カテゴリ:
IMG_9010
EVAN WILLIAMS
Kentucky Straight Bourbon Whisky
23 Years old
750ml 53.5%

グラス:グレンケアンテイスティング
場所:BAR Eclipse 
時期:不明
評価:★★★★★★(6-7)

香り:メローだが溶剤感を伴うドライなアロマ。焦げ感のあるウッディさ、オレンジをコーティングしたキャラメリゼ、バニラ、チェリーを思わせる甘みのアクセント。奥にはエステリーさとりんごのような果実味もある。

味:リッチで粘性のある口当たり。チャーオーク由来の濃い甘みと焦げたウッディネスは、キャラメル、甘栗、微かにチェリー、パワフルで余韻にかけて強い主張。ビターでえぐみも軽く伴う。
余韻はドライ、タンニンとほのかな焦げ感に加えて、ふくよかな樽香が長く滞留する。

強い樽感がねっとりと舌に乗るような印象だが、度数の高さで樽香がギリギリ浮つかない。加水すると意外に香りが立たず、ドライな印象が強い。口当たりはマイルド、チェリーや加熱したリンゴのような甘みが特徴的。ロックでじっくり飲みたい。
最近姿を見なくなってきた、エヴァンウィリアムズの近年流通ラベル。2018年現在、一応このデザインが在庫として流通する現行品扱いになりますが。。。というか、現在も生産されているかはちょっと謎だったりします。(少なくともバカルディの日・米どちらのサイトにも記載はなく、蒸留所でのみ販売されている模様。)

そもそも、エヴァンウィリアムズ23年に用いられていた原酒の生産元、旧ヘブンヒルは1996年に火災消失しており、作れたとしてもここ数年前後までと言えます。加えて、移転後に作られた原酒は12年ですら原酒不足で特定地域向けになってしまっている状況を考えると、今後の復活も困難と考えて間違いないでしょう。
バーボン最高峰とも言えるエヴァンウィリアムズ23年、リリース開始から約30年の歴史に幕が降りようとしているのです。

(2000年代流通のエヴァンウィリアムズ23年。この写真では見づらいが、ラベルの上部にEvan Williamsの文字が直接プリントされている。)


(先日記事にした1990年代流通の2本。この後、上の写真のボトルのように、トールボトルがダンピー形状に切り替わる。)

今回テイスティングしたエヴァンウィリアムズも、上に写真を掲載したこれまでの23年同様に、非常に濃厚な口当たりと樽感は健在。そして50%を越える度数で、余韻にかけても香味がヘタらずパンチもあるフルボディな味わいです。
一方で、長い熟成年数ゆえ飲み口はマイルドと、相反する要素を内包しているのが、この手のウイスキーの魅力とも。一言で、美味しいバーボンと言える味わいですね。

ただ、近年のエヴァンウィリアムズ23年は、旧世代に比べて溶剤感が目立つというかドライさが強いというか、香味の"艶"は控えめで、果実味もベリー系の要素は微かにある程度。チャーオークのメローな香味が中心となっています。
この辺はまさに現行のバーボン全般に見られる要素であり、このまま販売が継続しても良い方向に転がったかは微妙であり。。。
それこそ、人気ピークですっぱり終わった連載のような、それはそれで良かったとも思えるのです。