カテゴリ:
LAIRD O' LOGAN
Deluxe
(Aged 12 years)
1970's
760ml 43%

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封後1週間程度
場所:お酒の美術館 神田店 他
評価:★★★★★★★(7)

香り:落ち着きのある香り立ち。カラメルっぽい甘みから香ばしい麦芽香、かすかにダークフルーツ。ヨードを含む土っぽいピーティーさに加え、スパイシーな刺激もある。

味:とろりとした口当たりからカラメルソースやカルメ焼き、香ばしい甘みとともに、しっとりと存在感のあるピーティーさ。鼻腔に抜けるヨード、こなれたアイラのニュアンス。
余韻はスモーキーで奥行きのある甘み。ややドライで長く続く。

完成度高いブレンデッド。ラガヴーリンと思しきアイラモルトの個性がバッチリ感じられる。80年代に比べボディも厚い。加水するとカラメル感が少なくなり、ベースのアイラ系の原酒のニュアンスが引き立つ。


ホワイトホースの上位グレードで、構成原酒はラガヴーリンを中心にグレンエルギン、クライゲラヒ。。。という説明はもはや不要ですね。
今回のロットである八角形スクリューキャップ時代は、現在のリユース市場に比較的流通がある1950年代から90年代流通のローガンの中でも、最もオススメする時代のボトルです。今日の記事は当該ボトルの紹介と合わせ、ローガンの各年代違いを総括します。

価格は白ラベル時代以前のローガンほど高騰しておらず、それでいて状態も金属張りキャップほど悪いロットに当たりづらく、味わいは"オールドラガヴーリンらしさ"が厚みのあるモルティーさのなかに主体的に感じられる。様々な要素が高いレベルでまとまっているのが八角形スクリュー時代の特徴と言えます。
もちろん、オールドブレンデッドの強みとも言える価格面を追求するなら、下写真の1980年代は、安価でありながらラガヴーリンに通じる要素が感じられるオススメのロットなのですが。。。この時代は本ボトルに比べてボディが軽く、完成度を求めるなら、やはり70年代前半流通を推したいところです。

(1960年代流通のローガン(左)と、1970年代前半に流通した今回のボトル。60年代の方がカラメルっぽさが淡く麦感主体でピートも柔らかい。どちらもレベルの高いブレンデッドだが、流通量等からか左のほうが高騰気味・・・。)

(1970年代後期から1980年代前半流通。スモーキーさは健在だが、カラメル系の甘味は控えめで、ドライな印象を受ける時代でもある。)

(1980年代流通のローガン、小豆色キャップ時代。ボディは多少軽いが、安価で流通量多く、普段飲みでハイボールにガシガシ使える優等生。)

(1980年代後期流通品。キャップ形状が異なっている。裏ラベルなどの遍歴から、上の1980年代流通でも近い時代のロットもある。香味も同様でアイラ系のスモーキーさが備わっている一方、ボディが多少軽いのと内陸系のニュアンスも目立ちはじめる。)

こうしたローガンを飲むと、経年を加味しても現行品とは原酒の質が雲泥の差。当時の上位グレードの位置付け、メーカーの気合の違いを感じさせられると言っても過言ではないのですが、ネームバリューの差か同年代のホワイトホースより安価であることも現代にあっては珍しくありません。

ラガヴーリンやホワイトホースが好みという人には、是非飲んで欲しいブレンデッド。また個人的に家飲みのブレンデッドは、重いタイプはローガン、華やかなタイプはセントジェームズ、複雑さのバランタイン、スモーキーさのジョニ黒やハイランドネクターといった具合でそれぞれ好みの年代を手元に置いておきたいです。