カテゴリ:
IMG_8863
EVAN WILLIAMS 
Kentucky Straight Bourbon Whiskey
Years 23 old
Released in 1997
750ml 53.5%

グラス:SK2
場所:自宅
時期:開封後1年程度
評価:★★★★★★★★(8)

香り:キャラメリゼ、ベリーや柘榴、オレンジの甘酸っぱさ、艶のある香り立ち。ややドライな刺激もあるが、ハイプルーフ由来の強さが香りをより一層発散させている。

味:香り同様に甘酸っぱく、パワフルで香味にしっかりと芯のある口当たり。濃く入れた紅茶、メープルシロップ、ドライクランベリー、オレンジチョコレート。鼻腔にもしっかりと抜けていく。余韻はウッディーで微かにこげたようなニュアンスと共に、タンニンが染み込むように感じられるが、熟成感に対しては強くなくバランス良くまとまっている。

赤みがかった濃い色合いが美味しさを予感させる。陶酔感を伴う甘酸っぱい香りは、加水すると一気に開く。特にオレンジ系のニュアンスが後押しされる印象で、ロックにしても充分に長く楽しめるコシの強さがある。グラスは口がすぼまっているタイプより、多少開放的なほうがポジティブな要素を拾いやすい。

IMG_8867

銘酒と言われるバーボンは数多くありますが、閉鎖とか終売とか、禁酒法時代とか。。。そういう付加価値を除いてダイレクトに味だけで勝負した時。間違いなく高い評価を受けるのが、80〜90年代流通のエヴァンウィリアムズ23年であることに、異論の余地はないと感じます。

同銘柄は、1989年から1995年ごろまで、1966〜1972年蒸留の原酒をそれぞれ年毎に用いて、マッカランを思わせる熟成年数と蒸留年を表記した単一蒸留年リリースを行っていました。
ところが1973年以降の表記はリリースされておらず、流通時期としては1996年ないし1997年ごろのボトルから、熟成年表記のみに切り替わったようです。(時同じく、ボトルのデザインもやや角ばったものから、若干丸みを帯びたデザインへと変更されています。)



今回のボトルは、瓶底の加工から切り替わった直後のボトルであると推察。そうでなくとも、1990年代後半の流通品であることは間違いありません。
この仕様の変化が何を意味するかは定かではないのですが、スコッチタイプのブレンドとは異なり、バーボンでは熟成年数表記以上の原酒がふんだんに使われるような印象はなく。おそらく使われても年跨ぎか、せいぜいプラス1〜2年といったところと思われます。

パッケージチェンジであって構成原酒の条件に大きな変化があったとは考えらず、何れにせよ高いクオリティを維持しています。
長期熟成バーボンに見られる芳醇で艶のある甘みと、オールドシェリー樽にも共通するベリー系の赤い果実の甘酸っぱさを伴う豊かな樽香。熟成感に対して余韻のえぐみがあまり出ておらず、タンニンが甘みを引き締めていく。ああ、これは美味い。66年表記のボトルにも感じられるベリー感をそのまま継続し、こちらは濃縮したようなオレンジ系のニュアンスも混じる。
72年表記にも負けず劣らずで、同時開封ではないので一概に比較はできないものの、先日ウイスキー仲間との持ち寄り会で比較テイスティングした結果、むしろこちらの方がという声もあったくらいなのです。

※ご参考
エヴァンウィリアムズ23年 1966年蒸留
エヴァンウィリアムズ23年 1972年蒸留

それにしても、近年のバーボンは10年を超えない熟成でも、樽材由来と思しきえぐみが強く出ているものが少なくありません。
なぜこのエヴァンウィリアムズしかり、昔のバーボンの多くは、長期熟成であってもえぐみの少ない豊かな味わいに仕上げることが出来たのか。
製法や原料の違いもあるとは思いますが、それ以上に現行品の多くに感じられる、樽材の中に残るようなえぐみ的な香味の量等から察するに、樽材の仕上げに野外に干しておく期間が昔の方が長かったのではないかと予想しているのですが。。。その真相はオールドシェリー樽の真実同様に、予測はできても確定までたどり着けない謎の一つです。