カテゴリ:
IMG_20190507_234538
YAMAZAKURA 
BLENDED MALT WHISKY 
PORT WINE CASK FINISH & SHERRY CASK FINISH 
Sasanokawa shuzo 
700ml 46% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★(5ー6)

香り:ウッディでシーズニング系のドライプルーンやチョコレートクリームのような甘さを感じるシェリー感。次第にワイン樽由来のシロップと薬草香。少し人工的な要素を伴う特徴的なニュアンスも伴う。

味:口当たりは少々緩めではあるが、角のとれたウッディな樽由来の甘味、シーズニング系のシェリー感。口の奥にウイスキーが流れていくにしたがって、木苺や酸化した赤ワインのような酸味、微かにハーブや椎茸っぽさも伴う。
余韻はスパイシーな刺激と共に、ビターで微かに焦げたような苦味と若干のタンニンが感じられる。

少しポートワイン樽由来とおぼしき甘味と酸味が目立つが、シーズニングシェリー系の香味をベースに、穏やかなモルティーさのある味わいでバランスは悪くない。少量加水すると最初は個性がぼやけるが、時間を置くことで馴染んで一体感が出てくる。ロックで飲んでも悪くないかもしれない。

IMG_20190507_234629

こんなの出てたのか、というリリース。
元市民の自分としては、笹の川酒造と県南酒販の商品はなるべく取り上げたいところですが、最近の笹の川酒造は安積蒸留所のニューボーンだけでなく、買い付けた原酒を数年程度熟成庫で追加熟成させ、オリジナルブレンドのリリースも精力的に行っており、百貨店限定品とかもあったりするのでつい見落としがち・・・。
調べてみると、直近ではシェリーやワインなど、各種フィニッシュのリリースが行われていたところでした。

今回のリリースは、50本と非常に少数のリリースであることから、何らかのイベント向けかなにかで、こうした貯蔵原酒の一部を用いてブレンドされたものと考えられます。
香味から察するに、ベースになった原酒の系統はハイランドタイプ。使われている原酒の熟成期間は10~15年程度といったところでしょうか。
ポートワイン樽とシーズニングシェリー樽でそれぞれ原酒をフィニッシュしたそうですが、ポートよりもシェリーの方がフレーバーが馴染んでいるため、ベースに使われた原酒がそれぞれ異なるか、あるいはフィニッシュ期間がシェリー樽原酒のほうが長いのかもしれません。

シーズニングシェリー系の香味をベースに、ポートワイン由来の甘味や酸味がアクセントになっているような構成。加水で整えられた口当たりは穏やかで、突き抜けないものの、全体的にバランスは悪くありません。
それこそ初期の頃にリリースされていた山桜15年シェリーカスクなどと比べると、ブレンドのノウハウが蓄積されてきてるなぁ、とも感じるリリースでした。

本ボトルはイベント会場で購入したものとのこと。ブースにあったのか、ボールペンを使って書かれた社長のサインが、本人を知ってる人には逆にチャーミングです(笑)。