カテゴリ:

山和酒造 わしが國 
大吟醸 雫搾り 斗瓶取り
使用米:山田錦100%(精米歩合40%)
製造年月:H30.6
720ml 16%

綺麗で繊細な香り立ち。和梨やメロンを思わせる吟醸香には嫌味が無く、口当たりも柔らかくマイルド。程よい酸があり、すっきりとした余韻へと繋がる。
何も無いがあるというか、日本酒という特徴はありながら実に自然に飲めてしまう嫌味のなさで、杯を重ねても負担に感じない。
ウイスキーに例えるなら、まるでバランタイン30年のような・・・。


ウイスキー仲間主催、日本酒会のお土産品。宮城県は山和酒造店の地元向け銘柄「わしが國」、そのコンクール向け本気仕込みの1本なのだとか。

例によって記事にする上で調べてみると、確かに世界最大の日本酒品評会SAKE COMPETITION 2018で金賞を受賞されたとか、吟醸部門で8位だったとか、全体の出品数が1700本以上だった中でそれだけ上位に選ばれるお酒というのですから、このバランスの良さと丁寧な仕上がりが蔵元の目指す方向性にして、本気ということなのだと思います。

実際、販売店などで山和酒造の酒は何口でも飲めることや、食中酒としてもPRが散見されます。
またこの暑い真夏日、熱帯夜であっても冷酒でスイスイ飲めてしまう口当たりの良さ。それでいて、単に酒の味がしない水のようなアルコールってワケでもないのもポイントで、上品な吟醸香と適度な米の旨味が日本酒であることを感じさせてくれます。
こういう透明感というか、整った味わいはウイスキーで例えるならバランタイン。それも現行品の30年のイメージが頭に浮かびました。勿論味が似ているというわけではなく、あれも上品な華やかさで透明感があって・・・そして負担の無い味わいが同じ方向性であり、プロの仕事を感じさせてくれるのです。


そんなわけで、今回は勿論食中酒として楽しませて貰います。オードブルと刺身、どれとも合うまさに万能系の日本酒ですね!