カテゴリ:
IMG_20190515_214945
GLEN ELGIN 
Aged 12 years 
Pure Highland Malt 
1970's 
760ml 43% 

グラス:国際企画テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:お酒の美術館神田店
評価:★★★★★★★(6ー7)

香り:古典的な麦芽香。籾殻のような乾いたアロマや、少し土っぽさの後でピート香がしっかりと主張してくる。奥にはべっこう飴、柑橘の綿を思わせるほろ苦いニュアンス。徐々にスウィートなカラメル系の甘さが開いてくる。

味:香り同様に古典的な麦芽風味からクラッカーを思わせる軽い香ばしさ。カルメ焼、ママレードのようなほろ苦さとピートフレーバーが存在感を主張する。
余韻はビターでしっかりとピーティー、スモーキーな鼻抜けで染み込むように長く続く。

テイスティングした時点ではまだ開ききってないようだが、充分に良さを感じる。香味の軸になっている厚みのある麦芽風味とピートフレーバーが素晴らしい。この両者を繋いでいる当時らしいカラメル系シェリー樽の甘みがもう少し開いてくると、さらに全体のバランスが良くなるはず。スペイサイドモルトは、そしてグレンエルギンはこうあってほしい時代の一本。たしかなまんぞく!

IMG_20190515_214559

グレンエルギンが、12年として、あるいはシングルモルトとしてリリースされた初期ボトル。時期は1970年代中頃から後半といったあたり。WHITE HORSE DISTILLERS表記に時代を感じますね。
ホワイトホース社から日本向けボトルがリリースされるくらい繋がりが深かった日本市場には、このグレンエルギンも一定数入っており、現在のリユース市場でも度々姿を見かけるボトルであります。

ラベルの通り、グレンエルギンはホワイトホースのキーモルトのひとつですが、当時DCL傘下の蒸留所ではシングルモルトのリリースを始めるところが多く。この流れにグレンエルギンものった、ということなのでしょう。
蒸留所としては、1964年に拡張工事を行ってスチルを2基から6基に増設しており、ホワイトホースに原酒を使ってなお、シングルモルトとしてリリースする余裕があったということかもしれません。

特徴はメローでそしてスモーキー。バーボン樽ではなくリフィルを含むシェリー樽の利用が多かった当時のスタイルらしいとろりとした甘さに、古典的で強い麦芽の風味が余韻にかけてピートフレーバーと合わさって渾然と広がる。
現在の洗練されたスペイサイドモルトとは異なる、どこか田舎臭さの残った風味が当時の他のモルトとも共通する特徴であり、愛好家を引き付ける最大の魅力だと思います。

IMG_20190522_131531
bd87a9b8
(グレンエルギン1980年代流通と1990年代流通。1990年代を最後にホワイトホース表記はなくなる。当時と異なり、シングルモルトの認知度が向上したためだろうか。ちなみに、ボトルが新しくなるたび、少しずつ馬のロゴが小さくなっていくのも、ブレンデッドのホワイトホースと同じ特徴である。1980年代流通のものは画像が手元になかったので、Whiskybaseから引用。)

ちなみにこの10年後、1980年代中頃から流通し始めるグレンエルギンは画像の通りラベルのデザインが少々シンプルになり、ラベルの周囲にあるアザミの模様がなくなったのっぺりとしたデザインに変化。
味もちょっとのっぺりとしたようなカラメル系シェリーの甘みはそのままですが、ピートが少々軽くなる印象。(ヒネたボトルが増えるように感じられるのも特徴)
また1990年代のものについては、現行品のデザインに近いボトルに代わると共に、麦芽風味主体のタイプとなり、路線もデザイン同様現行路線へ。ピートはなくならないものの穏やかで、70年代流通に備わっている系統とはだいぶ違いがあると言えます。

徐々に樽の違いやピートの強弱が、ハウススタイルに影響してきていったのでしょう。
ブレンデッドのホワイトホースも同様に、年代が新しくなるほどスモーキーさが軽くなっていきますが、グレンエルギンだけの影響だけではないにしても、改めて時代の流れに伴うキーモルトの個性の変化と重要さを感じたテイスティングでした。