カテゴリ:
TALISKER
Aged 25 years
Bottled 2017
700ml 45.8%

グラス:オープンナップスピリッツ アンビアント
場所:BAR ハリーズ高岡
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:焦げた木材のスモーキーさとほのかに塩素、梅やドライアプリコットを思わせる甘酸っぱいアロマ、奥にはエステリーな要素もある。まとまりがある香り立ち。

味:口当たりはマイルドで、焚き木を思わせるピートの苦味、杏やママレードジャムを塗ったトーストの甘酸っぱさ。魚介系のアクセント、焦げたようなオークフレーバーも。余韻はピーティードライ。ほろ苦く長く続く。

タリスカーらしい酸味を伴うピーティーさ、熟成感があるマイルドで柔らかい香味を感じさせるが、逆に穏やかすぎるというかボディが軽くなってしまった印象。ただしオフィシャルのハイエンドとしては納得できるバランスである。


毎年ロット違いでリリースされているタリスカー25年。最近飲んでなかったというか、あまり見かけてなかったのですが、最新のロットに遭遇したので久々に注文してみました。

以前タリスカー25年はスペシャルリリースとしてカスクストレングスで50%後半仕様、香味の傾向としては濃縮した魚介系のニュアンスとパワフルでスモーキーな個性を持つボトルだったところ。
それが2013年ごろのロット(2012年ボトリング)から加水仕様になり、同じ度数で飲むとしてもカスクストレングスから加水で調整することで瞬間的にブーストされるような香味の開きと一体感がなくなってしまった事は寂しくあります。
まあこれはこれでバランスが良いとも感じ、ちゃっかりハイボールで飲んだりもしていたのですが。


そして久々に飲んだ最新ロットのキャラクターは、ブレることなくオフィシャル10年や18年の延長線上。樽構成はプレーンオーク系統を主体に、リチャーのニュアンスも多少混じっているように感じます。
しかし熟成された香味が以前に比べ穏やかすぎるというか、パンチが弱いというか。良く言えばバランスが良いオフィシャルらしい作りから、若干の物足りなさは否めないというのが率直な感想でした。

価格は高騰気味ですが、周囲の同じ熟成年数の島系スコッチモルトに比べたら、先日発表された改定後の価格で税込3万円しない正規価格は良心的と言って良いように見えてしまうのが。。。現状が当たり前と認識し始めた証拠である一方、無い袖は触れないので手は出せない。こういうボトルを家飲みでグイグイ飲めたら幸せなんですけどね。