カテゴリ:
IMG_20190215_073615
ICHIRO'S MALT 
CHICHIBU 
Malt Dream Cask 
For BAR Te・Airigh 
Aged 10 years 
Distilled 2008 
Bottled 2018 
Cask type Bourbon Barrel #180 
700ml 60.8% 

グラス:グレンケアンテイスティング
時期:開封後1月程度
場所:BAR エクリプス
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:焼き栗やナッツのような香ばしさに、バニラを伴う甘さ、ハッカやミントを思わせるハーブ香を伴うウッディネスが濃縮したような香り立ち。微かに溶剤、オレンジピールのようなニュアンスも感じる。

味:メローでほろ苦く、少しざらつくような口当たり。木をなめているような印象もうける。メープルシロップとアプリコットやオレンジ、焼き栗、徐々にえぐみのあるウッディさを感じさせる複雑さ。
余韻はビターで焦げたようなウッディネス、ハッカや微かにニッキを思わせるスパイシーさとハイトーンな刺激。蓄積するように持続する。

第一印象はまさに樽。アタックは度数ほどには感じないが、その香味は樽そのものが溶け出たような要素と酒質由来の要素で、ごちゃごちゃした印象を受ける。さながら子供の玩具箱。加水すると余韻にバーボン樽由来のオーキーなフルーティーさを感じるようになるが、序盤はやや水っぽくあり、加減が難しい。

IMG_20190215_073734

2018年は秩父蒸留所の創業10年目。livedoor blogでも情報を発信されているBAR Te・Airigh (チェ・アリー)さん所有のMDCから、10年熟成シングルカスクが初ボトリングされました。
ラベルはオーナーの娘さんが書かれたという同店のイラストで、ロマノレヴィみたいな雰囲気があります。

自分のように10年近く、あるいはそれ以上ウイスキー沼に浸かっている愛好家にとって、秩父蒸留所はノンエイジ、ニューボーン、3年熟成のリリース・・・現在進行形で成長に触れてきた方も少なくないと思います。
こうして10年という節目の原酒を飲むと、人によっては我が子の成長。自分のようにそこまで秩父べったりでなかった人は、たまに会う近所の子供が、いつのまにかしっかり大きくなってたみたいな、そんな心境であったりもするわけです。

さて、秩父蒸留所の創業初期の原酒は線が細く、熟成環境と合わせて10年もたせるのは厳しいのではないかという評価は、愛好家からも度々聞かれるものでした。(自分自身も、過去記事でピークが早く、もたせて10年ではないかと書いていました。)
ただしそれは当時の予想であって、実際どう育つかは飲んでみなければわかりません。
今回実物をテイスティングしてみると、酒質という器に樽感という液体が注がれ続け、その許容量を迎えて器から溢れているものの、徐々に樽材そのものが溶け出て濃度が上がっているような印象を受けます。

そのため樽感はバーボンバレルのそれですが、通年を通して冷涼な環境下で熟成されているスコッチモルトの同じ樽構成でよく感じられる、黄色いフルーティーさよりも木材そのものやナッツのような要素が強く感じられ、加水すると果実味が顔を出してくる。
春夏秋冬変わりゆく気候を通じ、その時々で得られた樽由来の様々な要素が濃縮され、それぞれ主張するような奔放さが、このモルトの特徴だと思います。
加水やバッティングでまとまるかというと難しいと感じますが、今回のボトルはラベルの印象と中身とがマッチしていて、面白いリリースであるとも感じますね。

deced318
(2010年に秩父蒸留所で試飲した2年熟成、2008年10月蒸留の原酒。当時の自分のコメントと今回のリリースとを比較すると、成長の過程を垣間見るような共通項がいくつかあり、実に興味深い。)

秩父蒸留所は、近年の日本における本格的なクラフト蒸留所の先駆者的な存在として、様々な活動を行うとともに。シングルカスクウイスキーのリリースとしても、前例のない状況から活動を続けてきました。
稼働当時、あるいはその準備期間となる独立初期はウイスキーブームは火種すらなく、ネガティブな意見もあったでしょうし、ウイスキーも今のようには売れなかった。多くのことでトライ&エラーを重ねながら歩み続けた10年間だったと思います。

ですが、ブランドとして世界的な評価の確立に至ったことをはじめ、今日まさに開催されている秩父ウイスキー祭りにしても、地域を代表する一大イベントに成長。昨今のウイスキーブームの礎の一つを築いているのがイチローズモルトであることに、異論の余地はありません。
蒸留所オーナーの肥土伊知郎氏からは、秩父のモルトで30年熟成を目指すと言う発言があったと記憶していますが、この原酒で流石にそれは。。。と思わせつつも、きっと今後も多くの挑戦を続けながら、20年、30年とリリースに繋げてしまう。そう期待もしてしまうのです。