カテゴリ:
MACKINLAY'S
Old Scotch Whisky
Aged 5 years
1970-1980's
760ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:やや古酒感を伴う、ドライで淡いスモーキーな香り立ち。干草、薄めた蜂蜜、柑橘のワタ。灰っぽさを思わせるピーティーさ。

味:ピリピリとした若い原酒の刺激を伴う香ばしい口当たり。オールブラン、ザラメやべっこう飴、徐々に粘性を感じさせる。余韻はほろ苦く、淡くピーティーなフィニッシュ。

オールドブレンデッドらしいヒネ感は若干あるが、香ばしいモルティーさと淡いピートというクラシックな構成で、素朴だが慣れると親しみやすさを感じさせる。


マッキンレーのブランドエピソードについては、これまでも何度か触れているので今回は省略。構成原酒は熟成年数から逆算する限り、グレンモール、グレンアルビン、ジュラ、クライゲラヒ。
古い時代のものはジュラ系の個性を強く感じますが、この頃のマッキンレーは内陸系のプレーンで若い原酒が、ピーティーなそれを中和する方向でブレンドされている印象で、察するにダルモア。。。というよりクライゲラヒの若いタイプの原酒が結構使われているのではないかと思います。

(マッキンレーのバッテッドモルトがグレンクローヴァである。写真はどちらも同時期流通品。スモーキーで乾いた麦芽風味を主体とする、ジュラやグレンモールを思わせる個性が強い旨いモルトだが、日本にはほとんど入荷しなかった。)

マッキンレー社は元々、グレンアルビンとグレンモールを傘下としていたブレンドメーカーですが、1963年あたりでジュラを約半世紀ぶりに再稼働させ、続いて1967年にはグレンアラヒーを創業させるなど、生産拡張に向けて精力的な取り組みを行なっていました。
今回のマッキンレー5年は、熟成年数表記から逆算すると、それらが結実し、該当全蒸留所の を扱うことが出来た時期に該当します。
これがスコッチ市場の縮小により、グレンモール、グレンアルビンが閉鎖され、マッキンレー社は1985年にインヴァーゴードン傘下となってブレンドの位置付けも変化。最終的には現代まで残る長寿なブレンデッドとなるわけですが・・・その中身はみなまで言わずとも全くの別物なのです。

ちなみに、マッキンレー5年のオールドボトルの見分けは、キャップ部分で見ることができるため一目瞭然です。
樹脂っぽさのあるようなスクリューキャップがリリース初期の1960年代。これは裏面が金属張りなので状態に注意が必要。
1970年代初頭はショート気味で’ツギハギ感の強いキャップ。そして今回の1970年代後半から1980年代初頭のものが、そのあたりのブレンデッドに多く使われている、平均的なスクリューキャップのデザインとなります。
素朴なモルティーさと淡いスモーク、若い原酒の刺激とグレーン由来の甘みと粘性。1980年代後半からは作り手も変わるため、オススメは今回の時代まで。少々通好みですが、最近の市場価格からすれば、お買い得なブレンデッドだと思うのです。