アーカイブ

2018年11月

リンクウッド 21年 GM 蒸留所ラベル 1990年代流通 40%

カテゴリ:
LINKWOOD
Gordon & Macphail
Aged 21 years
1990-2000's
700ml 40%

グラス:テイスティンググラス
場所:Y's Land Bar IAN
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソースの甘いアロマ、古酒感、いぶりがっこを思わせる角の取れた酸味とスモーキーさ。微かにい草のようなニュアンスもある。

味:穏やかな口当たり。シェリー感はバランス型、ブラウンシュガー、サルタナレーズンなどのドライフルーツ。ボディは平坦で一瞬香味の広がりに空白がある一方、余韻はピーティーで野焼きの後のようなスモーキーさが、染み込むように長く続く。

GMシェリーのカラメルソースっぽい甘みと、加水で整えられながらも1970年代以前のリンクウッドらしいスモーキーフレーバーが魅力。若干の古酒感はボトリング後の経年を考えればやむなし。出来ればもう少しボディが欲しいが。。。


先日IANで「昔のゆるいGMを」とオーダーして、棚の奥から出てきた一本。このデザイン系列の蒸留所ラベルは、1970年代後半あるいは1980年頃からリリースされていますが、今回はラベルが「Single highland malt」表記であることから、1990年代以降の流通と思われます。
つまり逆算すると蒸留時期は1970年代が濃厚といったところでしょうか。このころのリンクウッドは、銘柄によってスモーキーだったり淡麗だったりしますが、今回のベースはスモーキー比率多めのようです。

GMリンクウッドの蒸留所ラベルは、2000年代に入ると白黒のモノトーンのラベルへと変わり、直近ではボトルのデザインを微妙に変えながら現行品に至ります。(以下写真参考)
その間味の変化はどうかというと、当然それはあって。基本的にはピーティーさが穏やかになり、シェリー系中心にシフトするのですが、その間ロット差もあり、ある時はサルファリーだったり、リフィルっぽかったりと。。。ボトラーズリリースのシングルモルトなんだなと認識させられるぐらいに、誤差はありました。


(2000年代にラベルデザインが変わり、2012〜3年頃に肩部分に「G&M」の表記が入る写真のボトルデザインに変更された。最新のロットはボトルが再度変わり、メタリックなエンブレムも施されている。)

ちなみに今回のボトル。テイスティングではリンクウッドらしいと書きましたが、それはあくまでリンクウッドとわかっていた場合に紐付け出来るくらい。キャラクター的には、当時のGM蒸留所ラベルでリリースする20年クラスの熟成品の中で、同じように内陸系のスモーキーさがあるモートラックとの区別は困難という印象です。

強いて言えば、この時期はリンクウッドの方がスモーキーフレーバーが強いか。。。ですが、全体構成は例のGMシェリーと加水の強さで、他はこれという差別化が難しく。蒸留所ラベル以外のコニチョとか混ざろうものなら、正直自信はない。
まあこれもまた、ボトラーズの味というヤツですね(笑)。

ベンネヴィス 10年 46% イギリス向けオフィシャル

カテゴリ:
BEN NEVIS
MACDONALD'S
Aged 10 years
Released in 2017
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:個人宅持ち寄り会
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:乳酸系の酸味を伴うケミカルなフルーティーさ。オレンジやキウイ、ハッカ、風邪薬シロップ。乾いた麦芽や土っぽいピーティーさも微かに感じられる。

味:コクのある口当たり。香ばしい麦芽風味と奥から広がるケミカルさはシロップの甘み、オレンジキャンディ、パイン飴、人工的なニュアンスを感じるフルーティーさ。少々荒さもある。
余韻は微かにピーティーで焦げたような苦味を伴う、ややベタつきのある長いフィニッシュ。

ボディはミディアム程度で香味にもらしさがある、飲みごたえのあるモルト。多少若さはあるが、バッティングで全体のの一要素としてまとまっている。少量加水するといくつかの要素がまとまり、マイルドな飲み口からケミカルなフルーティーさがさらに主体に感じられる。


お、なんか雰囲気のあるラベル、ひょっとしてベンネヴィスの限定リリース?
。。。って思うじゃん。
実は普通のオフィシャルスタンダード。イギリス、ヨーロッパなどでは現在日本で流通している43%仕様の10年ではなく、昨年ごろからこちらのバージョンに切り替わっています。

ボトルは以前余市や宮城峡、あるいは竹鶴などのニッカ製品に採用された、通常のトールボトルより少し背の低いずんぐりとしたタイプのもの。1990年代にニッカウヰスキーからリリースされたベンネヴィスの長期熟成リリースには、このデザインのボトルや似たラベルが使われていて、当時を知っている飲み手にすれば、レトロラベルのようで懐かしくも感じると思います。

(シングルモルト・ベンネヴィス10年。現時点の日本流通品だが、近い将来今回のボトルに切り替わるのだろうか。)

その中身は、43%仕様のオフィシャルボトルでは、シロップのような甘みとケミカルなフルーティーさを主体とした構成であるところ。
46%仕様はバーボン樽以外にシェリー樽などバランス寄りにバッティングされているのか、上述のフルーティーさだけではなく、麦芽風味や余韻にかけてのピーティーさ、多少若さに通じる乳酸感など、いくつものフレーバーが混ざり合っている。多彩というか、複雑でボディに適度な厚みもある印象を受けました。

この多彩さが、43%仕様にあるフルーティーさの浮ついた印象を抑え、全体のバランス向上にも貢献しているようです。今のリリースもそれはそれで悪くなかったですが、新しいロットの飲みごたえもなかなか。ラベルチェンジすると味が落ちるという、業界のお約束に逆行する作りとも言えます。
価格的にもそれほど高価でないことから、日本入りが待ち遠しい1本となりました。来年くらいに入りませんかねぇ。。。(チラッ

グレンリベット 12年 ピュアシングルモルト 特級表記 1980年代流通

カテゴリ:
GLENLIVET
Pure Single Malt Scotch Whisky
Aged 12 years
1980-1990's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:すりおろした林檎、洋梨を思わせる爽やかでフルーティーなアロマ。合わせてバニラ、乾いた麦芽、干草、微かにアロエや花のような植物感も感じる。

味:心地よくドライでスパイシーな口当たり。乾いた麦芽から蜂蜜、あるいはリンゴの蜜を思わせる甘みとコク、徐々にほろ苦く、余韻は淡くピーティー。ドライで長く続くフィニッシュ。

爽やかで清々しいフルーティーな香気が、まさにスペイサイドと言う山間の清流を思わせるキャラクター。味わいも麦芽風味がしっかり感じられる。
近年流通のグレンリベットに語られるキャラクターの原点と言える個性が、より強く備わっている。


かつてバーマンの間で、まず飲むべきモルトとして、全てのシングルモルトに通じる香味があると語られたグレンリベット。ですがそのキャラクターも時代によって異なっており、近年で最も大きな変化があったのが、「Pure Single Malt Scotch Whisky」表記のある今回のボトルでしょう。

1世代前にあたる「Unblended all malt 」表記のあったボトルは、ロットによって多少異なるものの、シェリー系のニュアンスを伴うモルティーさとスモーキーなフレーバーが特徴。それが1980年代後半にリニューアルした今回のボトルは、林檎、洋梨などのフレッシュなフルーティーさが主体となって、スモーキーフレーバーも穏やかに。。。明らかに樽や原酒の構成が変わっていることが感じられます。
当時のグレンフィデック8年や10年を追従する構成とも言えますが、リベットの方が林檎系の香味とピートの存在感が強いですね。

(1970年代から1980年代前半ごろまで流通していた、アンブレンデッド表記の12年。レビューはこちら。)

(1990年代後半に再度リニューアルしたピュアシングルモルト表記ラベル。現行品を思わせるデザインに近づいている。)

近年のグレンリベットのスタンダードクラスは、バーボン樽で熟成した原酒を中心に構成されています。
そのキャラクターへのターニングポイントが、今回のボトルの原酒が蒸留された時期である1970年代後半あたりと考えられ、現代にかけて2ndフィル以降のシェリー樽やバーボンバレルの比率が上がっていったのでしょう。
また、その変化はスペイサイドらしさとも言える華やかさ、爽やかな個性を後押ししており、近代スペイサイドモルトの原点に通じるキャラクターとも感じます。

そう考えると、グレンリベットが全ての基本とする位置付けは、最初に公認を得た蒸留所という背景もある一方で、キャラクターとしても言い得て妙です。80年代以前はシェリーとピート。90年代以降はアメリカンホワイトオーク由来の、華やかさ。その時代その時代で押さえておくべき香味が確かに備わっている。
現行品のグレンリベットが入門用なら、このオールドリベットは、ウイスキーに慣れてきた人に是非飲んで欲しいと思う1本です。

ボジョレー ヴィラージュ セレクト デ ロジェ 2016

カテゴリ:

BEAUJOLAIS VILLAGES
SELECT DES LOGES 2016
750ml 13%

開封直後はしっかりと樽香があり、スパイシーで新樽のウッディさ、タンニンも強い。ガメイらしい加熱調理したベリーっぽさ、果実味のある甘みは奥にある程度。香味は全体的に強いが、ボディにそれほど厚みはなく、余韻にかけて酸味の主張もあってややバランスを欠く印象もある。

ただしバキュバンで1日置くと、樽香がベリー香と混ざって、ザクロやブルーベリーのジャム、微かに木苺、甘酸っぱい香りが開き、らしさに通じる変化が見られる。
開封直後でベストに持っていくには、しばしの忍耐か、デキャンタのスキルが問われる。もっとも、とっ散らかっている初日にあまり無理して飲む必要はなく、煮込んだ後で1日置いたカレーの如く次の日の方が美味しい。無事、2日目で完飲。
アテはビーフジャーキー、あるいは煮込みなど、濃く味付けた肉料理と共に。


11/15はボジョレーヌーヴォー解禁なので、ボジョレーワインを。。。といってもこれはボジョレー地区のワインで、ヌーヴォー(新酒)ではありません。
昨年も同じような記事を書きましたが、日本はボジョレーヌーヴォーの一大消費国でありながら、勿体無いことに、その後生産される普通のボジョレーワインは、多分ほとんど飲まれてないんじゃないでしょうか。

実際、ネットで探そうにもヌーヴォーが引っかかってきちゃうし、専門店の店頭にもほとんど見かけない。
でもボジョレーワインのスタンダードなキャラクターである、ガメイ種の葡萄によるベリー系のジャムを思わせる果実香は、ウイスキークラスタ向けにはシェリー樽熟成のウイスキーに通じる部分があるだけでなく、下手なブルゴーニュ・ピノを買うより価格も安価で全然扱い易いと思います。

何より、毎年ヌーヴォー発売時に出る"当たり年級の予測評価"が実際はどうなのかを確かめるのは、ネタとしても面白い。
であればと、1年に1度くらいはボジョレーワインを飲む日を作るかと、解禁日をその日にしているわけです。

(信濃屋店頭。去年はなかった「ヌーヴォーじゃないボジョレー」のテロップが。)

2016年のヌーヴォー発売時の予測評価は「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい」でした。
今世紀最高と言われた2015年に比べ、評価が定量的ではないのでなんとも言い難いですが、このワインも2日目の開いた感じは酸味と果実味のバランスが良くなってくるので、結局は樽の効かせ方というか、作りのバランスだよなーと。
っていうかこれ一本で語れるような世界でもないですがw


ちなみに新酒の方は、このワインを買いに行った店頭で、たんまり飲ませてもらいました(笑)。
信濃屋さん、ルロワやタイユヴァンまで無料試飲開けてる。日本でのボジョレーヌーヴォーの消費量が減ったとはいえ、銀座の夜はまだまだお祭りですね。

中でもルロワのボジョレーヌーヴォーは流石に美味い。ヌーヴォーにありがちなボディが薄くて酸味が強い感じではなく、果実味と渋みがまとまった、普通にちゃんとワインです。
まあ値段も5kするんで、美味しくなきゃ流石に非難轟々っていうか、それでもカリピノでカレラあたり買ったほうがってオチも否定はできないのですが、今日は一応ボジョレーの日なので。。。そんなわけで、なんだかんだ言いつつお祭りを堪能した解禁日の夜でした。

12/15〜 ウイスキー好きによる作品展開催 CF結果追跡その1

カテゴリ:
これまで、このブログで何度かウイスキー関連のクラウドファンディングを紹介させていただきました。
どれも魅力的な企画で、既に結果を出したものもあれば、現在準備中のものもあり、形になるのが待ち遠しくあります。

ただ支援募集の時だけ紹介して、その後を記事でフォローしないのは勿体無いかなと。今回はそれらの企画の中で、現在進行中な「ウイスキー作品展」の進捗状況について紹介します。


今年の8月からクラウドファンディングの募集を行った「ウイスキー写真作品展 Why do you like whisk(e)y?」は、わずか1日で目標額に到達。最終的には200%以上の支援を得て、12月15日、16日の土日2日間、東京都西荻窪のNishiogi placeにて、開催されることとなりました。

なんのこっちゃという人のために補足をすると、ウイスキー沼にハマり、お酒が生まれる場所、環境、人に惹かれた一人の男が、今まで巡った約100蒸留所の中から特に思い入れの深い蒸留所について、"写真とお酒を同時に楽しむ作品展"を開催するというもの。

例えばハイランドパークを飲みながら、オークニー島や蒸留所の景色を写真で楽しむといった具合。なんていうか、オシャレですよね。
ウイスキーのラインナップはスコッチ、アイリッシュ、アメリカン、ジャパニーズと所謂5大ウイスキーを網羅。オフィシャル以外に、現地で調達した蒸留所限定品なども予定されているとか。。。
概要は以下の通りで、イベント参加はファンディング参加有無に関わらず可能です。

Nishiogi place
東京都杉並区西荻窪北5-26-20
JR西荻窪駅北口から徒歩10分弱(1km程度)

◆ウイスキー写真作品展(概要)
12月15日(土)10時から19時
12月16日(日)10時から18時
※事前予約制、2時間交代制
参加費:2000円

予約・問い合わせ先
whydoyoulikewhiskey@yahoo.co.jp

企画・主催
Isihara Tatsuya


※留意事項※
ウイスキーを飲みながらゆったりと作品を見ていただきたいとの考えから、参加する枠を事前に予約する、2時間交代制となっています。
既にいくつかの枠は埋まり始めており、興味あります方は早めに登録された方が良さそうです。
詳細は以下イベントサイトの4.をご確認ください。

イベントサイト:Why do you like whisk(e)y? 

※参加予約はメールアドレス以外にFBイベントページからも受け付けています。

(提供されるウイスキーの一部。目玉のボトルは全てIshiharaさんが蒸留所を巡りながら調達されたものである。)

現在は当日に向け、作品の調整はもちろん、各メーカー・蒸留所への掲載確認など様々な準備が行われている最中ですが、イベント内容はファンディング時から大幅に拡充されています。
当初はIshiharaさんの写真を中心に展示するイベントだったところ。当ブログにもスコットランドの写真を提供いただいているK67氏の作品が追加されただけでなく、ボトルランプによるライトアップや注目の若手バーマンによる創作カクテル提供など、写真以外の作品も追加され、まさに"ウイスキーの作品展"と呼ぶにふさわしいイベントに仕上がりつつあります。

Photo by T.Ishihara

Photo by K.67

Bottle lamp - Kaori Abe 


また、活動はメディアにも注目され、本日発売のモノマガジン(11月16日発刊 No,816)に、「ウイスキーって人間味」の特集で、Ishiharaさんの蒸留所巡りのエピソードと合わせて紹介されています。

それも目白田中屋の栗林店長やリカーズハセガワの大澤代表、Kovalの小嶋ブランドマネージャーにキリンの田中マスターブレンダーら業界関係者に混じって、ウイスキー好き一般人のイシハラタツヤですよ。
人選もちょっとコアなメンツなのが面白いですが、その中でIsiharaさんのエピソードが企画の表紙をゲット(笑)。


話がどんどん大きくなってくる。イベントってのはこうでなくちゃ面白くないですね。それが自分がファンディングで支援した企画とあれば、尚更嬉しいってもんです。
広げた風呂敷が小さくなってしまうことは、何かを企画するとよくあることですが、その逆は内容に魅力があることと、企画者の人徳に他ならないと思います。
イベント当日が俄然楽しみになってきました!

このページのトップヘ

見出し画像
×