カテゴリ:
IMG_20190816_233803
KNOCKANDO 
(Aged 11-12 years) 
Distilled 1975 
Bottled 1987 
750ml 40% 

グラス:国際企画テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでほのかに若い原酒由来の酸を伴うアロマ。干し草、蜂蜜とレモンのような柑橘と、ハーブの要素を微かに感じつつ、乾燥した籾殻を思わせるような軽やかなニュアンスが広がる。

:口当たりは経年を感じさせる落ち着きがあるが、すぐにスパイシーでドライ、薄めた蜂蜜、干し草、香り同様のニュアンスにカルメ焼の甘味と軽い香ばしさ。余韻はレモンピールを思わせる軽い柑橘感とビターでスパイシー、仄かに張り付くような粘性が残る。

ドライで軽やか、奥行きはそれほどでもないが嫌みなところも少ない。短期熟成スペイサイドの典型的なキャラクターであるが、近年のものと比べるとバーボン樽由来の華やかさが少なく、さらに酒質中心のプレーンな構成に感じる。樽の構成比率の違いもあるのだろう。ドライで軽やかなところは、同時期のJ&Bとの共通項であるようにも感じられる。


J&Bの構成原酒であるスペイサイドモルトのノッカンドゥ。ジョニーウォーカーにおけるカーデューやモートラック、ホワイトホースのラガヴーリンやグレンエルギンと同様に、この時代のラベルにはJ&Bの表記があり、ブレンドとの関係性がアピールされています。
(今さら書く話でもないですが、当時スコッチウイスキーにおけるシングルモルトは認知度が低く、スコッチ=ブレンデッドと言っても過言ではない時代。当時リリースされていたモルトには、主要原酒として使っているブレンド銘柄がセットで書かれているものが度々見られます。)

ノッカンドゥの特徴は、適度な麦感のあるスペイサイドらしいライトな酒質。特に近年はライト化が顕著ですが、1970年代あたりまでは麦芽風味の主張に厚みがあり、熟成を経てそれがモルティーなフルーティーさに変わっていく、通好みの蒸留所だと思います。
特に1968年までの長期熟成品は、麦芽品種とフロアモルティングによる効果か、さらに多彩でフルーティーな傾向があります。他方で、若い年数のものは今回のようにドライさが目立つ部分があり、1980年代以降では若さも加わってより顕著に。ここは好みが別れるところでもあります。


これまでの記事でも触れていますが、ノッカンドゥはもっと評価されるべき蒸留所です。
流通があったためオールドはまだ調達でき、現行品であっても18年や21年など、樽感との馴染みが良く、オーキーなフルーテイーさや、ライトななかにも上述でも触れた麦芽風味が感じられる。こういうのを日常的に飲める環境ってのが落ち着くなぁと、愛好家の悟りとも言える感覚すら覚えるほど。

ただし評価されると価格が上がり、味が落ちるというのはこの業界の法則じみたところでもあるので、ノッカンドゥは万人向けの味とは思いつつも万人向けではなく、ある程度飲んだ人がたどり着くような、知る人ぞ知るくらいの位置付けであっても良いのかなと。そんなちょっとした独占欲を感じてしまうのも、この蒸留所の魅力なのかもしれません。

IMG_20190822_134639

雑談:絶賛夏休み期間中ということで、家族で上野の科学博物館で開催中の恐竜博2019へ。ここで展示されている複製標本のひとつ、現在発掘されているなかで最大のティラノサウルスRSM P 2523.8は、”スコッティ”という愛称で、発見時にスコッチウイスキーで祝杯をあげたことに由来しているというトリビアを始めて知りました。

となると、何を飲んだのかが気になるところ。発見は1991年、銘柄はWEBにあるニュースでは発掘できず。しかし場所がカナダであることを考えると、現地で流通しているスコッチで有名どころはJ&BやB&W、あるいは
シーグラム系列でバランタイン?