かに鹿児島時代に比べて癖は少なく洗練されていますが、ライトスタイルを目指しながらピーテッド麦芽が使われているのも、蒸留所の系譜と、同タイプの麦芽の方がノンピートより安かった、この2つの側面に時代を感じます。


このボトル、最初は日本橋のIANさんでテイスティングしたものの、日本で30年という予想通りあまりの樽の強さに閉口気味。その後ウイスキー仲間のIさんから小瓶を頂き、改めてゆっくり家飲みしたところ、熟成年数が織りなす味わい深さ、上述の様々な要素を感じ取ることが出来ました。ありがとうございます!

マルスウイスキー HHAE はえ By南ノ風 40% 鹿児島限定

カテゴリ:
IMG_2977
HHAE
Mars Blended Whisky
By 南ノ風
720ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅 (お土産@Iさん)
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★(4)

香りは酸味や乾いた植物感を伴うを伴う若いアロマ。ほろ苦い麦芽風味。
ライトでやや水っぽく、アルコール感を伴う口当たりから、徐々にモルトスナックなどのほろ苦く香ばしさを伴う広がり、余韻にかけて軽いピートフレーバーが感じられる。

メーカー推奨の飲み方である、水割り、ロックでは・・・。若いライトピートなウイスキーだけに、夏場にハイボール(南風ボール)で頂きたい。


マルスウイスキー(本坊酒造)が、津貫蒸留所のオープンを記念して、昨年11月に九州地方限定で発売したブレンデッドウイスキー。
「はえ」とは山陰地方、九州地方で使われる、南風の呼び名で、時期にによって黒南風(くろはえ)、白南風(しろはえ)があるのだそうです。
っていうか、今こうして記事を書いていて、"はえ"の変換で南風が普通に出てくることにちょっと驚いてしまいました。

話をウイスキーに戻すと、このブレンドのコンセプトは、ズバリ名前の通り南風。南国を思わせる味わいとして、ややピーティーな原酒を使用したそうですが、先ほどの「はえ」の変換同様に、自分の中でピート=南国が繋がらず、ここでも疑問が。。。なんだろう、南国=ボウモア=ピート?、それとも南風=潮の香り、海の匂い=ヨード、塩気、アイラモルト=ピート、という事なんでしょうか。

個人的にはイメージが繋がらないコンセプトでしたが、味わいは確かにライトな飲み口で、余韻にかけてピートフレーバーが開いてきます。
原酒の熟成年数は若いですね、信州の3年クラスや、グレーン、あるいはグレーン代わりのブレンデッドとして、同クラスの輸入原酒も使用しているのではないかと推察します。

このボトルは、Iさんこと写真提供を度々いただくT.Ishiharaさんから、津貫蒸留所を見学された際のお土産として頂いたもの。南風の吹く夏が恋しくなる味わいでした、ありがとうございます!

本坊酒造 シングルモルト駒ケ岳 津貫エイジング 3年 59%

カテゴリ:
IMG_2836
KOMAGATAKE "Tsunuki Aging"
HONBO SHUZO
Single Malt Whisky
Distilled at Shinshy Distillery in 2013
Aged at the Tsunuki Aging Cellar for 3 years
700ml 59%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:自宅
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5)

香り:最初はニューポッティーで地ウイスキーを思わせる癖、樽由来のえぐみを感じるが、徐々にバニラ、ナッツ、スモーキーなアロマが開き、若いピーテッドとしてバランスが取れてくる。

味:若くフレッシュな口当たり、砂糖漬けレモンピールや乾いた植物っぽさから、ほろ苦くピーティーなフレーバーが開く。アタックは強いものの、度数ほどではなく中間から後半にとろみも感じる。余韻はピーティーでスモーキー。オーク由来の淡いウッディネスと甘みが残る。

3年の熟成でありながら、樽由来の甘みが程よく感じられ、素直で飲みやすく仕上がっているシングルモルト。香りには地ウイスキー的なえぐみ、若干のクセはあるが時間経過でこなれてくるだけなく、味わいは最初から若いピーテッドモルトとしてまとまりがある。加水すると酸味、若さが目立つため、チェイサー片手にストレートで楽しみたい。
今回レビューするウイスキーは、つい先日オープンした、本坊酒造、鹿児島県は津貫蒸留所の貯蔵庫で試験的に3年間熟成されていた信州蒸留所の原酒。樽はバーボンバレルで、10樽程度をバッティングしています。
津貫工場は元々本坊酒造の焼酎工場として稼働していた設備の一つであり、3年前というと信州蒸留所の再稼働(2011年)から2年後ということですが、既にその時点で将来を見据えてこうした試みを始めていたということになります。

しかし熟成場所が温暖で特徴的と言っても、3年モノのジャパニーズウイスキーですから、やや警戒して口に含むと・・・先述のように思いの外飲めるのです。
それこそ樽感もあるため、熟成場所の違いが感じられる1本でもあります。
既に店頭は売り切れで、ジャパニーズウイスキーブームの名残を感じはしますが、慌てず騒がず、信州蒸留&熟成のピーテッドモルトとをBAR飲みで1杯飲見比べ、熟成場所が与える影響の違いを勉強してみるのも良いかもしれません。
"津貫蒸留蒸留外観(上)、津貫エイジングも貯蔵された石蔵内部(下)Photo by T.Ishihara"

このブログでは何度か書いてきた話ですが、ウイスキーにおける樽由来のエキスは、暖かい時期の方が強く出る傾向があります。
鹿児島県という本土最南端の場所で作られ、貯蔵されるわけですから、当然熟成場所は温暖な傾向となり、樽由来の要素は強く出ます。

本坊酒造が津貫で目指すのは、さらに温暖な台湾で作られるカヴァランのスタイル。短期間でフルーティーな味わいに仕上がるウイスキーは、市場投入までの期間が短くて済みますし、信州蒸留所のキャラクターとの差別化も出来て一石二鳥です。
今回の津貫エイジングの味わい、結果だけ見ればまずは思惑通りの段階にあると言ったところでしょうか。
ではニューポットはというと・・・実は先日ウイスキー繋がりで2種類ほどテイスティングさせて頂いており、その辺はまた追ってまとめていきたいと思います。

マルスウイスキー 駒ケ岳 24年 バーボンバレル 58%

カテゴリ:
駒ケ岳24年
MARS WHISKY
KOMAGATAKE
Aged 24 Years
Bourbon Barrel
700ml 58%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:自宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:微かに梅干を思わせる酸味のある樽香、干し藁系の植物感とウッディネス。ハーブのような爽やかさも混じる。

味:コクのある口当たりから強くウッディーでドライ、口内の水分を奪っていく。乾いた植物感に蜂蜜を塗ったトースト、徐々にピートフレーバーが開き、余韻はスパイシーで強くドライ。樽材由来のタンニンの渋み。

マルスはシェリーカスクよりもバーボンバレルのほうが旨いボトルが多いという印象で、この1本も期待値が高かったボトルです。
一言で「らしい」ジャパニーズです。樽感強く酒質云々ではなくなってますが、リッチなオークフレーバーはまさにという味わい。

ただ、ボトリング本数120本で、バーボンバレル熟成の24年モノと来れば、通常シングルカスクでリッチなフルーティーさをイメージするところ。ですが、香味から推察するにこれはバッティングで、それも相当エンジェルズシェアで持っていかれた原酒の合わせ技、所謂エンジェルズリザーブなのではないかと思います。

高温多湿な日本では20年で十分すぎるほど樽からエキスが出ます。夏場の暑さで一気に樽の内部の揮発が進むと共に、樽材が膨張してエキスが染み出るわけです。
色はある一定まで来ると濃くはならなくなりますが、高いアルコール度数が樽材を溶かし、エキスは出続けていて・・・結果非常にウッディーでドライなウイスキーが出来上がるのです。(味や舌触りが少し淀んだようになるのも特徴の一つかなと。)
ましてそれが小さなバーボンバレルならなおのこと。口に含むとウッディーなフレーバー、蜂蜜やキャラメルを思わせる甘みにフルーティーなフレーバーもあるのですが、それ以上に渋み、苦味が強く、いかにも日本のクラフト蒸留所だなという印象を感じます。

本来こういう原酒は、先日掲載したブラックニッカブレンダーズスピリットであるとか、あるいはマルスのリリースだと竜胆などのように、若い原酒とブレンドすることで良い仕事をすることもあり、これはこれで貴重な資産。無理にシングルモルトで使う必要は無いと思うのですが、もう過去にリリースされたボトルに後出しじゃんけんしても仕方がありません。
マルスの貴重な20年オーバー原酒、しっかり楽しませていただきました。

このページのトップヘ

見出し画像
×