カテゴリ:
CAOLILA
Distillers Edition 
Distilled 2006
Bottled 2017
Moscatel Cask Finish
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後数日程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ピーティーでドライな香り立ち、焦げたようにほろ苦く、乾いた麦芽、微かな塩素を思わせるアクセントとほのかにレモンのような柑橘香。

味:マイルドな口当たりから淡いヨード、燻した麦芽や牧草、ほろ苦い風味とコクが染み込むよう。ほのかにレモンキャンディを思わせる酸味もある。
余韻はクリアでピーティー、燃えかすの灰のようなスモーキーさを伴い、長く続く。

シェリーシェリーした樽感はないが、カリラらしいクリアさが余韻にありつつ、後熟による程よい樽感がボディのコクに繋がって、バランス良く楽しめる1本。


ここまで1ヶ月間細々とレビューしてきたMHDのニューリリース、ディスティラーズエディション(DE)2017ラインナップ。そのトリを飾る1本は、個人的に今年のDEを象徴するような樽使いと感じた、甘口のシェリー酒であるモスカテルシェリーのシーズニングカスクでカリラを後熟させた1本です。

カリラはオフィシャル12年が一昨年くらいから出来がいいと話題になり、実際5000円程度という価格帯の中では、優良なリリースであると言えます。
それこそスペシャルリリースのアンピーテッドが非常にわかりやすいわけですが、クリアな酒質を活かすリフィル系の樽構成にピートフレーバーが溶け込む。オールドのそれと比べると麦感や塩気は軽くなりましたが、現行のスタイルとしては方向がはっきりとしているリリースと言えます。


他方、DEはブレ幅が強いというか、カリラのクリアでスモーキーなキャラクターに対し、モスカテルが強すぎるとなんだかわからなくなる、実はバランスが難しい組み合わせなのではないかと感じているところ。
ただ今年のDEは、全般的にシーズニングで用いられたワインの影響がライト寄りになったというか、その香味がアクセント寄りとなったものが多く、物足りなさを感じつつもそれが逆にまとまりの良さに繋がった印象もあります。

中にはタリスカーのように使われたワインではなく、樽材そのものの香味が強く出たものもありましたが、カリラは上記のようにアクセント程度に留まったワイン感がバランスの良さにつながっている。適度な熟成感と合わせてオフィシャル12年と違いはありながら、しかし破綻せず枠の中にある。そんなリリースだと思います。