アーカイブ

2018年03月

シングルモルト 白州 18年 2017-2018年流通品 43%

カテゴリ:
HAKUSHU
SUNTORY
Single Malt Whisky
Aged 18 years
2017-2018's
700ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:ほのかに青みがかったオーク香、干し草、乾いたウッディネス。砂糖のかかったオレンジピール、林檎、微かにスモーキーでハーブを思わせるニュアンスも。

味:スムーズでコクがあるが、徐々にドライさを感じる口当たり。蜂蜜、熟した洋梨、オークフレーバー。後半にはグレープフルーツのワタを思わせるピートのほろ苦さ。
余韻は甘栗や黄色いドライフルーツ、ほのかにスモーキーでジンジンとしたウッディネスが染みるように残る。

ボディがしっかりあり、加水に負けておらずバランスは良好。完成度の高いハイランドタイプの銘酒。飲み込んだあとのチェイサーが、さらにいくつかのフレーバーを呼び覚ます。フルーティーでピーティー、実に好ましい。小量加水すると樽香に加え、ピートフレーバーを強く感じる。


サントリーのシングルモルトと言えば山崎が知名度的には上だと感じますが、中身の話では白州は劣っているわけではなく。
むしろ現在のラインナップであれば白州の方が安定感があり、味も自分好みです。

その代表的な銘柄がこの18年です。山崎18年の香味がウイスキーブーム前と比較して変わってしまったという話は、先日の更新でも触れたところ。これは、山崎18年の香味を構成する主軸となっていた、シェリー樽原酒、ミズナラ原酒の数が、生産量に対して足りていないためと考えられます。
近年価格高騰などから良質な樽の入手は困難で、安易に増産できないという苦悩は、スコッチ業界を見ても明らかです。

では白州はどうかというと、直近入荷のボトルを久々にテイスティングしてみましたが、フレーバー構成がガラッと変わるようなことはなく。流石に使える熟成年数の範囲や、樽構成も多少の制限がかかっているとは思うのですが、オークフレーバーに由来するフルーティーさ、余韻にかけて存在感を増すピートフレーバーで樽感と酒質のバランスは良く、品質を維持していると感じます。
元々白州は樽の中では安定して入手が可能だった、アメリカンホワイトオーク、バーボン樽系の原酒を中心に構成していたため、上記の影響を受けにくいのではないかと推察します。


白州のオフィシャルラインナップを振り返ると、個人的にNAはまだ若さが感じられる部分があり、これはこれでハイボールで飲むと爽やかで美味しいのですが、ストレートだともう一つ熟成感が欲しい。
かと言って25年は熟成による深みは素晴らしいのですが、やや過熟気味なニュアンスもあり、現行品で一番バランスが良いのは18年だと感じています。

休売の噂がある白州のエイジングラインナップ。特定の店舗にはサントリー側から直接連絡があったというのが事の発端のようですが、12年だけという話があれば、全てという話もあり、はっきりしない部分があります。出来れば噂で終わって欲しいところです。


以下、雑談。
今日の更新はジャパニーズが続いたところでもう1本。ちょうど白州25年の記事で白州推しのコメントを頂いていましたので、最近のロットをテイスティングしてみました。
色々レビューは溜まっているのですが、いっそ今週はジャパニーズ強化週間にでもしてしまおうか、なんて考えてます。

シングルカスク 余市 10年 2004-2014 マイウイスキーづくり 60% #406599

カテゴリ:
IMG_6654
YOICHI
SINGLE CASK
NIKKA WHISKY
Aged 10 years
Distilled 2004
Bottled 2014
Cask type New American White Oak Cask #406599
700ml 60%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★★(6-7)

香り:チャーオーク由来のリッチなウッディネス。はじめはツンとした溶剤っぽさが多少感じられるが、すぐにカカオチョコレート、メープルナッツ、熟したバナナを思わせる濃い甘みとほろ苦さ。ほのかに焦げた木材、ローストアーモンドのような香ばしさも感じられる。

味:濃厚で甘く香ばしい口当たり。フルボディ。カラメルソース、生チョコレート、ローストアーモンド、じわじわと唇や口内の水分を奪うようなウッディネス。
余韻はほろ苦くヒリヒリとした刺激を伴うが、蜜っぽい甘みも感じられ、穏やかに消えていく。

新樽パワー炸裂という余市らしい1本。濃厚で骨太、アタックも余韻にかけて強く感じられるが、度数ほどのアルコール感はなく。またタンニンもほど良い程度で、純粋に樽由来のエキス、甘みや香ばしさが主体という構成。少量加水すると蜜っぽい甘みが引き立つ。


ニッカが毎年開催している、蒸留所見学兼体験イベントである、マイウイスキーづくり。
詳細はご存知の方が大半と思いますので割愛しますが、自分は2009年の余市に参加しており、ボトリングまであと1年というところまで来ました。

"マイウイスキーづくり"は2000年以前から実施されていましたが、当時はあくまで関係者を中心としたもので、現在のように広く募集されるようになったのは2002年からとのこと。
その為、ここ数年は保管期間を終えた初期グループの方々がチラホラ見られるようになり、SNS等の投稿を見ては俺のも早く飲みたいなと、待ち人を待つ想いであったわけです。

そんな中、当ブログ読者の方と、お互いのマイウイスキーボトルを交換することとなったのですが、先払いだと送ってきてくださいました。
こちらはまだモノがないにも関わらず。。。信頼いただけるというのは、純粋に嬉しいことです。

IMG_1978
(余市蒸留所、マイウイスキーづくり用の熟成庫。土の香りのする非常に古典的な熟成庫であり、樽詰めされた原酒は、時折来る来訪者に見守られながら10年後のボトリングのときを待つ。)

前置きが長くなりましたが、新樽熟成の余市の特徴は、何と言ってもその樽感。 バーボン樽のように一度エキスが抜けているわけではないので、バニラや黄色い綺麗なフルーティーさというより、キャラメルやメープルシロップを思わせるねっとりとした色の濃い甘みが、ウッディなタンニンと合わせて溶け込んでいます。
それが日本の温暖な環境の影響もあって短期間で抽出されるため、元々骨太な酒質はそのまま。
新樽熟成のスコッチモルトがないわけじゃないですが、こうした仕上がりになるシングルカスクは少なく。また、長熟スコッチで同様の濃いフレーバーが得られるケースに比べ、タンニンが穏やかな傾向もあります。

2001年、国際ウイスキーコンペWWAの前身であるベストオブベストで、新樽熟成の余市10年が世界一のシングルモルトに選ばれたワケですが、あれは特別な樽ではなく、熟成庫に転がっていた普通の新樽から選んだという話。上記のようなこれまでのスコッチにあまり見られない濃厚なウイスキーが、濃いシェリー樽モルト大好きな欧州の愛好家の琴線に触れたのではと推測しています。

なお、2000年代のニッカのウイスキーは、竹鶴や鶴などの上位グレードを中心に、大なり小なりこの新樽原酒のフレーバーが感じられました。最近はブレンドの方針が変わったのか、この香味が薄くなってしまい悲しい限り。。。
ちなみにこの新樽熟成のウイスキーは、パイプや葉巻との相性が抜群に良いのです。今回のボトルも後日極上な1本を入手した後、紫煙と共に至福のひと時を楽しみたいです。

シングルモルト 白州 25年 43% WWA2018 ワールドベスト受賞

カテゴリ:
HAKUSYU
SUNTORY
Single Malt Whisky
Aged 25 years
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@サンプル(萌木の村)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:古いウェアハウスの中にいるような落ち着いた香り立ち。香木感のあるウッディネス、燻したようなピートフレーバー、オレンジピールチョコレートやドライアプリコット、角の取れた穏やかで深いアロマ。少し湿ったような木のえぐみも伴う。

味:まろやかでコクのある口当たり。燻した麦芽風味、オールブラン、カステラの茶色い部分、中間から後半にかけていぶりがっこのようなスモーキーさとアプリコットや熟したオレンジの酸味。
余韻はどっしりとスモーキー、ウッディーでタンニンが染み込むよう。じわじわとスパイシーな刺激を伴い長く続く。

熟成による落ち着きのあるカドの取れた香味。複数の樽材が織り成す香木感を伴う高貴なウッディネスに加え、どっしりとしたピートフレーバーが個性を主張している。若干過熟気味なニュアンスもあるが、響同様にサントリーが目指しているブランドの方向性が伝わってくる味わい。加水するとボディが軽くなり、樽香が浮つくのでストレートで楽しみたい。

サントリー シングルモルト白州、オフィシャルラインナップの最高峰にして、ISCなど様々な国際コンテストで高い評価を得ているシングルモルト。日本時間でつい昨日発表されたWWA2018※の本審査では、世界各国の代表の中からワールドベストシングルモルトに輝いた1本でもあります。

WWAはウイスキーマガジンが主催する、ウイスキーを主体とした国際コンペ。審査基準は少々不透明な部分がありますが、今年は白州25年の受賞だけでなく、ブレンデッドウイスキー(限定リリース)部門でイチローズモルトが、ブレンデッドモルト部門ではもはや同部門における絶対王者、ニッカウイスキー竹鶴17年がそれぞれ戴冠。
ウイスキージャンルの主要部門とも言えるモルトウイスキーとブレンデッドウイスキーの区分で、それぞれ世界一を獲得するという、日本のウイスキーの評価がさらに高まる結果と成りました。

WWA2018
※World Whiskies Awards 2018 Winner
http://www.worldwhiskiesawards.com/winner/whisky/2018/taste

その知らせを受け、折角だし白州25年を飲みに行くかと探したものの、山崎25年同様に生産量が特に限られているため、サントリー系列に強い特定BARもここ数ヶ月入荷が無いのだとか。。。 
ただ幸運な事に、昨年萌木の村の舩木さんとのサンプル交換で白州25年を頂いておりましたので、掲載していなかったテイスティングノートを合わせて公開することにします。

さて、シングルモルト白州のスタンダードなキャラクターは、 切り出した木々を思わせるオークフレーバーとほのかなピート香で、爽やかなハイランドタイプと言える構成です。
ただし熟成年数が増えることで樽感がしっかり出てくるだけでなく、年数表記以上の長熟原酒やシェリー樽熟成の割合を増やして多層感を形成している傾向があり、その香味に負けないようピーティーな原酒の中でもヘビーピートタイプの割合を増やしていると感じます。

そのため、この25年は単に10年や12年の延長線上ではない、サントリーの長熟ラインナップに感じる独特の香木感と、重厚でスモーキーなハイランドパークなどのアイランズ寄りのキャラクターも併せ持っている。森は森でも、深く深遠な、深山幽谷、大森林のよう。
サントリーのブレンド技術と熟成環境、まさに日本だからこそ作り得るシングルモルトウイスキーの一つであると言えます。

休売の噂もある白州のエイジングシリーズ。都内では中々テイスティング出来る場所がないかもしれませんが、蒸留所の有料試飲ではラインナップにあることが多いと聞きます。(勿論、萌木の村のバックバーにもあるようです。)
今回の受賞をきっかけに、世界一のシングルモルトを飲みに蒸留所まで足を運んでみては如何でしょうか。

スプリングバンク ローカルバーレイ 10年 2007-2017 57.3%

カテゴリ:
SPRINGBANK
Local Barley
Aged 10 years
Distilled 2007
Bottled 2017
No of bottles 9000
700ml 57.3%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:強いウッディさからオレンジピール、ザラメ、キャラメル、燻した麦芽。香りに溶け込んでいるようなスモーキーさ。ほのかにハッカと硫黄香のニュアンスも。

味:口当たりは粘性があり、蜂蜜や淡いシェリーのニュアンス、干し草、出がらしのお茶、奥から麦芽風味。やや荒さがあり、徐々にヒリヒリとした刺激が感じられる。
余韻はドライでスパイシー、存在感のあるピートとローストした麦芽の香ばしさ。パワフルで長く続く。

酒質のらしさよりも樽感が強く、相乗効果で味の濃い短熟系シングルモルト。特にシェリー樽熟成の原酒が香味に複雑さを与えている。好みを分ける味わいだが、加水すると華やかな樽香が開いて親しみやすくなる。


スプリングバンクが2015年から5年間で5作リリースを予定している、ローカルバーレイシリーズの3作目。
蒸留所から8マイル以内にある農場で作られた地元産の麦芽を、地元産のピートを使ってフロアモルティング。近年のスプリングバンクは、トミントールなどの内地のピートを2種類使っているようですが、ローカルバーレイ用には現地のものを調達しているようです。

率直な感想を述べれば、他のスプリングバンクと比較して、これぞローカルバーレイというほど地元産原料を使うことに対するメリットは感じないのですが、ウイスキーは古来"地のもの"であったわけで、特別感を楽しめるのは事実。
また、独自のモルティング由来か、近年のスプリングバンクの味の強さ、癖、麦感は健在。樽比率はバーボン樽70%にシェリー樽30%で、酒質をさらに上塗りする複数の混じったような樽感が味の複雑さに繋がっていると感じます。


さて、これまでのローカルバーレイ3作を振り返ると、酒質由来の香味が強かったファーストリリースの16年に対して、この2年間の11年、10年と、熟成年数が短くなるごとに樽感が強くなっていく傾向が感じられます。その樽感は、ローカルバーレイ11年は通常ラインナップの10年、ローカルバーレイ10年は15年の延長線上にあるという印象です。

その仕上がり具合には様々な意見がありますが、短熟化が進んだためか特別なラベルを背負うオフィシャルのリミテッドでありながら、手を出しやすい価格帯のリリースが続いたのは、その手のリリースをとんでもない値付けで展開しがちな某社と違って有難い方針でもありました。
今年、そして来年のリリースは18年程度のミドルエイジに戻っていくか、あるいは8年などのさらに短熟を挟んで、1999年仕込みで20年か21年熟成まで引っ張ってフィニッシュでしょうか。

なお、ローカルバーレイの仕込みは現在進行形で行われており、以下の写真のようにローカルバーレイであることは鏡板にも書かれています。この5作とは別に、引き続き10年から15年程度のリリースが続くのではないかとも感じています。 

アーマー 100 ピュアモルト 8年 特級表記 43%

カテゴリ:
ARMOR 100
PURE MALT WHISKY
Years 8 old
1980's
720ml 43%

グラス:不明
場所:個人宅持ち寄り会
時期:不明
暫定評価:★★★★★(4-5)

香り:やや刺々しく酸味のある麦芽香、色の濃い蜂蜜の甘いアロマ、干し草、微かにフローラル。合わせてピーティーで土っぽいニュアンスも。

味:古酒系の麦感とオイリーな口当たり。酸味を伴う出汁っぽさ、淡いオーク系のウッディネス、パフューミーなフレーバー。
余韻はドライでピーティー。パフューム香。ほろ苦く乾燥した麦芽の軽やかな香ばしさが染み込むように続く。

複数地方の原酒を混ぜ合わせたような、複雑なモルティさのあるウイスキー。本来はもっとチグハグだったかも知れないが、経年変化で落ち着きのある味わいに。なお加水するとパフュームが際立つ。。。


アーマーは、八王子にある酒販業者の京晴が、1980年代に扱っていたウイスキーブランド。
現在も当時の売れ残りであるアーマー12年と21年が同社にてひっそりと販売されていますが、どちらもハイランドモルトベースに12年はピーティー、21年はフルーティーな熟成香と、使われた原酒の時代の良さを感じる味わい深いウイスキーです。

そのアーマーブランドに関連すると思われるブランドが、今回のテイスティングアイテムであるアーマー100 ピュアモルト8年です。
先に紹介したアーマー名義の12年と21年、そして知る人ぞ知るシングルモルトの18年と20年のアーマーブランドは、ピーター・J・ラッセル社という、ブレンデッドメーカー、ボトラーズブランドを複数傘下に置く大手ウイスキーメーカーの作ですが、この8年はどうも素性が異なるようです。

ラベルに書かれているのは京晴と、そして販売元となる富士発酵工業の社名。
フレーバーの良し悪しはともかく、中身はハイランドモルトとアイラモルトを足したようなスコッチタイプのピュアモルトであることから、京晴さんが輸入した原酒で富士発酵がブレンドしたか、あるいは仲介してもらっただけで中身は先述のラッセル社の作か。(限定品としてアーマー100 12年もあるようなので、後者でしょうか。)
いずれにせよ1980年代以前のジャパニーズに見られる独特なアルコール感はないので、当時のスコッチモルトらしいコクとパワーを感じる味わいではあります。

他方、短熟故の荒さ、チグハグさでスムーズでマイルドという味わいではないこと。そして極め付けは、時代的にはボウモアかアベラワー、グレンタレットあたりかと思われるパフューミーさが感じられ、好みを分ける構成であることは、注意が必要です。

このページのトップヘ

見出し画像
×