カテゴリ:
JOHNNIE WALKERS
BLUE LABEL
A blend of our very rarest whiskies
2000's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1カ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ややドライで、ピーティーなニュアンスと塩っぽさ、ウッディなえぐみに通じる要素がトップノートにあるが、奥には蜂蜜、キャラメルコーティングしたアーモンド、シェリー感と多彩な香味を感じる。

味:マイルドな口当たり。ケーキシロップを思わせる甘みに包まれた、燻したピートのほろ苦さ。麦芽風味、微かなシェリー感、若干青みがかっているウッディネス。
余韻は軽い刺激の後、舌の上に残るような塩気とスモーキーフレーバー。若干のえぐみのあるウッディネス。

熟成感のあるバランス型のブレンデッド。特にハイランドタイプの熟成した原酒がベースになり、島系モルトの塩気、スモーキーさが付与された構成は、突き抜けない代わりに引っかかりの少ない構成。ロックでゆったりと飲むスタイルが意外にフィットする。

ジョニーウォーカー・オフィシャル通常ラインナップのフラグシップに当たるブルーラベル。今回は現行品の1世代前、ちょうど自分がウイスキーを飲み始めた頃に流通していたボトルを今改めて飲んでみました。
最近、シングルカスクのやる気バリバリなモルトとかより、こういうちょっと良いブレンデッドスコッチやバーボンを、ロックとかでゆるく家飲みするのがマイブームなんです。

公式には「1万樽のうち1樽」という、長期熟成に耐えた原酒を中心に、熟成年数表記にこだわらず様々な原酒を用いて作られたとされるブレンド。
キーモルトは明らかになってないものの、飲んだ印象はリンクウッド、クライヌリッシュ、モートラック、カリラ、タリスカーあたりのミドルエイジ、20年熟成程度が中心といったところです。
現行品に比べてハイランド系のモルティーさが厚く、スモーキーさは全体の中の一要素。バランスよく飲みやすいと感じる一方、多彩な香味の中で突出したものがないため、面白さは少ないとも感じます。

飲み始めた当時の自分はこのブルーラベルのみならず、現行品のブレンデッドスコッチ全般におおよそいいイメージを持っていませんでした。
特にジョニーウォーカーシリーズには、共通してえぐみというか苦味というか、独特のニュアンスが感じられて、これは一体なんだろうと。

このブルーラベルの原型となった1980年代発売のジョンウォーカー・オールデストは、15年から最長60年熟成の原酒を使用。その初代に比べると華やかな熟成感に変わり、ピーティーさとリフィルオークのえぐみ的なニュアンスが増えてきているのは、ジョニー・ウォーカーラインナップ全般の、変化のベクトルに通じる部分で、かつて自分があまり好ましく思わなかった要素でもあります。

ですが久しぶりに飲んでみると、確かにその要素も感じますが、むしろ様々な原酒の個性、多彩さもあってこれが量産されているのは凄いなと。ロックにすると全体の香味が伸びて、くつろぎの時間を邪魔しない。
釣りは鮒に始まり鮒に終わるという言葉がありますが、ウイスキーもブレンドに始まって、ある程度経つとその奥深さがわかって、ブレンドをさらに楽しめるようになるんですね。