アーカイブ

2017年05月

グレンキンチー 2004-2016 ディスティラーズエディション 43%

カテゴリ:
IMG_3854
GLENKINCHIE
Distillers Edition 
Double Matured in Amontillado Cask Wood 
Distilled 2004
Bottled 2016
700ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y's Land Ian)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:甘くリッチな香り立ち。シーズニングシェリーのウッディーさ、アーモンド、プルーン、少し草っぽさと粘土を思わせる癖のあるアロマ。

味:軽くスパイシーな口当たり。乾いた麦芽、牧草、キンチーらしい軽快な刺激と麦芽風味の上に、椎茸等の出汁ツユっぽいとろりとしたニュアンスがある。
余韻は若干のべたつきを伴い、長く残る。

シェリー樽の甘みとウッディさより、シェリーそのもののニュアンスが混じった主張が感じられた。そう言う意味でらしさはわかりやすいが、グレンキンチーの酒質にこれが合うかというと。。。加水は少量まで、ベースが崩れて水っぽくなる。


1年に1バッチ、少量しか作られないグレンキンチーのダブルマチュアード。
個人的にディアジオのダブルマチュアードシリーズの中で、まず最初にテイスティングするのがグレンキンチーで、そこからスペイサイド、ハイランド、島系に流れていきます。
ローランドから入って、スコットランドを巡るウイスキーの旅といったところでしょうか。

使用されている樽は、アモンティリャードシェリーを熟成(シーズニング)させた樽です。
同シェリーは一般的にオロロソほど濃くはない繊細な風味、柔らかい酸味を持った辛口タイプのシェリーとされています。
ここのところ、グレンキンチーのダブルマチュアードは、アモンティリャードシェリーの特性からか、不思議な酸味というか、樽から滲み出た要素がうまくマッチしていた印象があったものの。今年はテイスティングの通り、2度目の熟成で付与されたシェリー感が強く感じられ、テイスティング時点では少々アンバランスに感じられました。

グレンキンチー蒸留所のキャラクターは、軽快な麦芽風味にあると言っても過言ではなく。シェリーとしてもフィノ系の樽(それもシーズニングでない)を使ったダブルマチュアードとか飲んでみたいなーと思うのですが、フィノ樽は貴重なので難しいか。。。

シガーモルト(モートラック) 19年 1997-2016 チーフタンズ 55.7%

カテゴリ:
THE CIGAR MALT
Chieftain's
Aged 19 years 
Distilled 1997
Bottled 2016
Cask type European Oak Oloroso Sherry Butt #5255
700ml 55.7%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:持ち寄り会@マッスルKさん
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:ツンとしたアタックに、焦げた甘みとほのかな酸味を伴うリッチな香り立ち。デミグラスソースや煮詰めたベリーシロップのような濃厚さ、プルーン、徐々に香木を思わせるウッディネス。

味:とろりと濃厚、ややベタつきのある口当たりでリッチな甘み、黒蜜、プルーン、ブルーベリージャム、軽いスパイスが舌を刺激する。
余韻はウッディでドライ、リッチな甘みはそのまま、ほのかに香木を思わせるアロマを伴い、長く続く。

リッチで嫌味の少ないシェリー系ウイスキー。使われた樽のシーズニング期間の長さが伝わる、濃厚な甘みが印象的。チェイサー片手にストレートで。シガーと合わせる場合、フルボディタイプの終盤に。


蒸留所不明のシガーモルト表記、そこはかとなく匂い立つ地雷感。。。
最初はそんなイメージだったイアンマクロード・チーフタンズの同リリースですが、昨年リリースされたシガーモルト18年が良質シェリー系モルトとして話題になったのは記憶に新しいところ。
単発かなと思ったら、熟成1年増しの19年ものがリリースされ、そのクオリティが前回限りではない事を証明した形となりました。
(前作のシガーモルト18年 1997-2015 57.7% 樽番号5240)

18年と19年、どちらも同系統でリッチなシェリー感。違いを述べると、19年の方がとろりとした甘みが強く、18年の方がドライでスパニッシュオークらしい香木を思わせるニュアンス、さらにカカオのようなピートフレーバーが余韻に広がるイメージです。
双方近年のシェリー系の中ではコスパ、クオリティ共に高く、サルファリーなニュアンスもない。どっちが良いかという話もありそうですけど、両者甲乙付け難く、もはや好みの問題としか言えません。

その中身はモートラック。リッチで良質なシェリー感ゆえ、ファークラスやグレンリベットなどの銘柄予想もありましたが、ボトル輸送用の段ボールに「モートラック18年」とするシールが貼られていたことが判明し、論争は終結。
今回については前述の通り樽感がさらに強く、酒質ベースの香味は掴みづらいのものの、18年と樽番号も近いため今回もモートラックではないかと思います。(っていうか美味しければぶっちゃけどこでもw)

既に美味しいと話題になっており、店頭購入は難しそうですが、BAR等で見かけたら試す価値はある一本。
出来れば本格的に暑くなって、シェリー系が厳しい時期になる前にお試しください(笑)

(ご参考:昨年の輸送用ダンボール。蒸留所不明ではなかったのか。)

TWDによるウイスキーブログ Tasters.jp の紹介

カテゴリ:
自分が参加しているウイスキーグループの一つ、The Whisky Divers(TWD)が、この度ブログを開設しました。
すでに約100本のテイスティングレビューを掲載するサイトとして整備されており、オープンしたばかりですが見応えのある構成となっています。


TWDは、ウイスキーのテイスティング技術の向上を主な目的に、有志で立ち上げたグループ。
初動が2015年10月ごろ、そこから1〜2ヶ月に1度の頻度で、ブラインドテイスティングによるウイスキーの深掘りをはじめ、樽による香味の違い、地域・蒸留方法の特性、オフフレーバーの認識など、毎回様々な目的を持って活動をしてきました。

(オフフレーバー勉強会の風景。コルク臭など、後付けで発生するオフフレーバーを可能な限り再現してそれぞれがテイスティング。)
(バーボンの集中勉強会。現地流通のフォアローゼズ限定ボトルをレシピ毎に取り寄せ、テイスティングを実施。)
(直近開催は、新商品のテイスティング。ブラックニッカ・クロスオーバーをメンバーで共同レビュー。レビュー記事はこちら。)

今回立ち上げたブログは、TWDメンバーによる共同運営で、活動の記録はもとより、メンバーそれぞれがテイスティングしたボトルが投稿されていく形となります。
それぞれが書き、まとめ、公開することで勉強に繋げようという試み。また合わせて上記ブラックニッカ・クロスオーバーのように、共同レビューで感想を述べあう従来の活動も。
勿論、まだまだ荒削りというかトライ&エラーで拡充させていくべき点などはあるものの、ウイスキーテイスティングだけでなくそれ以外の酒類の評価、関連ジャンルのコラムなど、内容は今後さらに充実していきます。

書き手としては、本ブログに素晴らしい写真を提供いただいている、k67さん、T.Ishiharaさんらも、Tasters.jpで活動される予定です。
私はというと、主軸はWhiskywarehouse.blogこと、この「ウイスキー置場」に引き続きありますが、コラムなどの執筆は協力させていただこうかなと考えているところ。

こうして多くの飲み手の意見、感想が展開されるのは、嗜好品の楽しみ方としてその多様性を担保する良い出来事だと思います。
置場読者の皆様、新しいブログについてもよろしくお願いします!!

富士御殿場蒸留所 シングルモルト12年 赤ワインカスクフィニッシュ 51%

カテゴリ:

KIRIN FUJIGOTENBA
Single Malt Whisky
Aged 12 Years
Red Wine Cask Finish
Cask No,7 B019
700ml 51%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(個人所有ボトル)
時期:開封後1ヶ月未満
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:レーズン、徐々にハーブ、ローストアーモンド。奥からリンゴのカラメル煮なども混じる、華やかなでリッチなアロマ。ハイトーンな刺激もあり、フィニッシュに潰されない個性を感じる。

味:濃厚だが、少しベタつきのある口当たり。メープルシロップ、イチジクの甘露煮、クラッカーの香ばしさ。エステリーなフルーティーさもあり、徐々にスパイシー。
余韻は粘性のある甘さ、ウッディで徐々にビター、スモークベーコンを思わせる燻したような煙を感じる。

多少べたつきが感じられるが、赤ワインカスク由来のリッチな香味を、骨格のしっかりした原酒が支える。加えピートのニュアンスなど、個性的かつパワフルで面白みのあるシングルモルト。


キリンウイスキーマスターブレンダーの田中氏が、ウイスキーアワードIOW2017で世界一に選出されたことを受け、その記念に4樽製造するうちの初めの1樽。
10年もののピーテッド原酒を、シャトーメルシャンの赤ワイン樽(フレンチオーク)で2年間フィニッシュ。ピーテッド原酒もそうですが、赤ワインフィニッシュというのも、富士御殿場蒸留所=バーボン樽なリリース主体の中で珍しく、個性的な組み合わせが注目を集めました。

個人的に今回のリリースは、富士御殿場蒸留所のモルト原酒待望とも言える1本です。
それは赤ワインフィニッシュが・・・では無く度数。富士御殿場のモルト原酒は、基本的に50%で樽詰めされる(グレーンは55%)ので、熟成の間に度数が下がり、50%を維持することはまずありません。
結果、モルトのみではスモールバッチ17年46%でも結構ギリギリという、短熟向け原酒となるのですが、その富士御殿場から、ついに50%越えのシングルモルトがリリースされたのです。

(富士御殿場蒸留所で主に使われている、バーボンの空き樽。フォアローゼズ蒸留所にて撮影。今回のワインカスクフィニッシュにも、バーボン樽由来の華やかなアロマが潜んでいる。Photo by T.Ishihara)

今回の原酒が仕込まれた12年前は、旧富士山麓の開発最盛期。2004年後半〜2005年前半(富士山麓は2005年9月発売)にあたり、様々な度数の原酒を試す中で試験的に高度数で仕込まれた原酒だったのではないかと推察。あるいは、稀に起こりうる熟成の最中に度数が上がる現象が起こったのかもしれません。
バーショーで確認するタイミングを逃してしまったので(単に聞き忘れていただけとも言う)、次回関係者にお会いした際に聞いてみたいと思います。
あるいは、確認された方いらっしゃいましたら、是非教えてください!

先に書いたように、今回のリリースは4樽選ばれたうちの一つとされており、今後残りの3種がリリースされるようです。
ワインカスクフィニッシュ12年は、ワイン樽のニュアンスの奥に、富士御殿場モルトらしいエステリーさ、オークフレーバーの華やかな香味もあり、できればバーボン樽との王道的な組み合わせの50%Over原酒を試したいという気持ちがさらに強くなりました。
今後続くリリースが一層楽しみです。

カリラ 2007-2016 ウイスキーラバーズ名古屋記念ボトル 50.3%

カテゴリ:
IMG_3251
CAOLILA
Whisky Lovers Nagoya 2017
Aged 9 years
Distilled 2007
Bottled 2016
700ml 50.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:焦げたようなスモーキーフレーバーを伴うクリアな香り立ち。ツンとしたアルコール感や溶剤を思わせる刺激がギスギスとした硬いイメージに繋がる。ほのかに根菜っぽい土っぽさ、時間経過でシトラスやレモングラスの爽やかさも開いてくる。

味:とろりとした粘性に加え、ピリピリとスパイシーな口当たり。麦芽風味と香り同様に焦げたようなスモーキーさが鼻腔に届く。微かに乳酸系の酸味、ヨード、焦げた木材のほろ苦さ。
余韻はほろ苦く、スモーキー、序盤の刺激を伴い長く続く。

口当たりで感じるコクのあるボディは、加水するとよりクリアで爽やかな香味に。硬さに繋がっていた要素が収まり、麦芽由来の香味も開いてくる。


BARよっちさんから頂いた、ウイスキーラバーズ名古屋2017の限定ボトル小瓶第2弾。
実は3種のうち、このカリラだけは別途飲んでいたのでテイスティングは2度目ですが、最初に飲んだ時は持ち寄り会の結構がばがば飲んでいる中だったので、ちゃんとし飲むことが出来て良かったです。

安定のカリラ、という一言に尽きる若いアイラらしいフレーバー。スペックと中身の関係は平均的なレベルで、樽感は淡く、酒質ベースの香味が主体的。特段裏切られるようなことも、期待以上の何かということも無いと感じます。
ただ、これは現時点での評価であって、今高評価を受けているバロックレイド時代のカリラなど、案外ボトリング当時はこういうピッチピチな味わいだったのではないかとも。最近リリースの増えてきた短熟のカリラは、ボディの軽いものも少なくない中で、口当たりのとろみ、麦感などから20年、30年先の可能性のあるボトルだと感じます。

ちなみに、既にイベント会場等において完売となった、このウイスキーラバーズ名古屋2017の記念ボトル3種(グレンギリー、カリラ、ブラックスネーク)ですが、2017年6月18日に福岡で開催される、ウイスキートークにおいて少量追加販売されるとのことです。

参照:ウイスキートーク福岡2017

最近、日本の各地域でこうしたイベントが開催されており、それが観光需要に繋がるなど、地域活性化にも貢献している模様。
ウイスキーラバーズ名古屋は入場規制が発生するほどの盛況ぶりで、改善点は大いにあるとしても、その盛り上がりは説明不要と言えますし。他のイベントでは、秩父ウイスキー祭りなんて約3000人が訪問するというから、ウイスキーの持つ力と現地の魅力のコラボは凄いと言わざるを得ないですね。

イベント開催に関わられている皆様の苦労には頭が下がる想いとともに、引き続き日本のウイスキー業界を盛り上げていってほしいと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×