カテゴリ:
IMG_7533
TEELING
Whisky Magazine Selection
Aged 12 years
Distilled 2005
Bottled 2017
Cask type Brandy #16596
700ml 58.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:ややドライで刺激的ではあるが、華やかでオーキー、洋梨や白葡萄を思わせる果実香。甘栗の加熱したでんぷん質の甘み、微かにハーブのアクセント。乾いたウッディネスが干草を連想させる。時間経過で後半の植物感とアイリッシュらしいシロップのような人工的な甘みも感じられる。

味:粘性と酸味を伴う口当たり、ハイプルーフらしい刺激もあるが、ねっとりとリッチなオークフレーバーがそれを包み込んでいる。シロップ漬けパイナップルや林檎、バニラ、香り同様の構成。奥にはかすかにケミカルなニュアンスも。
余韻はオーキーで華やか、ほろ苦いウッディネスが舌の上に張り付くように長く続く。

ストレートではアイリッシュらしさはあまり無く、香味はオークフレーバー主体。ねっとりとしたコクと淡い酸味が、元々入っていたものに由来しているのだろうか。少量加水すると樽感が伸びて、バランスのとれた飲み口に。ハイボールにするとほのかな酸味と品の良いオークフレーバー、冷たい飲み口からアイリッシュらしいフルーティーさが解けるように感じられて美味。 

IMG_7536

ウイスキーマガジン向けにボトリングされた、ティーリングシリーズのひとつ。シェリー、バーボン、ポートとブランデー含めて4種類リリースされた中、おそらく最もノーマークだったカスクが、この1本ではないかと思います。(実際まだネット酒販で売れ残ってますし。)

ティーリングはアイルランドのボトラーズメーカーとして創業。2015年からダブリンで蒸留も開始していますが、それ以前の原酒は主要蒸留所からの買い付け。今回の中身はブッシュミルズでしょうか。
ブランデー的な要素は飲み口にコクや粘性を感じる程度で、カラメルや色濃い樽感ではなく。むしろバニラや洋梨、パイナップルを思わせるオークフレーバーが主体の構成。一般にその系統の香味を感じやすいバーボン樽熟成のウイスキーよりも充実していると感じます。

表記はブランデー樽ですから、材質はフレンチオークのリムーザンオークでしょうか。。。この辺は経験不足で断定出来ませんが、12年熟成という期間に対し、強めに出た樽感は、木目の荒いリムーザンオークのならこういう仕上がりもあるのかもしれません。
まあ、ブラインドで飲んだらアイリッシュはギリギリわかっても、このブランデーカスクを当てる自信はありませんが。(汗)

今回のリリース、ウイスキー仲間のシガーマスターO氏や静岡在住のS氏が推されていて、どんなもんかと思ってましたが予想外かつ期待以上の仕上がりでした。オーキーなフルーティーさが一般受けしやすく、価格的にもこの構成で1万円弱ならコスパ良好と言えます。
強いて言えば、強く出た樽感に対して酒質の成長に乖離があり、これが若干仕上がりの荒さに繋がっているところ。同じ系統の樽でさらに熟成に時間をかけた、46%加水20年熟成とか飲んでみたいですね。