カテゴリ:
OLD FITZGERALD
Kentucky Straight Bourbon Whisky
Aged 6 years
1960's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:持ち寄り会 KuMC@NS氏
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:リッチでメロー、キャラメルやメープルシロップの艶やかな甘み。林檎のコンポート、バニラ、トーストしたバケットのような若干こげ香を感じさせるウッディネス。

味:マイルドでとろりとした口当たり、メローな甘みの中にチェリーのシロップ漬け、ドライクランベリーを思わせる酸味がアクセントに。ボディは加水が効いて穏やか。余韻は若干ベタつくチャーオーク系の甘みがあるが、程よいタンニンが序盤の甘みを引き締め、バーボン特有のメローな香気を鼻腔に抜けつつ長く続く。

濃厚さの中に飲み口のマイルドさ、甘みと酸味と苦味、そして熟成感。全体のバランスが整ったバーボン。このメローな味わいをストレートでじっくりと楽しみたい。勿論葉巻を合わせても良い。出来れば熟成した柔らかいタイプのものを準備したいところ。


今は亡きスティッツウェル・ウェラー蒸留所時代のオールドフィッツジェラルド。
同ブランドは、2014年まではヘブンヒル・バーンハイム蒸留所で製造されていましたが、ブランド整理を受けて終売。最近はめっきり姿を見なくなってきました。

しかしそれ以上にオールドフィッツジェラルドと言えば、オリジナルのルーツを汲むスティッツウェル・ウェラー時代(1992年以前)に惹かれるのが愛好家というもの。
1870年に蒸留所オーナーであったフィッツジェラルド氏のプライベートブランドとして作られていた同品は、禁酒法を経た後、2代目オーナーであるヴァンウィンクル氏の元で一大ブランドに成長。今回のボトルはまさにその当時の1本。ライ麦ではなく小麦を使ったバーボンの祖にして、失われた味わいとしてバーボンファン垂涎のボトルであります。

口当たりは柔らかく、味わいは濃厚にしてマイルド。オールドバーボンらしく、コクと艶のある樽香がマッチして、実に飲み心地の良い1本です。
今回のボトルは当時のオールドフィッツジェラルドの中でもスタンダードクラスのブランドですが、これが熟成していくとさらに芳醇な味わいに仕上がっていくのですが、今回のボトルは今回のボトルで当時のスタンダードの中ではずば抜けてますね。

素晴らしいバーボンのテイスティング機会を頂き、ありがとうございました!