カテゴリ:
IMG_20190409_090956
CHICHIBU WHISKY FESTIVAL 2019
SINGLE CASK WORLD BLENDED WHISKY 
Ichiro's Malt & Grain 
Finished cask type Bourbon barrel #5298 
Bottled December 2018 
750ml 58.4% 

グラス:グレンケアンテイスティング
時期:開封後1ヶ月未満
場所:BAR Eclipse 
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:スパイシーでドライ、あまり香りが立たないが、じっくりスワリングして開かせると、バニラや林檎を思わせる果実香がハーブ、干し草のような乾いたウッディさの中に感じられる。加水すると熟した果実のようなアロマも。

味:スパイシーで刺激の強い口当たり。若干若さに通じる酸味もあるが、合わせて粘性のあるグレーンの穀物系の甘み。奥には熟成したモルティーさ、蜂蜜やオレンジジャム、樽感は適度にまとまっている。
余韻はビターで軽いえぐみを伴うが、キレのいいドライなフィニッシュ。

幅広い熟成年数を感じさせる構成で、10~15年程度熟成のスコッチ系のモルトやグレーンのニュアンスに、強いアクセントを与えている秩父モルトのスパイシーさという構成。多彩というか奔放な味わいで、まとまっているとは言いがたいが、時間が解決してくれるかもしれない。

IMG_20190409_153726

今年の秩父ウイスキー祭の記念ボトルとしてリリースされた、5銘柄のうちの1本。イチローズモルトが調達した、海外生産のモルト、グレーンと秩父原酒をブレンドしたワールドブレンデッドを、バーボンバレルでフィニッシュしてボトリングした、シングルカスクブレンデッドという珍しいリリースです。

このブレンデッドについては、ベースは既存のホワイトラベルとして構成されたブレンドという情報と、今回のリリース用にブレンドしたものという情報があります。
飲んでみると、既存のホワイトラベルの味わいとは共通する要素もあれど、一部の熟成感が異なっている印象。リミテッドのワールドブレンデッドまではいかないながら、例えばリリースの1年くらい前に一部ミドルエイジクラスの原酒も使って準備していたものかなと予想します。

全体的な完成度としては正直なところ振れ幅の大きい味わいで、ハイランドタイプの原酒のまろやかさ、少しトーンの高いアイリッシュを思わせるニュアンス、グレーンのバニラや蜂蜜などの甘み、そしてスパイシーな秩父モルト。。。良い部分も悪い部分もあり。悪く言えば落ち着きがない、良く言えば多彩という構成。
フィニッシュというほどバーボンバレルの個性も出ていないため、期間も短かったのでしょう。何れにせよ、まとまり良く仕上げるならもう少し時間が必要であると感じます。

ただ、こうしたスモールバッチでのリリースができるのはクラフトならではです。
その作りも、下手に綺麗で洗練されたような大手製品より、クラフトらしいと感じられるのは違う意味で魅力であり、面白さでもあります。
こじつけ気味ですが、このわいわい騒いでるような感じは、祭りっぽいと言えば祭りとも言えるリリースなのかもしれません。