カテゴリ:
IMG_8264
JOHNNIE WALKER
PREMIER
RARE OLD SCOTCH WHISKY
1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★★ (5-6)

香り:ゆるく甘いカラメルソース、淡いスモーキーさとピート香、おしろい系の麦芽香も感じられる。あまり香りは強くないが、ハイランド的なニュアンスを主体に感じるアロマ。

味:まろやかでスムーズ、じわじわとほろ苦くビターな口当たり。キャラメルナッツ、微かにオレンジピール。甘みとピート由来のフレーバーが染み込むように広がる。 
余韻はモルティで淡くスモーキー。粥やおしろい、麦芽風味主体でまったりと長く続く。 

ジョニーにしては穏やかなブレンド。内陸系のモルティーさを主体に程よい熟成感があり、モルト比率が高いとも感じる。
個人的にこの構成はストレートで飲むと些か物足りないが、ホヨーなど柔らかいタイプのシガーとは案外相性がいい。 
夏場より秋口以降に飲みたい1本。


1990年代に流通していたと思われる、ジョニーウォーカーのいちブランド。日本ではプルミエともプレミアとも呼ばれています。
正直このボトルは流通先含めて謎が多く、はっきりとした詳細はわからないのですが、WEBに散らばる画像やオークション等の履歴を追う限り、アジア向けらしいボトルがいくつかあること、90年代以降の流通ながらバーコードがないことを踏まえると、免税店含めて海外輸出向けのブランドとして作られたものと予想します。
(1991年に限定生産されたという話もありましたが、確証が得られなかったので保留です。)

中身の特徴としては、
「比較的長期熟成原酒が使われている」
「既に閉鎖しているディアジオ傘下の蒸留所の原酒が使われている」
とする情報が、Master of Maltなどの海外ショップを中心に見られます。
飲んでみると、閉鎖蒸留所はともかく、口当たりのスムーズさやモルティーさから、カリラやラガヴーリンなどのアイラモルトではなく、ハイランドタイプの内陸系の長期熟成原酒が使われているという点は感じることができます。

加水や経年を加味すると、熟成年数は平均20年程度といったところでしょうか。ノンエイジですが、極端に若い原酒が使われているということはなさそうです。
その上で、使われているとされる閉鎖蒸留所(1990年代時点)の原酒が何かを予想すると・・・、ブローラやポートエレンというピーティーなキャラクターではなく、また90年代に閉鎖されたローズバンクなども除外され。このマイルドな麦系の風味は、マイナーですがコールバーンやミルバーンが思い浮かびました。

あとはあるとすればグレネスクや、ハイランドではないですが、比較的麦芽風味が残っていたセントマグデランの70年代原酒なら、加水でこういうマイルドなタイプに仕上がってもおかしくないかなと感じます。
これが正しいなら、なんとマニアックな組み合わせ(笑)。自分の知ってる某愛好家が好みそうなレシピでもあります。
個人的にはもうちょっとピーティーさが欲しいのですが。。。