カテゴリ:
GLEN FARCLAS
CASK STRENGTH
Aged 12 years
Batch No,1
700ml 59.9%

グラス:国際規格テイスティング
場所:J's BAR Ikebukuro
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5)

香り:淡いサルファリーさを伴う、かりんとうや黒砂糖のアロマ。焦げたオーク、時間経過でプルーンを思わせるダークフルーツ香も感じられる、力強い香り立ち。

味:香り同様に強いアタック。パワフルで黒糖や焙煎したコーヒー、カカオ、甘みの後はビターで、ウッディなえぐみ、ひりつくような荒い刺激がある。
余韻はウッディでドライ、淡くサルファリーでハイトーン、長く続く。

シェリー感は比較的備わっているが、若さから仕上がりの荒さが、刺激となって口当たりに感じられる。
加水するとタバコ葉を思わせる甘みとスモーキーさと、シーズニングシェリー系のプルーンやオレンジジャムを思わせるニュアンスも強くなる。


先日、グレンファークラスからリリースされたオフィシャルカスクストレングスの12年と21年の2種類。それも単なるオフィシャルではなく、日本市場限定のリリースというのですから、我々日本の飲み手としてはちょっと嬉しいニューリリースですよね。
グレンファークラスと言えばドイツ向けや、アジアだと台湾向けオフィシャルリリースはガッツリある中で、日本はスタンダード中心だったわけですから。

12年の原酒構成はファークラスらしいシェリー感のしっかりしたタイプ。おそらくシーズニングのシェリーホグスヘッドがベースで、アメリカンとスパニッシュのミックスというイメージ。
後日記事にしますが、21年の方がリフィル系でフルーティーな熟成感もあるタイプで、12年と21年が同じベクトルにないキャラクターの違いがあるのも面白いです。



なお、12年カスクストレングスは、オフィシャル通常ラインナップでは、グレンファークラス105と重複する印象があります。
旧ボトルの仕様を参考にするなら、105は8年熟成表記で、12年カスクストレングスのほうが上位グレードにあたると整理はできます。

しかしこの熟成年数では、年数差よりも度数由来のパワフルさが勝って、どちらも荒さの残るシェリー感。フレーバー構成的には、12年の方が甘みは強いが同時にサルファリーでもあり、105のほうがバランス寄り。ハイプルーフなシェリー系リリースを飲みたい方の選択肢として、好みの方を選べるとも感じました。