カテゴリ:
IMG_20190410_195603
SPPRINGBANK 
Aged 8 years 
100% Pure Malt 
1980's
750ml 43%

グラス:国際企画テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封直後
評価:★★★★★★

香り:強い麦芽香主体。蜂蜜レモンやグレープフルーツ、干し草、ピーティーでほろ苦いアロマがしっかりと香り、塩素を伴うスモーキーさが主張する。

:骨格がしっかりしてアタックが強く噛み締めるような味わい。おしろいっぽさのある麦感、コクのある塩気、イチゴの白い部分を思わせる酸味と仄かな柑橘感。ピーティーで香り同様にビター。余韻はスパイシーでドライ、長く続く。

樽はリフィル、あるいはサードフィルタイプのシェリー樽とバーボンオーク。つまりアメリカンオークと麦感、塩気やピートを伴う荒さ、若さゆえにアタックの強い味わいが経年でこなれ、ほどよくまとまっている。

IMG_20190410_195641

日本で比較的流通量の多い特級時代のシングルモルトのひとつ、スプリングバンク。そのため飲む機会も必然的に多くなるボトルですが、現行品のように華やかではないものの、なかなか味わい深く、そして強い味わいが魅力の1本です。

このボトルの原酒が流通した頃のスプリングバンクは、現在と異なり中々苦境にあったようです。
シングルモルトとしての評価は、1980年代の現地新聞社主催のコンペで金賞を獲得するなど、愛好家による評価は決して低いものではなかったようですが、ブレンデッドの需要が少なかったのか蒸留所は1979年から1987年まで創業を休止し、ストックを売るだけの環境にありました。

需要と供給のバランスがとれてなかったのでしょう。
ウイスキーの冬の時代が始まろうとするまさにその時期にいきなり休止。その後シングルモルトブームが起こりはじめて、その品質に見合う人気得た・・・ということなのだと思いますが、閉鎖という決断をするくらいですから相当原酒が余っていたのだと思われます。
まあこの判断が、結果将来的にミドルエイジ以上の原酒の不測も招くことになるのですが。。。

今回のペアシェイプボトルは、まさにその休止前の1970年代に蒸留した原酒を使ってリリースを行っていた時代です。
加えてスプリングバンクといえばフロアモルティング。しかし同蒸留所は操業休止の前後、1960年代にフロアモルティングを中止し、1992年に再開した歴史があるため、この時代のボトルは近年スプリングバンクと言って連想する造りのボトルではないのかもしれません。

しかしながらその味わいは風味が強く、武骨で、媚びたような華やかさがないのに惹き付けられるような魅力がある。フロアモルティングという仕組みにどれ程の付加価値があるのか、逆にわからなくなるようなリリースです。