カテゴリ:
IMG_20190405_021654
GLEN MORAY 
Aged 30 years 
Limited Edition 
Botted 2004/11/22 
One of 6000 Bottles 
700ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1年未満
場所:自宅
評価:★★★★★★★(7)

香り:ナッツや乾いた麦芽、ビスケットを思わせる軽やかな香ばしい香り立ち。合わせて角のとれたピート香。奥には蜂蜜、アプリコットや熟れた果実のフルーティーさもある。

味:軽い口当たりだが樽感は強く、ほろ苦い枯れたようなウッディネス。ピリピリとした刺激の後、土っぽさと共にドライアップル、アプリコット、セクシーでトロピカルなフルーツ香が余韻にかけて口内に広がり、ドライでビターなフィニッシュのなかで鼻腔に抜けていく。

ストレートでは樽感が強く、枯れたようなウッディさなど度数落ちの原酒にある特徴を備えているが、一方で魅惑的な熟成香、フルーティーさも備えている。少量加水すると後者の60年代蒸留のモルト原酒に見られるトロピカル香、熟れた果実のフェロモンのようなニュアンスが開き、古き良き時代の個性を楽しめる。

IMG_20190405_021746

グレンマレイのオフィシャルリミテッドリリース。なぜ2004年という時期にリミテッドが、それも単発でリリースされたかというと。。。ちょうどこの時期、グレンマレイ蒸留所らを傘下としていたグレンモーレンジ社がルイヴィトン・モエ・ヘネシー社によって買収されたことに由来します。

当時、同社ではシングルモルトのブランド価値向上を目指した取組として、多くの銘柄でリミテッドリリースが行われていました。2004年だけ見ても結構な量が発表されており、グレンモーレンジは30年シェリーフィニッシュ、アードベッグは長熟モノに加えてベリーヤングがリリース。
グレンマレイも他の銘柄同様に今回のボトルがリリースされたのですが、あまり評判が良くなかったのか。ウイスキーブーム前の当時、この系統のブレンデッド向け原酒は間に合っていると判断されたのか。買収から僅か4年後の2008年には、グレンマレイは再び他のメーカーへ売りに出されて現在に至ります。

改めてこのボトルの構成を香味から推察すると、樽はリフィルシェリーバットやホグスヘッド。30年熟成表記ですが、それを越えて40%台まで度数が落ちたような原酒が一部使われているのでしょう。樽感が枯れた過熟気味の原酒にある、削り取られて尖ったような酒質とウッディネスが備わっています。
勿論それだけではなく、とろりとしたアプリコットや加熱した林檎のような甘みも感じられることから、このリリースは枯れた原酒にボディの残っている原酒を加え、45%前後くらいの度数になったところを加水調整したものと考えられます。バッティングと加水の妙で、ギリギリのところを補ったような香味です。

熟成年数から単純計算すると蒸留時期は1974年以前、これはグレンマレイがまだ自前で精麦(サラディン式)を行っていた当時のものです。また上記の熟成の方向性から35~40年熟成、1960年代のものが一部入っているようにも考えられ、香味の中にあるトロピカルなフレーバーやしっとりとしたピーティーさが、麦芽品種まで異なる当時のキャラクターとして感じられるのです。