カテゴリ:
SUNTORY WHISKY 
HIBIKI
DEEP HARMONY
2013's
700ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
場所:Y's Land IAN
時期:不明
評価:★★★★★★★(6-7)

香り:ウッディでリッチなアロマ。木苺、ベリーシロップ、甘栗やマロングラッセ、香木香。樽由来の様々な香りを束ねるしっとりとした甘みとほのかな渋み。

味:スムーズでふくよかな口当たり。ベリーシロップを思わせるややべたつくような甘み、メレンゲクッキー、複数の香木香が鼻腔に届くシルキーなウッディネス。フィニッシュはドライで苦味は少ないが、徐々に水分が奪われていく感覚がある。

響らしい華やかで多層的なウッディネスが感じられる中に、ワイン樽とシェリー樽由来のシロップやジャム的なベリー感、ほのかなタンニンも含めて深くリッチな香味がバランスよく合わさっている。サントリーの高いブレンド技術を感じさせる仕上がり。少量加水するとさらに香味が広がるが、加水しすぎやロックは腰砕け気味になりやすい印象も。


次の一杯は何を飲もうかと逡巡していたところ、バックバーの奥に姿が見えたディープハーモニー。今となっては懐かしいボトル、久々にテイスティングしてみました。

ディープハーモニーは、ウイスキーの消費量がハイボールブームで回復しつつある中で、次なる一手としてBARなどの飲食店における響ブランドのプレゼンス向上を目的に開発された商品。「より深く、濃厚な響」をコンセプトに、響17年の構成をベースとしつつ、シャトーラグランジュの赤ワイン樽で熟成させた白州1996、スパニッシュオークシェリー樽熟成の知多グレーン1988などを効かせ、さらにリッチな香味に仕上げたブレンデッドウイスキーです。

発表された当時は「ハイハイ最近流行りのワイン樽ね」、なんて甘くみていたのですが、飲んでみると結構美味しくて業務用酒販店を巡ってお買い上げ。4000本の限定品でしたが、当時は本格的なジャパニーズウイスキーブーム前で、多少出遅れても買えたんですよね。そしてそれを実家に帰った時のギフトに使ってしまったのですから、これが時代か(笑)。
改めて飲んでみると、コンセプトとなる濃厚さの中にも響のキャラクターを感じさせる香味とその熟成感。なんであの時もう2〜3本買っておかなかったかなぁという後悔の念が、響17年休売の報せもあって一層強くあります。

ちなみに、ワイン樽の響といえば9月に発売される予定の響ブレンダーズチョイスも、ワイン樽熟成の原酒が用いられているとされています。
流石にこのディープハーモニーのような濃厚さはないと思いますが、これまでのサントリーのワイン樽を用いたリリースにあるような、フルーティーさを備えるリリースを期待したいです。