カテゴリ:
IMG_20190728_194605
GLEN DRONACH 
ORIGINAL 
AGED 33 YEARS 
2000's 
Matured only in the Finest Oloroso Sherry Casks 
700ml 40% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:個人宅
評価:★★★★★★★(7)

香り:ふくよかで広がりがあり、色濃い甘さと熟したベリー系のニュアンスを伴うダークフルーツのアロマ。カカオチョコレート、濃く入れた紅茶。古びたウェアハウスにあるような湿った落ち着きのあるウッディネス。求めているものがある。

味:含み香はリッチだが口当たりは緩く、中盤は平坦で広がりに欠ける。カカオチョコレート、薄めたベリーシロップ、微かに黒土。じわじわと樽由来のタンニンが、キャラメルナッツを思わせる甘味と香ばしさと共に舌に染み込んでくる。
余韻はウッディでビター、ややドライだが鼻腔に抜ける熟成香はオールドシェリーの要素をまとっている。

香りは素晴らしい、往年の愛好家が求めるシェリー香があり、これぞシェリー樽熟成のドロナックといえる要素を持っているが、加水が効きすぎていて口当たりはスムーズだが全体的に緩く、起伏に欠ける。それでいて余韻は熟成の長さからか樽が強くあるのが悩ましい・・・。
香りは★8クラスだが味を加味すると少々物足りないため、評価に幅をもうける★6ー7とするかも悩んだ。加水はせず、ストレートで。

IMG_20190728_194629

2005年頃にリリースされていた、オフィシャルハイエンド。実に7~8年ぶり、本当に久々にテイスティングしました。
結論から言うと決して不味いとは言いませんし、ソレラ排出の古樽熟成と思われる1本ですが、以前飲んだ時のまま、物足りなさを感じる印象は変わりませんでした。

ドロナックと言えばシェリー樽熟成ですが、2000年代にサントリーが取り扱っていたグレンドロナック・オリジナルのスタンダードは、シェリー樽熟成の後でバーボン樽フィニッシュという不思議な仕様の12年モノしかスタンダードがないなく。熟成年数でダブルスコア以上の間をあけて、ハイエンドの33年だけがオロロソ100%というラインナップでした。
価格は当時で30000円強。それでいて40%加水。決して悪くはないボトルですが、とうじにしては高価格だったのと、親会社が変わって2010年頃からリリースされた同時期蒸留のリミテッドエディションが同じ価格帯でリリースされたこともあり(また、その中身が素晴らしかったこともあり)、この33年モノは暫く売れ残る事となります。

長期熟成に伴うウッディさ、タンニンを抑えるためには、ある程度加水での"ならし"は必要だとは思います。
ただこれを登山に例えるなら、アスファルトで完全舗装された登山を愛好家が望んでいないように、ある程度起伏と変化に飛んだ道なりと景色が、テイスティングにおいても必要だと思うのです。
特に香り(登る前に見えた山の姿)で期待させられた後で・・・となれば、いざ上ろうとしたらアスファルトはおろか、エスカレーターまで整備されていたような印象はぬぐえません。
まあ万人向けとしては、これくらいでちょうど良いのかもしれませんが・・・。

些か抽象的な駄文が過ぎましたが、今回のボトルの中身は1970年代前半(恐らく1970年や1971年あたり)のオロロソシェリー樽熟成原酒。それゆえ、その当時のグレンドロナックが備える、特徴的なベリー感を纏うシェリー香が香り立ちに感じられ、加水も合わさって角がとれ、我々愛好家が求めているオールドシェリー香がしっかり備わっています。
先に触れた、後にリリースされる1970~1972あたりのリミテッドリリースや、グランデュワー等との共通香があり、間違いなく同じ時期の原酒を使ったものと考えられます。

ただ、ほぼ同じ時期の原酒が使われている1980年代後期のオフィシャルのクリアダンピー18年に比べ、香味の平坦さ、広がりの弱さが否めないのはやはり熟成期間の長さ故か。一概に加水調整して整えるにしても、どこでバランスをとって仕上げるか。そして香りと味でどちらに重きをおくか。長期熟成シングルモルトの素晴らしさと共に、難しさを感じる1本でした。