カテゴリ:

JOHNNIE WALKER SWING
1960's
760ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:アポロニア
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソースのかかったプディング、洋菓子を思わせる甘みとスモーキーなアロマ。古酒感、奥には乾いた麦芽香、かりんとうを思わせる香ばしさも感じる。

味:マイルドでキャラメルを思わせる甘み、醤油飴、香ばしいモルティーさとじわじわとピートフレーバー。ほろ苦く染み込むようなフィニッシュが長く続く。

リッチな甘味が強いが、合わせてモルティーさとしっかりしたピートフレーバーも感じられる。ハイボールよりはストレート向き。シガーやパイプと合わせても面白い。


ジョニーウォーカーシリーズの上位グレード。生い立ち、バックストーリーについては今更説明の必要もないと思いますので割愛しますが、ゆらゆらとスイングする独特のボディは客船の中で振舞われることを前提に開発されており、そのデザインがある種のシンボルとなって、近年まで続いています。

(スイングはラベルは違えどボトルデザインは現行品まで変わらない。1960年代流通(左)、1970年代流通(右)、現行品(中央)。1970年代は甘みがさらに強く、わかりやすい味わい。現行品は内陸系のモルティーさでバランスが良い。)

オールドスイングの特徴はシェリー樽熟成による濃い甘みのある構成。1970年代流通が甘みとしては一番強く、60年代のコルクキャップ時代は甘みもあるものの、スモーキーさが強い。これは当時のカーデュー由来でしょうか、マイルドな味わいでありながら特徴的な内陸系のピーティーさがオールドラヴァーにたまらないですね。
これが1980年代後半になると甘みが控えめになり、島系のピーティーな味わいが強くなる。現行品は再び内陸系に。。。どの年代が好みかは、飲み比べるのが面白いと思います。


ちなみに個人的な話が自分は離島旅が好きなのですが、船に乗るとこのスイングをつい連想してしまいます。
その最たる例、26時間の船旅の末にたどり着く小笠原のBARで飲んだ現行品のスイングは、不思議な美味しさがあったのが懐かしい旅の記憶です。