カテゴリ:
LONG JOHN
"Royal Choice"
Years 21 old
1980-1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後3ヶ月程度
場所:個人宅持ち寄り会
評価:★★★★★★(6)

香り:薄めたカラメル感やべっこう飴を思わせる甘い香り立ち。干草、オレンジピール、淡い薬品香を伴うスモーキーさ、ナッティーな香ばしさも伴う。

味:マイルドな口当たりからほろ苦く染み込むようなピートフレーバー。オレンジママレードとキャラメリゼ、微かな古酒感。中間はとろりとして穏やかなボディ。余韻はドライで渋みを伴いつつ、スモーキーなフィニッシュが長く続く。

古酒っぽさと熟成感のあるまろやかな香味、ボディはミディアム程度で強くはないが、程よい厚みにスモーキーフレーバーがしっかり感じられる。またアイラ的なピート香も混じり、キーモルトの一つが存在感を主張する。


1980年代後半から1990年代にかけ、香港などのアジア市場向けにリリースされていたと思しきロングジョンの上位グレード。当時は海外の今後発展させたい市場向けのボトルが少なからずあったので、その位置付けでしょうか。
日本にはスタンダードなロングジョンの正規代理店があったものの、21年の入荷はかなり少なかった模様。これは本国も同様で、現在のリユース市場は当時免税店などで買われたお土産物が中心になっています。

ロングジョンに限らず、1980年代後期は多くのブレンドが味を落とした時期ですが、そこは腐っても20年熟成。つまるところ、1960年代蒸留の原酒です。
アイラ系のピーティーさが感じられるあたり、ロングジョンブランドのキーモルトであるラフロイグが使われてることは間違いなさそうです。ただし、メインというよりはいち要素で、当時スモーキーだったハイランド系の原酒もある程度使われてると思います。

グレーンのフレーバーは5:5か4:6程度といったところ。穏やかなモルティーさやピートフレーバーが、現在のブレンドとは異なるキャラクターを感じさせますね。
古き良き味わいにして、若いブレンドをいくら瓶内熟成させようとと届かない領域にある構成。ロングジョンに限らず、下手に1960年代流通のノンエイジにチャレンジするなら、1980〜90年代の20年オーバーは状態も悪くないものが多いし、狙い目だと思います。


ロングジョンと言えば、上記青いセラミックのボトルの方もあり、流通時期的には今回のボトルの後で1990年前後からになるようです。
こちらもしっかりピーティーでありながらまろやかな飲み口。同時期のスタンダードなロングジョンNA、あるいは12年より熟成感があるのは間違いないものの、セラミックボトル効果もあってそれほど変わらない価格で流通している状況。 
横置きされやすい形状ですし、確かにボトルによって結構状態差があるようにも感じます。

また、メインの流通場所が香港などアジア圏なので、なんとなく「あっ・・・(察し)」となってしまう風評被害もあるいは・・・。
まあ今の時代、安くて美味いものは早々なく、ある程度ギャンブルをしなければ手に入らない。オールドはその最たる例。まだ5000円前後の宝くじなのだから、高騰する人気モルトウイスキーに比べれば良心的とも言えそうです。