カテゴリ:
IMG_20190820_232735
FAMOUS GROUSE 
FINE OLD RESERVE 
AGED 12 to 30 YEARS 
1980-1990's
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:ややドライでスパイシー。熟成を経た穏やかなスモーキーさ。べっこう飴のような若干の古酒っぽさに、カラメリゼ、ビターオレンジ、奥には干し草や土っぽさも感じられる。

味:薄めたハニーシロップやママレードのようなグレーン由来の粘性のある甘味。麦芽風味と徐々にピリッとしたスパイシーさ。やや軽めというか奥行きの無いボディ感で、余韻はほろ苦く、しっとりとしたピーティーさが長く続く。

全体的には構成原酒の特徴が感じられ、香りはフェイマスらしいモルティーな要素とピート香があるが、味がちょっと薄い。熟成香はそれなりにあるので、若めのグレーンが多いのかもしれない。加水するとまろやかだが、より水っぽくなりやすい。

IMG_20190820_232753

1980年代後期から1990年代初頭にリリースされた、フェイマスグラウスの最上位ブランド。後に15年となる10 to 20 years表記も同時期にリリースされています。
業界動向から推察すると、この頃ジョニーウォーカーが15 to 60 yearsという最上位ブランド(オールデスト)をリリースしていたため、それに対抗したものと考えられます。

ただ、ジョニーウォーカーは該当する表記が問題になったという話もあり、2ロットほどリリースした後、1980年代後半に表記を取り止めてエイジング表記なしに切り替えているわけですが。フェイマスの本製品が日本市場に出回ったのは1990年代前半なのでちと時系列が合いません。
表記が問題になったならフェイマスもリリースを取り止めてますよねと。あるいはこのボトル、アジア向けっぽい感じもあるので(海外に情報がほぼ無い)、問題にならなかっただけなのかもしれません。

その構成ですが、別途リリースされていたピュアモルト30年に比べて明らかにボディが軽く。ハイランドパークを思わせる麦感やピートなど、モルティーさは良いものがありますが、かなりグレーンや若い原酒の影響を受けているように感じます。比率はモルト4:グレーン6くらいか。クラシックなスタイルとは言い難い感じですね。
するすると飲めて負担無い味わいにまとまってますが、逆にそれが残念というべきか、あるいは負担なく飲めてこれはこれと言うべきか。。。

IMG_20190901_200646
今日のワイン:アルテッサ カーネロス ピノノワール2015
最近ハマってるカリピノ。もうちょっとこなれそうなので、あと2-3年熟成させても良いかも知れません。
やたら美しく芸術的なデザインのワイナリーで、作りもなかなか。エステート表記のほうがかなり旨いとか。。。しかしこちらも新世界らしい熟したベリーのような果実感に、柔らかく控えめなタンニン。若干ジュースっぽさもあるが、グラスの残り香にあるベリー香は、やはりウイスキー好きの琴線に働きかけるものがあると思います。
今回は業者が投げ売りしたとおぼしきものをまとめ買いさせてもらいましたが、これは良い買い物でした。