カテゴリ:
IMG_20190412_161904
FAMOUS GROUSE 
FINEST SCOTCH WHISKY 
1970-1980's 
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1ヶ月以内
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:パウンドケーキやカラメルソース、シェリー系の甘みの中に染み込むようなほろ苦さ、土っぽさと干し草を思わせるピーティーなアロマもある

味:マイルドでリッチな口当たり。キャラメルウェハースやカステラの茶色い部分、色の濃い蜂蜜のようなとろりとした甘みに、乾いた植物感や穀物、徐々にしっとりとして存在感のあるピーティーさが存在感を増し、ほろ苦くスモーキーな余韻へと繋がる。

内陸系の植物が積み重なったようなピーティーさと、モルティーなコクのある味わいをベースに、カラメルっぽさのあるオールドタイプのシェリー系のニュアンスが合わさっている。ハイランドパークの個性を連想させる味わいが主体的に感じられる。旨いスタンダードスコッチだ。

IMG_20190412_161632

これは良いフェイマスグラウスだ、そう感じさせるキーモルトの個性。多少グレーンの要素もありますが、特にピートのキャラクターにハイランドパーク感がしっかりと備わっており、味わいもリッチで若い印象の無い完成度の高いブレンデッドです。

フェイマスグラウスは、それこそ100年以上の歴史のあるウイスキーですが、日本に本格的な輸入が始まったのは大阪のハマヤが対応するようになった1974年以降。1980年頃にハマヤから松下電器が正規代理店として販売元まで引き受けるようになると、より広く普及したようで、現在のリユース市場にはハマヤ時代より松下のみの時代の方が在庫は多く残されています。

484b4482 (1)
(日本にほぼ流通のなかった1960年代のフェイマスグラウス。古酒っぽさに加えキーモルトの個性も素晴らしい。)

IMG_20190413_073614
(ハマヤが国内販売を開始した1974年、1970年代中頃辺りのものと考えられる流通品。今回のボトルとはネック部分のボトルデザインが微妙に異なる。)

97bea795
(今回レビューしたボトルの後、松下のみで扱われた1980年代中頃流通のボトル。味わいは悪くないがグレーンやモルトの内陸感、あるいはリフィル系の樽の比率が上がったように感じる。なお、1980年代後半には雷鳥のイラストの下に紋章が書かれたラベルにシフトする。)

以前掲載した1960年代流通のフェイマスグラウスのレビューで、そのキーモルトであるハイランドパークを思わせるモルティーな味わいが素晴らしかったと評価していたところ。
前後で比較すると、松下時代の1980年代中頃から1990年代のフェイマスグラウスは、現行品に比べたら遥かにレベルが高いものの、樽感あるいは熟成感などは薄くなって古き良き時代に及ばず。
改めて飲むと、個人的にフェイマスグラウスに求める味わいがあるのは、今回のラベルの時代までかなあと感じた1杯でした。