カテゴリ:
IMG_20190824_222521
ABERFELDY 
HIGHLAND SINGLE MALT SCOTCH WHISKY 
GUARANTEED 12 YEARS IN OAK 
700ml 40%

グラス:SK2
場所:自宅
時期:開封後2ヶ月程度
評価:★★★★★(5)

香り:ややドライだがすりおろし林檎のような酸と果実香、華やかなフルーティーさのなかにほのかにおしろいのような麦芽香と干し草、スパイスも感じられる。

味:少し水っぽさのあるスムーズな口当たり。薄めた蜂蜜や林檎、品の良い白系の果実味と麦芽風味。オーキーな華やかさも備わっているが、合わせてドライでナッツや籾殻、多少の荒さが徐々に口内を刺激し、ほろ苦くウッディなフィニッシュへ。

加水が効いているため各フレーバー毎の主張はややぼやけた印象もあるが、アバフェルディらしさとモルトとして好ましい部分は充分感じる事が出来る。ストレートではその加水で抑え込んだような構成で、仕上げの荒さが多少気になるもののハイボールにはちょうど良い。

IMG_20190824_222636

現行品5000円以内で購入出来るハイランドモルトの中で、オススメの一本がアバフェルディ12年です。以前からリリースされていたオフィシャルですが、2014年頃にリニューアルされ、香味を大きく落とすことなく(むしろ良さがわかりやすくなって)近年に至っている。リカル7月号のでもオススメボトルとして紹介させていただきました(以下、画像参照)。

樽構成のメインはバーボン樽。アメリカンホワイトオークに由来するオーキーな華やかさは、過度に主張せず全体の1ピースとして備わっている程度で、それ意外に酒質由来の麦芽風味、熟成によって生まれる蜂蜜を思わせる甘味、ドライなウッディネス・・・。
オールドのアバフェルディに比べてボディの厚み、麦芽風味が控えめになっているのはスコッチ全体に見られる流れで仕方ないとしても、近年のスコッチモルトに求められているフレーバーや、アバフェルディ蒸留所のハウススタイルを味わえる、良くできたスタンダードリリースだと思います。

Screenshot_20190825_112307
(酒育の会発行、リカル7月号。連載企画でオススメのオフィシャルスタンダードを紹介していく。王道的な良さがあるアバフェルディは、デュワーズのキーモルトとしても馴染みがあるため、迷わず第一弾のラインナップに加えた。ロッホローモンドとでは対極にあるような並びだったと思う(笑))

ただし加水が強めに効いているためか個性がぼやけている部分もあり。これは万人向けリリース故仕方のないところですが、12年のみを飲むと、まあこんなもんかという感想を持つこともあるかもしれません。今回の評価で★5というのは、そうした視点も含めて、単体の香味のみで見た基準になります。
ですが上位グレードである21年とフレーバー構成が同じベクトル上にあるため、12年を飲んだ後で21年を飲むと、類似のフレーバー構成で熟成感と完成度の違いが分かりやすく。またその逆で21年を飲んだあとで時間を置いて12年を飲むと、感じる事が出来る良い部分にピントが合いやすくなり、デイリーに使える1本としての魅力に気づく。。。これが、アバフェルディ12年の総合的な評価になります。

そのまま飲んでもそこそこ美味しいけど、他のグレードも経験すると、さらに美味しく感じられるようになる。間口広く奥深い。オフィシャルスタンダードのあるべき姿ってこういうのだよなと思える1本なのです。