カテゴリ:
HIBIKI
SUNTORY WHISKY
17 years old
2017-2018's
700ml 43%

グラス:サントリー響テイスティンググラス
場所:BAR飲み
時期:直近開封
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライな香り立ち。乾いたオーク、バニラ、干し草のようなニュアンスに加え、ドライアプリコット、干し柿、淡い香木感。微かに青みがかった要素もある多彩なアロマ。

味:まろやかだがややドライな口当たり。蜂蜜や杏のジャムを思わせる粘性のある甘み、乾いた木材、微かに青みがかったオーク、焼き芋の皮。
余韻は焦げたようなウッディさ、ほろ苦くドライなフィニッシュ。

バランスの良いブレンデッド。アメリカンホワイトオーク主体と思わせる構成に、奥から開いてくる淡い香木感が"らしさ"に繋がっている。
ややドライな口当たりだが、少量加水するとまろやかさに加え、香味の一体感が増す。


日本が世界に誇るブレンデッドウイスキーブランド響。多彩で複雑な香味、しっかりとしたボディ、滑らかで長い余韻。1989年の誕生から改良を重ね確立した、ブレンデッドスコッチのそれと異なるキャラクター。
香味の上で日本らしさ、サントリーらしさを備えたブレンデッドウイスキーの到達点と言える構成なのですが、ここ最近はちょっと様子が違うようです。

聞けば、一時期に比べて味が変わっているという話。まあこのウイスキーブームで原酒不足に拍車がかかり、出荷規制がかかっているくらいですから、構成原酒の傾向も変えざるを得ないわなぁと。
それを確認すべく、白州や山崎18年の最近のロットをテイスティングしたついでに、響の最近のロットも飲んできました。

まず、純粋に現在の響17年単体としての味わいですが、依然として安定した美味しさがあるのは事実。多少樽感が乱暴というか、テイスティングでも触れたようにアメリカンホワイトオーク由来の香味が強く、フレーバー同士の繋がりがギスギスしているようにも感じますが、少量加水での変化し、幾多の原酒が織りなす香味の多彩さは健在です。
ただ、かつての響17年に比べると、原酒の割合に変化が生じていることも間違いなく。熟成した原酒によるクリーミーな口当たり、シェリー樽由来と思しき甘みや、ミズナラの香木系の厚みがそれぞれ軽くなっているように感じました。
確かに以前と違うと言うのも頷けます。

最近のロットでの山崎、白州、そして響の近い熟成年数のテイスティングをそれぞれ行ってみて思うことは、山崎は樽で、白州は熟成した原酒の総量で、どちらかと言えば山崎が特に苦労している印象を受けます。
そうなると、同一の原酒が使われている訳ではないとは言え、シングルモルトの構成原酒が変更(あるいは仕上がりの変化)を余儀なくされている以上、ブレンデッドである響も同様の影響を受けても不自然ではありません。

しかしながら、原酒が苦しいとされる今、これだけのウイスキーを安定して量産するサントリーのブレンド技術は流石というほかはなく、精一杯の仕事はされているのだと理解しています。
9月には新しい響であるブレンダーズチョイスがリリースされる予定ですが、その技と経験を活かして安定した品質のブレンデッドを作って欲しいと思います。