カテゴリ:
IMG_8065
WILD TURKEY
12 Years old
1980-1990's
750ml 50.5%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR Perch 萌木の村
時期:開封直後
評価:★★★★★★★(7)

香り:濃厚なウッディネス、パンチのあるスパイシーさからスワリングで芳醇な甘みと艶やかさ。色の濃い蜂蜜、キャラメリゼ、ドライベリーとチェリー、微かにハーブ。熟成した葉巻のようなニュアンスも。

味:リッチでマイルドな口当たり。カラメルと赤い果実の甘酸っぱさ、そしビターで濃厚なウッディネスへと繋がる。余韻はウッディでパワフル。焦がしたオークの苦味、スパイシーな刺激を伴い長く続く。

しっかりと濃厚、マイルドな口当たりに熟成と経年を感じる一方、余韻はスパイシーで苦味、タンニンが強いが、時間経過で赤い果実の甘酸っぱさやシロップのような艶のある甘みも開いてくる。少量加水で香りの開きも良い。オールドターキーのお手本のよう。

IMG_8066

通称フライングターキーと呼ばれる時代のワイルドターキー。並行品でしょうか、背面ラベルはスコッチウイスキーではあまり馴染みのない貿易業者名で、"着色料カラメル"の表記に時代を感じます。

飛翔の二つ名の由来は説明するまでもなく、ラベルの七面鳥が空を飛んでいるため。"フライングターキー"は80年代のリリース開始から、90年代初頭にラベルチェンジして計2種類のラベルでリリースされていますが、今回の90年代初頭ボトルは一面ピカピカの配色から、ゴールドラベルと呼ばれることもあります。 
(コメントでご指摘いただくまで勘違いしていたのですが、12年はターキーが着色されているラベルと平行してリリースされ、厳密にはゴールドの方が後出しのようです。調べてみると確かにそれを裏付ける情報が多くありました。)

個人の趣向もありますが、この時代のそれは正直あまり趣味が良いとはいえないデザインです。なんせ外箱も含めて全てゴールド一辺倒なのですから・・・。海外のレビューサイトでは"Cheesy"と表現されているのも納得してしまいます。 
ただ、その中身は決してCheesy(悪趣味、安っぽい)なんてことはなく、オールドバーボンのお手本とも言うべき濃厚でパンチの効いた味わい。余韻に残る焦げたような樽のニュアンスが逆にらしさとして感じられ、その芳醇さに思わずフルボディなシガーを銜えたくなります。

ワイルドターキー12年は日本向けボトルというわけではないようですが、現地ではあまりヒットしなかったのか、アメリカ向けボトル(0番バーコード)でありながら、海外サイトにあまり情報がありません。現在もその流れを汲む13年が日本市場向けという位置付けですし、当時大きな市場を持つ自国以外にモノが流れたのではないかと推測しています。
その物量もあって一時期は比較的安価・・・(といっても1万円強ですが)で購入出来たこともあり、BAR飲みでお世話になることも多かった銘柄ですが、近年はオールドターキーのハイプルーフが全般的に高騰気味で、悪趣味な七面鳥も随分と天高く舞い上がってしまいました。

この日、Bar Perchのカウンターでオススメバーボンとして船木村長からオススメ頂いたわけですが。酒屋巡りで在庫を見つけあるだけ買い付けたいう話、このバーボンが安定して在庫にあるのは今となっては羨ましい限りです。