カテゴリ:
IMG_20190911_230316
YELLOW STONE 
KENTUCKY STRAIGHT BOURBON 
1980's 
750ml 86Proof (43%)  

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:FRUIT RESTRANT BAR AIKA 
評価:★★★★★★(5ー6)

香り:酸を感じるドライな樽香。チェリーや薄めたメープル、焦げたオーク、微かに溶剤、あるいはオレンジのような柑橘系のニュアンスも混じっている。

味:口当たりは甘味が薄く、酸味とドライでビターなウッディネスが主体。樽由来のエキスが乏しい反面、ライ比率が高いのかスパイシーで口内へのアタックがやや強い。余韻は薄めたメープルやオレンジママレード。徐々にドライでスパイシー、乾いた質感が残る。

構成原酒は2~3年程度と比較的若いのか、特に口当たりで粗さ、ドライさが目立ち、ストレートでは引っ掛かりがある。どちらかと言えば割り材、カクテル向きで、実際これで作るミントジュレップはAIKA来店時のお約束メニューである。
ふんだんに使われたミントの爽やかさとライムや添えられたオレンジの柑橘が、ベースの酸や甘味と馴染んで実に美味。

IMG_20190911_230736
IMG_20190911_230802

100年を越える長い歴史を持つバーボンの有名銘柄のひとつ。イエローストーン。
ラベルにかかれているのは爆弾による爆発ではなく、イエローストーン国立公園にある間欠泉。イエローストーンで検索をかけるとウイスキーより上位に出てくる有名な観光スポットなので、もはや説明は不要ですね。

ただ、考察が必要なのが今回のイエローストーンが、どの蒸留所で作られていたのか、ということ。
バーボン業界では、蒸留所の装置や蒸留工程そのものがもたらす個性という観点が、スコッチモルトほどPRされておらず(どちらかと言うと重視されているのはブランドエピソードと原料比率)。銘柄の版権の売買や、蒸留所の買収に伴う蒸留拠点の一点集中といった動きが多くあるのが、同業界の特徴と言えます。

現在のイエローストーンは2010年、ケンタッキー州レバノンにライムストーン蒸留所が新たに創業し(完全に親会社から独立しているわけではなく、Luxcoグループの支店的な位置付けの模様)、そこで作られた原酒を使ってリリースされています。
蒸留所を管理するのはイエローストーン等の関連する銘柄をかつてリリースしていた一族の末裔で、念願かなって版権を取り戻した、なんて読めるPRもされています。

では今回のボトル、1980年代後半流通(1988年頃と推測、仕込みは1983年、1984年頃か)のイエローストーンがどこで作られていたか。
同銘柄は1944年からGlenmore Distilleryグループに版権があり、これが1991年にUDV傘下に移り、その後はヘブンヒルで原酒が作られていたようです。(火災時等は違ったのでしょうけれど。)
今回のボトルはUDV移行前なので、前身のグループが所有する蒸留所のどこかということになるわけですが、ラベルにはルイビル表記があるので、同地区の蒸留所と考えるのが有力。

ルイビルは元々イエローストーンを作っていた、Taylor & Williams Distilleryがあった場所。同蒸留所は既に閉鎖されており、蒸留設備もなくなっていたようですが、コメント頂き調べてみると、1933年にTaylor & Williams Distillery社がその郊外にShively蒸留所を新設しており、1985年に閉鎖されるまで稼働していたようです。
Glenmore社はイエローストーンをフラグシップブランドとし、Mellow-mashと位置付けた仕込みで製造。蒸留所の閉鎖後は原酒のストックで製造を継続し、上述の通り1991年にUDVに売却したそうで、特級時代末期のイエローストーンは上記Shively蒸留所の閉鎖間際の仕込みである可能性が高いことがわかりました。(かもさん、いつも的確なコメントを頂きありがとうございます!)

ただ、メロウマッシュとの位置付けにしては、ドライというかビターで辛口というか、今回の1本はちょっと違うようにも。。。(汗)
さらに古いイエローストーンもちゃんと飲んで見たいですね。
そういえば、某店にオールドのイエローストーン7年があったな・・・。

※蒸留所の考察について、コメントいただいた内容に基づき再度調べ、本文中の記載を修正しました。(2019/10/10)