カテゴリ:
IMG_8016
GLEN MHOR
Gordon & Macphail
Original Cask Strength
Distilled 1978
750ml 63.2%

グラス:木村硝子テイスティンググラス&リーデルワイングラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:自宅@借り物ボトル
評価:★★★★★★(6)

香り:ツンとしてハイトーン、強い刺激に加えてハッカやハーブを思わせる爽やかさ、乾いた麦や干草、白木。微かに古酒っぽいシェリーのニュアンスが混じる。時間経過で麦感、燻したようなピート香が感じやすくなる。

味:スパイシーでコクのある口当たり。ほろ苦い麦芽風から、じわじわと甘酸っぱい熟成感はオレンジママレードやマドレーヌ。蜂蜜生姜を思わせる乾いたウッディネスを伴う。
余韻はハイトーンでヒリヒリとした強いアタックに焚き木の燃えかすのような微かなピートフレーバーが感じられ、長く続く。

熟成はおそらく12年程度で、樽はリフィルシェリーだろう。ボトリング後少なくとも20年は経過しているボトルだが、香味にはまだ強さがある。グラスに注いでから開くのも時間が必要で、大ぶりのグラスで一気に開かせるか、あるいは少量加水すると麦感やピート香が開き、バランスが良くなる。ポテンシャルは高い。


グレンモールは1983年に閉鎖されたインヴァネス3蒸留所の一つにして、ブレンデッド・マッキンレーの主要原酒。蒸留所は1972年にDCLがマッキンレー社から買収しており、今回のボトルはDCL傘下での仕込みということになります。

ボトラーズリリースにおける歴代のボトルを調べて見ると、70年代後半には60度を超える高度数のリリースが集中しているのですが、なにか方針転換があったのでしょうか。
加水版のオフィシャルボトルは品の良い甘さの麦芽風味と軽いスモーキーフレーバーで、滋味(地味)系路線ですが、こうして60%オーバーハイプルーフの原酒を飲むと、異なる印象も見えてくるのが面白いと感じます。 
それは度数故にハイトーンでスパイシー、そしてそこに含まれる繊細かつ強い香味に起因するもの。これを加水していくと、かつてリリースされていたオフィシャルボトルに近い素朴なニュアンスも感じられるようになります。

(1960年代流通のオフィシャルボトル、グレンモール6年。オールドらしい厚みのある麦芽風味とこなれたピートフレーバー。微かに金柑などの柑橘を伴う。ラベルデザインの通り素朴なモルトだが、何故か心惹かれる。)

グレンモールはGM以外からも比較的リリースされており、1978年に限っても10種類くらいはあるようです。
自分は1978グレンモールは3種類しか飲んだことがありませんが、今回のようにリフィルで樽感が淡く、レアモルトやイントレ系の強く突き抜ける味わいに仕上がっているものが中心・・・。
この手のボトルの強さがこなれ、麦感とピートを開かせるような変化が瓶内で起きてくると、個人的にとても好みなのですが、少なくとも開封後5年以上を見たほうが良いかなと感じます。

なお、今回のボトルはウイスキー仲間の通称・漆黒先生にお借りしました。
普段のやりとりの中で、ボトルのテイスティングコメントと、後ろ姿で銘柄を当てるクイズ的な流れがあり、当たったらサンプル送るよ!と言われていたのですが・・・当たってしまいました(笑)。
そして届いたサンプルが・・・サンプルっていうか開封済みボトル丸ごとだったという衝撃。男気溢れる景品に感謝!