カテゴリ:
IMG_20190612_233156
AMAHAGAN 
World Malt Whisky 
Edition No,2 
Red Wine Wood Finish 
700ml 47% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★(5ー6)

香り:スウィートで安いイチゴジャムのようなベリー香、奥に干し草、カカオのようなビターなウッディネスを伴う。時間経過で微かに柑橘や乳酸のような若さに通じる要素もある。

味:香りでも感じられた系統のシロップのような甘みとウッディなタンニン。アタックは強く、籾殻のような乾いたニュアンスと、じわじわとスパイシーな刺激を感じる。余韻はビターでややハイトーン。タンニンが染み込むよう。微かに染み込むようなピートフレーバーもあるが、ワイン樽の個性が支配的。

しっかりと樽由来のキャラクターがあり、奥行きはそこまでないが分かりやすい味わいに仕上がっている。加水するとバランスが崩れ、ニューポッティーさが顔をだす。ストレートで。


長濱蒸留所が自前の原酒と輸入原酒をブレンドして作ったリリース。前作が面白いというか、光るものを感じる出来だったので、今回は比較的早めにテイスティングです。
フィニッシュ前のベースとなっているのは昨年リリースされたアマハガン・ファーストリリースと同じものですが、そこに赤ワイン樽でフィニッシュをかけることで、仕上がりは前作とは大きく異なっています。

というのも、ファーストリリースでは序盤に若さが感じられ、中間以降輸入原酒がバランスをとって、フィニッシュはそのどちらの個性も混ざり合うような感じでした。
一方今回のセカンドリリース、ワイン樽フィニッシュは、序盤の若さをワイン樽の要素が塗り潰した。。。勢いで、中間、余韻にかけても影響。前作の仕込みから半年程度のフィニッシュでありながら全く別物のような分かりやすい仕上がり。
前作も上手く作ったと思いましたが、今回もまた原酒も限られている中で一般的なユーザーの欲しがる味わいにしっかりアジャストしてきていると思います。


1つのロットでベースとなるウイスキーをまとめて仕込み、複数回のリリースに使うことは、生産量や原酒に限りがあるクラフト蒸留所にあって珍しい手法ではありません。
むしろその土地のワイナリーの樽や、その土地で育ったミズナラ、桜、栗などの木材を使うことで、インスタント的ではありますが、地ウイスキーとしての体裁を整えることができるのです。
まあこの手の樽材等は扱いが難しいので、おいそれと簡単に成功するものでもないと思いますが・・・。

今回のボトルは、推定1年未満と少ない追加熟成期間のなかで、これだけはっきりとワインのニュアンスが出ているところに、滋賀県という地域の特色も感じられる。同じブレンドがベースとなっていることから、ワイン樽の影響を学ぶ意味でも前作との飲み比べをしてみるのも面白いと思います。