カテゴリ:
IMG_20190309_001724
ELIJAH CRAIG 
Barrel Proof 
Kentucky Straight Bourbon Whisky 
Aged 12 years
2017-2018's
750ml 68%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後半年程度
場所:自宅
評価:★★★★★★★(7)

香り:奥行きのあるリッチなチャーオーク香。キャラメルポップコーン、オランジェットやチェリー、少し干し草や穀物っぽさも伴う。溶剤を思わせる刺激が、濃厚でスパイシーな樽香の奥で酒精の強さを主張する。

味:しっかりとメローかつ、ウッディーでパンチの強いパワフルな味わい。ハイプルーフ由来の刺激と合わせて、オレンジやベリーのドライフルーツ、ブラウンシュガーやカラメルソースの甘みと苦味が、タンニンを伴って広がってくる。
余韻は強くスパイシー、樹液のようなウッディな甘みも感じつつ長く続く。

赤みがかった濃い美しい色合い。単に荒々しいだけでなく、樽由来のメローな甘みと熟成感で、旨いバーボンとはこういうものと言える形のひとつ。まさにバーボンという印象。嫌みが少ないながら濃厚な構成であるため、加水で柔らかく芳醇な香りが、ロックでは温度差をもって口内で開く馥郁とした味わいがそれぞれ楽しめる。

IMG_20190309_001755

ヘブンヒル蒸留所で生産されている、エライジャクレイグブランドのスモールバッチリリース。2017年から蒸留所や一部現地ショップで販売されている限定品で、現地ウイスキー雑誌Whisky Advocateが主催したコンペでは、2017年のベストウイスキーにも輝いています。

リリースの位置付けとしては、スタンダード品のスモールバッチ&バレルプルーフ仕様ですが、そのスペックはほとんどのボトルが65%を越えており、熟成を通じて度数が上がったタイプの原酒を厳選して構成されている、特別仕様であることも伺えます。(近年流通品は、一部65%未満のリリースもあり。)

一方で、今回のボトルは12年熟成ですが、現行品はノンエイジに切り替わっている模様。補足すると、スタンダード品のエライジャクレイグは長く12年熟成品として販売されていたものの、現行品へのラベル・ボトルチェンジに伴ってノンエイジ仕様に切り替わっており、このバレルプルーフも同様の変化があったようです。
直近のバレルプルーフはロットナンバーが表ラベルに記載される一方で、熟成年数もノンエイジに。ボトル形状も現在のエライジャクレイグのすらりとしたタイプに変更されています。

IMG_20190211_105339
(スタンダード品の12年とバレルプルーフ。写真の12年は1990年代流通で、2016~2017年頃に12年表記が背面ラベルに移り、その後ボトルチェンジと共にノンエイジ仕様へと切り替わっている。アメリカンウイスキーにおいて10年オーバーの原酒の確保は、どのラインナップも難しくなって来ている模様。)

レビューのとおり、その香味は60%を越えるバレルプルーフらしくパワフルで、しっかりと樽の効いたメローかつスパイシー、ちょっと穀物っぽさも伴うリッチな味わいが特徴。
同じ濃厚さの中でもジャックダニエルのようにバニラ系の甘味が強かったり、ターキーなどのように果実系の要素が強いというタイプでもない。ハウススタイルを維持しながらコシが強い、スタンダードバーボンの強化版という印象を受けました。

だからこそストレートのみならず、ロックや加水で飲んでもその美味しさが持続し、それぞれ異なる魅力を楽しませてくれるのかもしれません。
スタンダードバーボンの構成が少々厳しい状況にある昨今ですが、良いものはやはり良い。疲れた体に活力を、元気を与えてくれるような旨いバーボンです。

image