カテゴリ:
IMG_20191128_233104
SPRINGBANK 
CAMPBELLTOWN MALT 
100% Pure Malt  
Aged 8 years 
1980's 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)

香り:穏やかな香り立ちから、しなやかな麦芽と淡いオーク香。白系のフルーティーさがあり、品の良い林檎の甘さやマスカットの酸、少しの干し草。合わせて柔らかいスモーキーさは、微かに塩素を思わせる要素も伴う。

味:ややドライだが柔らかい口当たり。香ばしさと共に蝋っぽさのある麦芽風味、膨らみがあってピーティーで染み込むよう。シトラス、林檎を思わせる含み香。余韻は若干弱いようにも感じられたが、ソルティーで麦芽風味、柑橘ピールのほろ苦さともに長く続く。

モルティーなフレーバーを樽がアシストしたような、品の良いフルーティーさが魅力。一口目は味の方で少し抜けたような印象を受けたが、飲むほどに味わいが蓄積し、あまり気にならなくなる。ブリニーさも健在。なにより多少抜けていてもそれを補うコシの強さが、この時代のモルトの特徴でもある。癒し系なバンクとして長く楽しめるスルメなモルト。

IMG_20191201_131454

1990年頃まで、スプリングバンク・オフィシャルリリースのスタンダードだった8年熟成品。蒸留所云々の話はもう同じみであるので省略。
スプリングバンクの8年といえば、「スプリングバンク 8年 特級」でググって出てくるようにペアシェイプボトル(以下、写真参照)が特に知られていますが、その後継品として1980年代中頃に2~3年程度、短期間流通していたのが、今回レビューする黄色ラベルの8年です。

ラベル表記やボトル形状等から推察すると、この黄色ラベルの後で白ラベルのものがリリースされ、1990年代に8年が終売に。白ラベルのほうが、特級表記に通関コードが書かれていないため、1980年代後半、1988年等の特級時代末期から流通したものと考えられます。(ネック部分に張られたエンブレムは、1990年代にリリースされる15年やウェストハイランドのデザインと共通するものです。)
なお、スプリングバンクのオフィシャルスタンダードとしては、その後、トールボトルのCVや10年に切り替わっていったと考えられます。

8b6a79d5
(今回の8年ダンピーの前にリリースされていたペアシェイプボトルの8年。スクリューキャップ仕様だからか、風味、骨格共に強く残っている印象。それゆえモルティーさがやや荒々しく感じられることもあるが、飲むほどに味わい深いスルメ属性なモルトであることは、この時代も変わらない。レビューはこちら

流通時期解説が長くなってしまいましたが、このスプリングバンク8年の流通時期を1985年頃と仮定すると、蒸留所の閉鎖が1979年からですから、それに近い時期の8~10年程度熟成原酒を使われているということになります。
恐らく1979年の閉鎖間際の原酒で白ラベルに切り替わり、残された原酒が10年熟成になったところで終売、ボトルチェンジしたという感じなのでしょう。

味の違いは・・・実は白ベルのダンピー8年を飲んだことがないので比較が出来ず(汗)。
ただ、ペアシェイプ時代との比較としては、香味の抜け具合、こなれ具合で今回のボトルの方がフルーティーさを感じやすく、柔らかく仕上がっている印象があります。(過去飲んだ複数のボトルも同様の印象でした。)
スクリュー時代より液面低下しているものも少なくないため、コルクキャップとの密閉度合いの違いによる影響なのかもしれません。
人によってはこちらの時代の方を好むかも・・・?
モルティーさと白系のフルーティーさ、そしてピートと塩気のアクセント。しみじみ旨い1本です。

IMG_20191201_085118
今日のオマケ:コノスル シングルヴィンヤード No,21 ピノ・ノワール 2017

個人的に、2000円以内で購入できる新世界ピノで最高のクオリティだと思う1本。コノスルの所有する単一区画の畑で、手積みで収穫された葡萄を使い、11ヶ月の樽熟を経て仕上げられる。この系統の味わいが好きな方なら、普段飲みで気兼ねなく使えるのが有り難い価格設定。これをナパで出したら軽く2倍はするんでしょうね。。。

典型的な新世界系の味わいで、濃いめかつはっきりとしたアタック。熟したベリーやチェリーのリッチな果実味、微かに黒土、スパイス、徐々にしなやかなタンニン。複雑さはそこまでないが、適度な深み、コクがあって分かりやすい味わい。
バキュバン保管2日目、3日目でも十分美味しく、むしろ全体的にこなれ、熟したベリーの甘味の中の酸やスパイスのバランスがとれてくる印象。熟成に使われている樽のうち、古樽が80%を締めることも、樽感がくどくならず果実味主導の構成に繋がっています。
5年くらい熟成させたバックビンテージのものも飲んでみたい。きっと美味しいはずだと思うのです。